キラキラ日記

 
.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         .   

穂高・なごみ野

カレンダー

2018年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

白い花

ERNST

荻原碌山美術館

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Kazukoさん
種が発見されたのは昭和26年、でも開花するまで、どの位かかったんだろう? 
2000年生き抜いた種は、硬い皮で覆われていて、発芽させるには、種を削らないとだめらしい。。
私は、太古の人も同じものを見ていた、ということに魅力を感じる。。
投稿者:Koさん
大賀ハスの写真よく撮れてるね。
このハスは、開花させるに至ったまでの過程に魅力を感じます。
この花を見ると、大賀博士の執念が伝わってきますね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ