キラキラ日記

 
.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         .   

穂高・なごみ野

カレンダー

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

白い花

ERNST

荻原碌山美術館

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:aya
kazukoさん、こんにちは!
記事とは関係なくてごめんなさいね、サントリーの
プレオーダーの結果はいかがでしたか?
個人的な話題になりますので、アドレス入れておき
ました。 入力したのはフェイクです。0098の
0をひとつ取って098が正解です。
投稿者:Kazuko
とうとう、楽譜、買ったのねー。 不可能ということはないから、、頑張ろうね。 これを仕上げるまでは死ねない!と思えば長生きするかも。 笑) 私だって、あれもこれもと楽譜ばかり買って、うーん、そうねー、150歳くらいまで生きないとダメだわー。 あはは、、)

ayaさん、こんばんはー。
投稿者:aya
本文中に名前を入れて下さってありがとうございま
す。
今まで私が行った演奏会で、西本さんと共演された
方の中で、CDを聴いてみたい、ソロの演奏会に行っ
てみたいと思ったのは梯さんが初めてでしたよ。
本を探しているのですが、見つけられずにいま
す。。。(ヘンなところでプライド?が高く、店員
に尋ねるのが嫌いな私、笑)
投稿者:Kazuko
お母さまがね、偉いと思うのよ。 教育委員会に掛け合うにしても、普通だったら諦めてしまうところを、信念をもって訴え続けた。 そして、それを、ただ要求しただけではなく行動した。 教材作りのこと、いつか紹介するわね!

うささん、こんばんは。
投稿者:Kazuko
朝から出かけていたので、お返事が遅くなってしまいました。
幼少の頃の体験は、とても大切ですよね。 何でも受け取ってしまいます。 そんな時に出会った人、体験は、その子の一生を左右するかもしれない。 学校の先生も、音楽の先生も、幼年期だからこそ、最高の人材が当たって欲しい・・と、今日、ピアノの先生と話してきた所です。 色々な人がいること、みんなが助け合って生活すること。 幼年期に、是非、体験させたいことですよね。

SONOKOさん、こんばんは。
投稿者:⌒(*^ー^*)⌒
 kakkou(*^ー^*)さん \⌒(^∇^*)⌒/こんばんは~~~☆

 彼は大変な努力と苦労をされた方だと思います…。

 大変の中から 見えない目でも 素敵を感じたり見えたりするのだと思います…。

 五体満足。。。なのにそれを使おうとしない人も居て どちらが不具合なのか解らない…。

 人の幸せは 思うとおりにならなくても 精一杯生きることなんだよね〜〜〜♪
投稿者:SONOKO
世の中には不自由な人はたくさんいます。と、いうか完璧な人は殆どいないと思っています。性格の不自由、不健康な考えしか持たない不自由は外側から見えないだけ。でもどんな人もいて成り立つのが世の中ということですよね。目の不自由な人もいる、手も足もそれに少し考えるのに時間がかかる人も、そういういろいろな人と自分とのかかわりを知ることはとても大切だと思うの。ですから幼稚園でも小学校でもそれを理由に受け入れないのはむしろどの子どもの為にもならない。それに不自由を持った子はどこかにその分の才がプラスされる、目が不自由なら耳が素晴らしいとかゆっくりしかものを考えられない子がすご〜く優しかったりとかネ。そう思うと一見普通が特権ではない。カミサマが才能を授けてしまったからゴメン!目の不自由は許してねと仰っているのではないかしら。どんな風に育てればこういう人の成長があるのかととても気になる人がいます。この方のご本もそういうことがわかりそうな気がしますので探してみましょう。紹介してくださってありがとう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ