キラキラ日記

 
.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         .   

穂高・なごみ野

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

白い花

ERNST

荻原碌山美術館

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:                    Kazukoさん
はぁ、タイトルね、どうしようか考えあぐねて、、笑)
ここは大きなバラ園で、いろいろな研究もされているようですよ。 高校の生物クラブの息子の先輩も、ここに就職したっていっていました。
ayaさんもご存知でしたね、ここのこと。 いつか仰っていました。

KAZUさん、こんばんは。
投稿者:                    Kazukoさん
はい。 ここはバラ園の他に、バラに因んだおみやげ、レストラン、バラのソフトクリームもあったよ。 ポプリとか、香水などもあるんじゃないかな。 だけど、カメラを向けるのが精一杯で、(バラ園、全部まわれなかったし)お土産店に入る時間的余裕がなかった。 ソフトにも心が動いたけど、寒かったので、ココア飲んで帰ってきちゃったよ。

うささん、こんばんは。
投稿者:                    Kazukoさん
そうですね、バラは黙っているだけ、、だけど、じっと見ていると、何か話しかけているような気もしますよね。 そして、香にも惹きつけられる。
絵も写真も、その被写体に惹かれて、愛しく思うものがあるから、描いたり撮ったりできるような気がします。 そしてね、カメラを向けることで、通り過ぎただけでは気がつかないことにも気を留められるの。 時間ばかりかかっちゃうけれど、、

くるみさん、こんばんは。
投稿者:KAZUさん
バラシリーズ、きれいですね。
ヨーロッパではバラの歴史は古いのですが、20世紀には改良しつくされた感があって、僕の学生時代には花卉園芸でバラを手がける人は余りいませんでした。それがまた遺伝子操作技術が進んで復活してますね。

昨日のタイトル見て「シルバーシート」っていうバラがあるのかいなと思ってしまいました。
投稿者:⌒(*^ー^*)⌒さん
 kakkou(*^ー^*)さん こんばんは〜〜〜☆
 薔薇の花シリ-ズで 毎日癒されている⌒(*^ー^*)⌒です…。
 はっと目を引く薔薇が 見てって言っているようですね…。
 バラ園では 薔薇の香水とかも お土産に買えるのかなぁ?
投稿者:くるみさん
胸にしみこむような色。。そんな感じ。。
kakkouさん、写真うまい〜♪ ^0^
撮影する人の心も入ってしまう写真。。
美しい花も音楽も絵も、なにか共通するものを感じます。
人は心にこんな美しい花をさかせることができるのかな。。
人って、自然の一部だけど、、どんな存在なんだろう、、なんて、またわけのわからないこと考えちゃいます。。#・−・#
投稿者:                    Kazukoさん
ホント、きれいな新種を作って名前をつける人って、二重の楽しみがありますよね。 世界初の「青いバラ」もあったけど、色が薄かったなー、、
新しい星を見つけるために、毎日、望遠鏡を覗いている天文家、昆虫や魚の新種を探して論文書いたり名前をつけている人、そして新しい花や強い作物を作る園芸家。 世の中には、こういう楽しみや仕事もあるのねー。
SONOKOさんのお名前も、色とりどりのお花を咲かせて見守る、素敵な苑のお名前よね。 ^^

SONOKOさん、おはようございます。
投稿者:SONOKOさん
花の名前をつける人は楽しいだろうな〜と思うバラ園ですね。名前をつけるには新種を作らなくちゃいけない、それは無理か〜ハハハ。バラで好きなのはイングリッシュローズの開く前の丸い蕾。去年の春まで谷津バラ園はイングリッシュローズを正面から10時の方角にまとめて咲かせていたのに今年はないのでビックリ!係りの方に尋ねましたがさあ??と首をひねられちゃって残念!つるバラのピンクもハラッと散るところが好き。うらら、いい名前ですね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ