キラキラ日記

 
.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         .   

穂高・なごみ野

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

白い花

ERNST

荻原碌山美術館

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:kakuさん
こんばんわ、、kakkouさん、
自由は、
最後は、自分の内なる声に従う自由だと思います。
そのためには、自分を全面的に受け入れなければならないし、肯定する心持ちが必要ではないでしょうか。

自分を肯定する生き方、簡単そうで難しいね。
逢いたいのに逢えない、進みたいのに進めない、簡単に出来ないその不自由さは、優しさ 思いやり その他色々なしがらみから生まれるのもしれないし、それを優先する生き方を尊敬します。
それで、こころが和らげ、安らかな気持ちを得られるなら、自由ではないのかな。
それぞれの人が持つ大事なこと、そして優先順位。

自由・・、僕は俗人です。

http://blog.goo.ne.jp/kakuchan122/
投稿者:hatsuminaさん
確かに最近は遅くまで起きてます。だから精神的に重くなってるのかもしれないわ。今日は早く寝るようにしまーす!

私はテレビを見ないので、ニューオリンズの人たちがどのように文句を言っているのか、想像しかできないのですが、「○○して欲しい」という要求をしない限り、アメリカでは(日本以外かな)、受け入れたと取られてもしゃあないのです。そして、彼らのように声に出してアピールせざるを得ない立場という人達も多い。影で圧力をかけて(政府や権力者、マスコミを)動かせたり、自分の金でコントロールしたりできる種類の人は「文句」も言わなくていいわけです。
教育は大切だけど、ネイティブアメリカンやアイヌなどが受けさされた「同化教育」なんてのは、上から見下してコントロールするための教育だったと思うし、何をするにしても、相手の状況や違いをきちんと受け止めないと、本当の教育にはならないだろうなあ。アメリカみたいにいろいろいると、とても難しいけど。今まで押さえられ続けてきた彼らが、文句を言うのは当たり前かもしれん。要は、人によって、文句の「言い方、アピールの仕方」が違うってことかな。コメント数が足りなくなるので、中途半端だけど、この辺でストップします。
投稿者:                    Kazukoさん
最近、また寝るのが遅くない? 体調不良になりやすい季節ですよ。 お気をつけ下さいね。 ^^

世の中には、本当に、食べるのがやっとの人達もいてね、その人達に言わせれば「何を勝手なことを、、」となるんだろうけれど、、
オランダの海面より低い地域の人々は、長い間努力して、風車を使って水をくみ上げているんだって。 ニューオーリンズの人達は、「○○をしてくれない、、」と文句ばかり、、それは仕方ないとして、アメリカ政府は、もっと南部の黒人の教育レベルを上げる必要があるように思った。 大変なんだろうけれどね。 キング牧師は偉大だね!

hatsuminaさん、こんばんは。
投稿者:                    Kazukoさん
そうよねー、昔は、掃除にしても洗濯にしても時間かかったよね。
今の主婦は? その分、外に出て働いたりPCしたり、、
時間を上手く使えば好きなことが出来るけど、身体を使って働く昔の主婦の方が、健康的にはよかったかもしれないね。
若い頃の運動不足がたたって、ちょっと身体不調な私なのであります。

うささん、こんばんは。
投稿者:hatsuminaさん
小学生の頃「大きくなったら何になりたい?」という作文で「普通の主婦」と書きました。
私にとっての夢だったんですよ。
夫がいて子供がいてという図ではなくて、ただ漠然と「自分が主婦業をしている」という一人だけの絵にあこがれてた。今考えると、誰にも煩わされたくないと思ってたのかも(社会的に)。
本物の「自由」というのは「自己責任」がセットのようについてくるものだと思います。
個人個人で定義は違うだろうけど、「自由」イコール「幸せ」だとも思わないな。
最近、「自由」に押しつぶされそうになってるからかもね、フフフ。
「自由」っていうのは、生活もしくは精神にある程度余裕がないと考えられない贅沢なものかもしれん。
生きるのにせいいっぱいの状況では、普通は考えられるものじゃない。ま、そういう時って「自由」だけじゃなくて、何についても「考える」ということはほとんど出来ないけど・・・。「怒り」を基本にした感情(「悲しみ」「苦しみ」に繋がる)だけだと思うな。ほんの一部の人が、それを乗り越えた後に何かを得るのだろうけど。
投稿者:⌒(*^ー^*)⌒さん
 kakkou(*^ー^*)さん おはようございます…。
うんうん…☆ 夢は大きい方が良いけれど 何でもプロとしてばかりでなく 家庭を守りながらも自分の小さな時間を楽しめると良いのだけれどね…。
 お母様の時代には 今と違う便利さの少ない生活だと⌒(*^―^*)⌒。。oO思うので 自由な時間は少なかっただろうな…。
 毎日P*Cのさわれる 今の環境だけでも幸せだよ!
投稿者:                    Kazukoさん
Toruさんの生活って、、最高ですよ!! 爽やかな森と空、街、、 
素晴らしいお仕事、人をひきつけ、出会いを大切にされるお人柄、、
そして何より、美味しいものと、素敵な奥様、適度な時間、、 ^^

もちろん、それを手にされる為には、お母さまの努力、Toruさんご自身の精進、努力もあったと思うのですけれどね。

本当の自由って、言い方悪いかもしれないけれど、ある程度の教養というか、生活レベル、意識レベルを創らないと、なかなかうまくまわらないような気がします。 南アメリカの黒人の町。 まだまだ本当の解放はできていないような気がして、、

撮影散歩なんていいですねー。 気候もいいのでしょ。 山形辺りで展覧会開かれますか? 伺いますよ。 楽しみです!

Toruさん、こんばんは。
投稿者:ToruよりKazukoさん
自由、にしてるっていうのはのんべんだらりと毎日好きなことをできることじゃあない。嫌いな事をするよりはいいけど。
一番大事なことは本当にやりたいこと、やるべき事を見つけられる能力、運。そして見つけてからそれを切磋琢磨して究められる能力。勉強が続けられる、練習できることこそが大事な才能だと思います。
僕なんか今やってることが本当にやりたいことなのか?と、もともとあまり悩まない正確ですが思うことはあります。
いろいろいい意味でごまかしながら楽しく生きてゆくのが人生なのかなー?
あと大事に思うのは一期一会の気持ちですね。なんかまとまりませんが、。
この喫茶店の写真よいですねー。実は100台近くアンティークカメラを持っているのに最近はデジカメばかり、今週末からいつものメンバーで(K嬢もお父上の古いNIKONで参加)ベルリン写真撮影散歩を始める予定です。Blogには使えませんが。
投稿者:                    Kazukoさん
「誰かのせいにしているうちは何も手に出来ない、、」本当です。
はやくそれに気がつかないと、、世界には難しいことがいっぱいです。
「誰をも傷つけず、また己をも、、」もっと難しいかな、、
くるみさん、昨日の満月見えたのね。 こちらは、ずっと寒い雨です。

くるみさん、こんばんは。
投稿者:くるみさん
こんばんわ。^^
自由って、むつかしいですね。
だれも、心のまま生きてゆきたいけど、
誰をも傷つけたくはない。。
誰かのせいにしているうちは、たぶんなにも手にできないのでしょうね。。
その人、それぞれ、ほしいものは違うから、
それが人の素敵なところだって想います。
みんな、違うことを認め合えば、
争いも世界からすこし、消えるかもしれないですね。。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ