キラキラ日記

 
.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         .   

穂高・なごみ野

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

過去ログ

アクセス

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

白い花

ERNST

荻原碌山美術館

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:jさんへ     さん
実は、これ、走っている車の中から撮ったの。 日が落ちる前に稚内まで行きたかったので、止まって撮る時間がなかった。 そういうのが、一人なら自由なんだけど。。 この2,3分前の写真が、夕日の位置としては一番だったかな。 ぶれちゃった。 これから、3枚ほどアップします。 本当に、1秒違うだけで、すごい変化。 信じられないくらいです。 サロベツ原野の向こう側は、日本海。。
投稿者:Hatsuminaさんへ     さん
「音」はね、実際に耳から入る音だけではなくて、脳(心)で感じる音もある。と思うのよ。 それは、ひょっとしたら、今までの潜在的な音なのかもしれないけど。 だから、ベートーヴェンは、耳が聴こえなくても、作曲が出来たの。 澄んだ空気、緑の風、せせらぎの中に入れば、Hatsuminaさんの音が聴こえるような気がする。 それが、透明な目で見、透明な耳で聴くことに通じると思うけど。。
投稿者:jさん
希望を感じる、力強い夕日ですね。すごい。
投稿者:Hatsuminaさん
Kazukoさんはいつも音と一緒なんだね。
私は耳の調子が悪くなってからは、音が金属音になって突き刺さるので、静けさの中にいるようにしています。早く色んな「神様の息」を聴きたいな。
今は悪魔の叫びを聞いてるからね〜。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ