他人  

本当はひとつのテーマに絞りたいのですが、
タイミング悪く有名な方の訃報も重なり、
ちょっと視点を変えて書きます。

これまで知人が3人自殺で亡くなっています。

それぞれ周囲から伝えられる理由はあるのですが、
僕はどうしてもそれで納得できなくて、
それからというもの楽しい事があると、
同時にその裏の悲しい事を考えるようになりました。

例えば人と会って楽しいのに、
これでお別れかも知れないとか。
素直に喜べないもので。

そんな僕の弟。唱は生きたくて、
それでも生きれなかったけど、
だからと言って自殺をする人間に否定的にもなれません。


「生きていればいい事ある」
なんて言葉は暴力ですし、
「死にたい奴は死なせればいい」
これもやはり暴力です。


これからも答えを探すのだと思います。
百人一首でも死をテーマにした歌がありますし、
落語に出て来る登場人物は、
江戸っ子でも、関西人でも、
理由などなく、悩んでいる人を放っておけない性格です。

理由などいらない。
どうせ他人だから嫌われてもいいのです。
仲間や友人だったら尚更です。
ただそれだって暴力になる時もある。


だから僕は人に距離を持つ時には、
最後は自分の連絡で終わるようにしていたりします。
人は離れてゆくものですし、人は死んでゆくものです。
でもその人にとって僕は何かでありたい。
人に暴力的になるのは簡単な事で、
優しくなるのはとても難しい事だと思います。
僕は今まで優しくしてくれた人に、
学んだ生き方をしたいだけです。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ