東京の話 後編  

長くなりますが、

僕は信仰が余りありません。

野球やサッカーのスポーツの神様や、
音楽の巨匠、
神業を使う職人さん等は実在しますが、
所謂全能の神様はまだまだ疑問があります。

教会や神社やお地蔵さんにお参りもしますが、
内容は自分のことではなく、
お地蔵さんに関しては、
殆どのお地蔵さんは理由があってそこにあるので、
その事実にお参りしているという感じです。

そんな僕が東京の帰りのバス
ある僧と隣同士になりました。
名古屋市内のお寺の住職で
新潟で僧としての仕事を終える間際、
東北大地震が起り、
予定より半月遅れで仙台、東京経由で、
名古屋へ帰るところとの事でした。

名古屋までの6時間。
被災地の話、僧の話、
僕がギターケースを持っていたため、
音楽の話から、人の話。
色々な話をしました。

ひとつ。
このところ、このブログにも関わることで、
この頃の僕は色々な事が重なり、
地震の事もそうですが、
感情の振れ幅がとても大きく、
とてもたくさんの言葉が走っていて、
その出口をいつも探して、
こうしてブログを書いたり、
友人の結婚式で歌ったりと、
そうした行動に現れはじめています。

後編ですがつづく
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ