鳥のうた  

ショウジョウスタイルの始めの方で、
鳥のうたという曲があります。

ナショナルジオグラフィック(National Geographic)という月刊誌で、
ある鳥の話がありました。

南国で見つかったアホウドリのヒナの死骸を解剖したところ、
ビニールやら100円ライターやら、
多くのゴミが胃袋から出てきたそうです。

僕はその写真を見て人間の愚かさを通り過ぎて、
胸いっぱいにこの世を去ったヒナと、
与え続けた母鳥の愛情を考えました。

たとえそれが間違っていたとしても、
受け取る側が愛を感じればそれは立派に愛情なのだと思います。

ただアホウドリって名前には愛が感じられませんね。


英語では「albatross(アルバトロス)」

1 鳥類アホウドリ(信天翁).

2 (悪事・失敗などの)いましめ;障害,妨げ

an albatross about [round] one's neck
常に人に付きまとう過去の罪科の烙印(らくいん);達成が特に困難なもの,重荷(▼Coleridgeの詩より).

3 繊維アルバトロス:薄手の毛織物.

4 ゴルフアルバトロス:parより3打少ない打数.

 ダブルイーグル (Double eagle) という言い方の方が一般的。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ