- Interview - ザ・対談!

横乗り界のレジェンドから今最も注目のサーファー・ボーダー・業界人などをフューチャーし、BELLS独自の視点で対談いたします!

 

bells web site


愛知県小牧市にある
SURF&SNOW
プロショップ!!

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ヒヨコサーファー
はじめまして。
伊良湖近辺でサーフィンをしている者です。
皆さんの色々なコメントを読ませていただきまして、まだキャリアが浅い自分にとりましては、大変勉強になりました。

自分は、少し変わっているのか、サーフィンというものを通じて、生きていく事について、よく考えさせられます。
波の危げな状況に、自信が無いのに向かって行くと、必ずと言うほど怪我をしたり、ヒヤリとする目に遭ったりしました。
逆に、どうにも調子が良いというか、自分の気分が良い時にサーフィンをすると、その日帰る車の中でも、何とも言えない気分の良さが続いている、という経験も、何度もさせていただいております。

仕事や生活においても、実は同じなのではないだろうか?と感じています。
「これはマズイだろう」と思ってしてしまう行為は、やはり実は、マズイことなのだと思います。そして、そのマズイ行為をしてしまった報いは、必ず自らに返ってくる、というのは、危険な状況に海に入って怪我をしてしまう、ということと同じことだと思うのです。
逆に、「うん、自分は良い事をした」と、心底思える仕事や行為が出来た時は、それは相手にとってもやはり良い事で、そのお返しが「ありがとう」という言葉であったり、「あなたと出会えて良かった」という気持ちであったりする、そんな気がしてなりません。

お金は大切ですし、現代を生きていく為には、必要不可欠なものだと思います。

ですが、自分をあざむいて、人をあざむいてまで手に入れたお金は、居心地が悪いために、自分でも気が付かない内に、底からドンドンこぼれ落ちていってしまうものです。

私は、波を取り合うのがあまり好きではないですので、自分の波が来るのを待っている時間が、きっと他の方より長いと思います。ですから、波待ちをしている間に、よくそんな事を考えたりしています。

サーフィンは、たとえ波が小さくても、あるいは少し大きめでも、風が悪くても良くても、自分にとっては楽しみの1つであります。
サーフボードを提供するお店の方には、そんな楽しみを持っている自分達を、正しく導いて欲しいと、欲張りですが、そう願ってやみません。

若輩者がこのような事を申し上げるのは失礼かとは思いましたが、思わずコメントをさせて頂きましたこと、どうかお許しください。
投稿者:mune
お疲れ様です。本物のmuneです。笑 毎日必ずBLOG楽しみに拝見させてもらってます。
今回のヌーサについてのコメント・・・
初心者が買った、とか勧められたとか・・・
理解に苦しみます。老舗SHOPのレジェンドに対して敬意を払ってほしいものです。

そして中村公園のニワトリはかなり飛びますね。
今度ゆっくりローカル話ししたいです。笑
最近近所の居酒屋のマスターが吉川さんの友達でした。又近いうち遊びに行きます。。。
それでわ週末ミラクルビーチでお願い致します。


 
投稿者:フェイト・サーフ ○○
僕はロングボードを持って、このエリアのロング向きの波が立つ三つのポイントに、よく出かけます。
そこで、よくお逢いするのが吉川さんです。
必ず何処かに見えます。
僕達は、ベルズさんの客ではありませんが、いつも「あはよう」と、言葉をかけてくれます。
僕は、吉川さんはおっかないけど好感を持っています。
ボードを販売しているお店は、沢山ありますがオーナーさんで他の方は、ほとんど見ません。
そこの波に乗らずボードを販売して良いのか疑問に思います。
波が立てば顔を出すのがサーフショップのオーナーではないでしょうか?
その吉川さんが初心者にヌーサを売ったと思えません。ヌーサを買ったというさもしい初心者を探してみたいと思います。
最近、僕の行くショップのオーナーもロングを始めました。
投稿者:LONGBOARDER
ロングボードを始めて10年以上たちますが、今まで沢山のボードを乗るきっかけがあり当然ヌーサ、ヌーサ2も乗ったことがあります。
実際乗ってみた感想は非常にテイクオフが早くレールが入ればものすごい速さでフェイスを駆け抜けていくボードだと思いました。その反面ボードコントロールは難しく、ボードの取り回しも難しいことに築きました。初心者には適度の重さや、長さ、幅、厚さは必要だと思いますが、重すぎるボードは好くないと思います。個人差はあると思いますがお店のスタッフに相談して的確なアドバイスを頂き自分のレベルに合ったボード選びが大切だと思います。
どんなボードが自分に合っているかわ難しいと思いますが、好いボードに巡り会えればSURFING LIFEが
もっと楽しくなると思います。
投稿者:那須
僕がヌーサを乗り出したのが今から約7年前

当時なんちゃってノーズも出来るようになり、更なるステップアップを目指して乗り出したのが始まりです。

実際乗ってみるとテイクオフも速く驚くほどの安定感!!

テイクオフからのステップがとても安定しており、ノーズにいても沈まない!はっきりいって感動ものでした。

しかし安定感がすごいとゆう事は裏を返せばそれだけコントロールが難しいとゆう事です。

実際当時僕も満足にコントロール出来ていなかった記憶があり、変なコケかたをして頭に当たり病院につれてかれた事もあります。

つまり簡単に立てるよ、パドルが楽だよ、と初心者さんに勧める板では絶対に無いとゆう事です。皆さん想像してみて下さい、免許とりたてのドライバーが大型トラックにのってるのを。まともに運転出来ないですよね、下手すれば大事故に繋がります、それと同じ事なのです。それは吉川さんをはじめ、ベルズスタッフ一同全員理解しております。

当時のコンテストシーンを考えてフィニッシュの当て込みが非常に難しいと思い、僕は今は手放してしまいましたが、横に滑れるようになりステップアップを目指したいと思われるならとてもいい板だと思います。

詳しく聞いてみたい、ノーズに行きたいけど行けないとゆう方は海で僕をみかけたらどんどんお声をお掛けください。

ベルズのユーザーさんは元より、そうでない方でも出来る限りプロとして皆さんのステップアップのお手伝いが出来ればいいなと思っております。
投稿者:yoshi
匿名さんへ
初心者の時、ヌーサをお買上いただいたそうですが、過去9年(ヌーサが発表されてから)、当店では、店置きでヌーサをお買い上げ頂いた方は、4名だけです。
実名は伏せますが、その方々の氏名・住所も把握しております。
また、店置きのヌーサは1本しか置いておらず、カスタム・オーダーをして頂く時の見本として置いてあり、その在庫が無い場合は、私の持っているヌーサでご説明させていただいております。
現在までに、ヌーサのオーダーを頂いた方は、全部で18名。その方々のオーダー・サイズ、およびデータ等は全てこちらで保管しておりますし、また、一緒に波乗りもさせていただいております。
(従いまして、顔・氏名が分かります)
なぜなら、いつかケビンを○海ポイントに呼んで、この方々に連絡し、一緒にヌーサを楽しみたいと考えているからです。
もしあなた様が、購入されたと言うのであれば、お会いして代金をお返しさせて頂きたいと思いますので、ぜひご連絡をください。
初心者の方に勧めるボードは、他にご用意があります。
ヌーサは、約29万円するボードです。初めての方には勧めませんし、また、初めての方も購入は難しいのでないでしょうか?
当店では、誠に申し訳ありませんが、初心者の方にヌーサは販売いたしておりません。
                         yoshi

http://www.bells-classic.com
投稿者:yoshi
伊藤さんへ
あなたが初心者の時、ヌーサを進められたとコメントを頂きましたが、あなたが本当に初心者であったならば、私共では勧めた記憶がございません。
私は、このエリアでは、最もケビン・コネリーと時間を共にした1人です。
一緒に寝泊りもし、私の自宅にも遊びに来て、ロングの話で大いに盛り上がりました。
また、ヌーサのコンセプトも、ケビンから直接色々と聞かされました。
また、このボードを購入したから、すぐにファイブやハング・テンが出来るかと言えば、出来ません。
ただし、パフォーマーやオールラウンドよりも、ノーズを目的としているため、ウォーキングの際に、足元を安定させ、ウォーキングしやすくしてくれる事は事実です。
なぜ、カスタム・オーダーを目的としているかと言えば、まず、その方の体重が重要となってくるからです。
例えば、私の体重(83kg)では、体重÷1/5=約17kgが適したボードの重さになります。
17kgのボードは、体重60kgの人には重すぎるボードとなり、コントロールが非常に難しくなります。
ちなみに、60kgの方なら、適した重さは10〜12kgとなります。
それから、ヌーサは波を選びます。
伊藤さん、初心者の時にヌーサを勧められたとおっしゃられますが、私から今一度詳しくご説明させて頂きたいと思いますので、ぜひ一度ご来店くださいませ。
P.S.
宜しければ、対談:ケビン・コネリーをぜひお読みください。

http://www.bells-classic.com
投稿者:yoshi
kyoさんへ
言葉が足りず、申し訳ありません。
軽い板、重い板には、それぞれ長所・短所があります。
重い板が悪いわけではありませんし、あなたが言うように、確かに人それぞれです。
重い物は、水面に対して沈み込んで走ろうとします。また、ある速度に達すれば、安定もするし、左右のバランスもブレにくくなります。
例えば、水は1ℓに対して1kgです。
もし、そのボードが10kgの重さであれば、小さいヒザ波の時はそれほど押し出されませんが、腰〜になれば、約30kg位の重さがインサイドに向かって進みます。
この重さを、初めてすぐの人が、腕力・もしくは脚力でコントロールできるだろうか?ということです。
kyoさんもご存知の通り、インサイド側にはショートボーダーがいます。
最初の頃は、ほとんどまっすぐです。
私は、ショートの連中とも話しますが、「危ない」「なんとかしてくれぇ〜」と言われます。「ロングは、早く立てるから」は間違いです。
kyoさんに文字で全てを伝えることは無理なので、一度ぜひ、お店に遊びに来てください。
ご指摘、ありがとうございました。
                        yoshi

http://www.bells-classic.com
投稿者:hiroyuki
サーフィン始めて間もない人がヌーサを使うのはとても危険だと思います。重い板は使うポイントや使い手のレベルによっては大きな武器になると思うのですが、初心者が使うと凶器に変わる可能性があると思います。浮力があるためテイクオフ出来るんではなく、板にテイクオフさせられてコントーロール出来ず接触事故を起こしてしまう確率が上がるんではないでしょうか。最近某ポイントでヌーサらしき板をインサイドでショートと混じってサーフしているのを見かけるんですがマナーとしても良くないしものすごく危険だと思います。
ヌーサだけではなくサーフボードを扱う上でレベル、体重と板とのバランスはもとよりルール、マナーを守れる人格も必要というのを吉川さんに教えてもらいました。
話は変わって吉川さんと那須プロの師弟関係は羨ましい!!僕も色々お世話になってますが、まだまだお世話になりますんでメシ食わせて下さい!
投稿者:匿名
私も初心者の時Bellsさんでヌーサを買いました。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ