2006/7/21

危ない雨風  

黙想の敷地の境界線上を走る壁面の松の木が今回の雨と風で倒木となり、宝塚市の道路保全課によって危ない倒木を取り除いて通行の安全を確保しました。
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ