2006/4/4

水曜日  管区長通信

3.兄弟の共同体

ローマ 12:9−13
愛に偽りがあってはなりません。悪を憎み、善から離れず、兄弟愛をもって互いを愛し、尊敬をもって互いに相手を優れた者と思いなさい。怠らず励み、霊に燃えて、主に仕えなさい。希望をもって喜び、苦難を耐え忍び、たゆまず祈りなさい。聖なる者たちの貧しさを自分のものとして助け、旅人をもてなすように努めなさい。

黙想:神と世界に加えて、もう一人の相手は、日常のレベルで生活を共にして、個人的にも、共同体でもよく知っているわたしたちの兄弟です。・・・誰に対しても尊敬の態度を示すべきですが、特に変化の結果不安と関心を体験している長老たちに対してです。配慮(ケア)と関心が与えられるべきです。組織変革は、・・・相互愛の精神、何にもまして病気の兄弟に対しての愛徳を生きることになるというドアを開けるひとつの可能性なのです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ