2004/11/29

ローマ本部への道  管区長通信

主の平和
 こんにちわ! なかなかインターネットに近づけないので、記事をアップできません。
関空を9時半に出発して夕方8時半ごろパリに到着(現地時間1時半)、それから一時間以上遅れてローマに飛びました。パリでは日本からの茨木の高校の修学旅行生が団体で乗ってきたので席は満席、隣に京都産業大学の学生が一緒でした。関空からローマまで同じ便は3名、ローマのレオナルド・ダ・ビンチ空港に到着したものの、迎へがなく、インフォメーションで、本部までの道順を聞く。地下鉄の駅を教えてもらい、ドルをユーロに替えたが、これは歴史的に高い値段、142円ぐらいだったでしょう・・・4万円で250ユーロ、電話のカードを30ユーロ支払ったが、電話しても通話できず、列車に乗ってローマ市内へ、列車は5ユーロ、地下鉄に乗り換えて1ユーロ、すべて6ユーロでした。空港ではタクシーの運ちゃんが、140ユーロでローマまで安くしておきますと勧誘されたが乗らなくてよかった。でも雨が激しかったので、誘惑に負けそうでしたが、手元にあるお金は220ユーロ・・・考えるまでもなく、列車を選びました。
地下鉄の駅は、Chiro Missimo というベンハーの競技場の近くで、コロシオはすぐ近く、しかし地下鉄の上り口から本部までの道のりが分からないで駅員に聞くと、観光案内の電話につないでくれて、英語の説明ですぐに分かりました。マザーテレサの会がホームレスを90名くらい養っているグレゴリオ聖堂の建物の横を登っていく・・・、丁度雨が上がってくれたので助かりました。石畳の坂道で重い荷物を転がしながらなのでとても疲れました。もうすでに日本を発って23時間たっています。岡の上にある本部修道院までてくてく歩きましたが、なんと惨めな気持ちなのでしょう。。。到着すると、すでに8時半で、夕食は終わりつつありました。明日来ると思っていたなどと皆が申し訳なさそうに弁解してくれた。 わたしも日にちをもっと正確に書かなかったからと謝って、食事にありつきました。元総長のホセが親切に肉の料理を探してくれて
持ってきてくれてようやく食事も終わりました。ここは100名くらいの修道者が一同に食べているので、あっというまにおかずはなくなるのです。。。。こうしてローマの一日目は過ぎました。.
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ