タワー猫 (+観劇ライフ)

里親になった猫達と飼い主の日々の暮らしぶりを不定期にアップしています。

 
                             タワーマンション猫になった ジロコ & チャトラーズ と リゾートクラブの写真を中心に紹介して参ります

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タワマンキャッツママ
NHKで昨夜「だったん」も放送していましたね。やはりおもしろかった。

年末には南座の顔見世、お正月から演舞場、松竹座、国立も中継するし、家でのんびり歌舞伎が見られて幸せです。」

ル・テアトル銀座で琴、三味線、胡弓?を演奏する玉三郎さんの阿古屋はぜひ見たくなりました。以前から話題でしたね。チケットがなさそうですが。
投稿者:タワマンキャッツママ
追伸です。

今回の演目の舞台は四天王寺/天王寺と東大寺、ともに関西の大寺院です。大阪府内の地名もたくさん出てきて、それぞれ役名になっていて、関西人にはそこがとっても面白い。

菊之助の色っぽさはふだん以上、なまめかしいと言ったほうがいい感じで、こわいほどの迫力でしたね。
投稿者:タワマンキャッツママ
見てきました!
いやあ、面白かったですね。両方とも。
菊之助の玉出御前が臨終前に青ざめた顔になる前に時間がかかっているなあと思っていたら、黒子が青白いおしろいを塗っていたのですね。そのあとまた眼のふちが赤く、血の色になり、すさまじい変わりようでしたね。

元がお能の「弱法師」、説経の「しんとく丸」だそうですが、歌舞伎になるとおどろおどろしくなり、不条理さが増して、恐いけれど、話が奇妙すぎ。荒唐無稽もいいところですね。

「だったん」は日本舞踊とは思えず、バリダンスかタイの舞踊みたいでした。迫力があり、若手役者たちの真剣な表情も見ごたえありました。
投稿者:タワマンキャッツパパ
お久しぶりです。

惜しいい! 1日違いでしたね。

私も例の防振双眼鏡ではっきり見ました。
青白い いつもとは全く表情が違っていました。
気迫溢れる演技で 男が出たのかも!?(^-^)

松禄は発声もはっきりしており、動きも機敏ですね。 決して男前ではありませんが(^-^) 好きな役者です。

家内は明日観に行く予定です。
もう一度見たいぐらいです。
投稿者:銀次。
ご無沙汰しております。

わたしは土曜日の昼に観ました。

今まで一度もなかった経験ですが、何故か臨終前の菊之助の顔が男の人の顔に見えました。いつもきれいな女性の顔にしか見えないのに。なんででしょうね?

松禄は身体のキレがいいですね。
群舞でも、ひとりずば抜けて身体の動きがよかったと思いました。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ