タワー猫 (旅行と観劇と猫)

里親になった猫達と飼い主の日々の暮らしぶりを不定期にアップしています。

 
里親になった ジロコ & チャオウ & チャコ と 日々の旅行や趣味の写真を中心に紹介して参ります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タワマンキャッツママ
本命の佐渡オペラのキャンディードは西宮の千秋楽を見てきました!!西宮という土地柄もありますが、もう大興奮、大感激、大感動、今年一押しの舞台でした。

東京公演お見逃しなく!キャッツパパは8日に見に行きます。

感想はこちらに書き込みました(tomocatのハンドルネームにて)
http://ikuyo-okada.com/bbs/
メリー・ウィドウ、カルメンもそうでしたが、歌だけでなく踊って演技もできる歌役者でないと務まらない佐渡オペラ合唱団のインスペクターを務めておられる、京都のオペラ歌手、ソプラノの岡田育世さんのHPです。

今日は兵庫から東京へキャスト・スタッフ大移動の日だそうです。
投稿者:タワマンキャッツママ
私も昨日見てきました。
新妻クネゴンデの歌がうますぎて、びっくり。期待以上の成長ぶりでした。井上君はいつも通りのうまさ。

佐渡・カーセン版の前の予習を兼ねての観劇でしたが、ストーリーがわかりやすくなっていて、市村ストーリーテラーの解説のおかげもあり、いままでつながらなかった話がやっと理解できました。

さてカーセン版はどうなっているでしょう。できるだけオペラチックならいいのだけれど。少なくとも歌唱はオペラ風でやってほしい。たとえセリフのためにマイク使用だとしても。

偶然、昨夜の帝劇はファン感謝デーで(土曜日に多いらしい)終演後のトークショーに井上、新妻、駒田の3人が出演。東宝はこういうサービスが多くて、楽しい。
投稿者:タワマンキャッツママ
チョコたん、

そうですよね、まさにハーレム、男性なら喜ぶべき。なのに、恐れてしまうおじさんでした。これでは宝塚も一生見に行けないでしょうね。

この夏はキャンディード当たり年です。もうひとつの佐渡オペラ、鬼才と呼ばれるロバート・カーセン演出のキャンディードももオーチャードへ来ますよ。(どうせ見るなら西宮のほうが、コスパ的にはお勧めですが)

キャンディード好きには見比べ聞き比べができるので、たまらない、待て、のできない心境です。キャンディード(つまりバーアンスタイン)ファン仲間はやはり両方のチケットをすでにゲットして待ちかまえています。
投稿者:チョコたん
ハーレムみたいで?確かにめったにできない体験(爆)

市村さんが出てる〜、観に行きたい!(笑)
待てができるでしょうか?(爆)
投稿者:タワマンキャッツママ
おじさんには滅多にできない、面白い体験ができて、よかったですね!

ファンクラブのノベルティーグッズまでもらって帰宅。ファンには垂涎ものでしょう。

私も歌も演技もうまい井上君のファンですが・・・

昨夜もNHKの「井上ひさし」特番の中で遺作となってしまった「組曲 虐殺」を放送していましたが、またまた見入ってしまいました。何度聞いても涙が出ます。作品もいいし、井上君はじめ役者がみな素晴らしかった。

同じ井上ひさし作、井上芳雄主演の「ロマンス」も再演を期待しています。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ