タワー猫 (旅行と観劇と猫)

里親になった猫達と飼い主の日々の暮らしぶりを不定期にアップしています。

 
里親になった ジロコ & チャオウ & チャコ と 日々の旅行や趣味の写真を中心に紹介して参ります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ACA
吹きっさらし、正に自然と一体化ですね。
富士山がドカーンと見えたら素敵ですね。

遊び感覚は大事ですね。あまり気が進まなくてもやってみると意外と面白いものですよね。

次回山中湖に行くときはしっかり予約して裸でうろうろして入ってきます。
投稿者:タワマンキャッツママ
ACAさん、

そうなんです。まさか山中から覗かれることはないと思いますが、恥ずかしいですね。ドキドキします。

この日、朝一番の7時に入浴しましたが、女性の方は数人会いました。男性はゼロだったから、撮影できたそうです。

 前日はこの目の前に富士山がドカーーンと見えたんですよ、とお風呂で会った方から、聞いたので、やはり女性露天風呂側からも絶景なんですね。寒くても冬場の富士山見たいので、我慢して入らなきゃ。でも血圧高い人はご用心?

自然と一体化、そのためには多少の不便は我慢すべし、安藤忠雄氏の設計コンセプトを思い出しました。(一般の個人住宅内でも傘をさして歩く外廊下を作ってましたね)

脱衣籠が30ケほど置いてあるそうです。たぶん人数制限があるでしょうが、つかるだけのお風呂なので、各人の滞在時間は短いでしょう。

とにかくユニークなお風呂ですから、遊び感覚を理解しないと腹立たしく思う人もいるでしょうね。

投稿者:ACA
広いような狭いような裸でうろうろするにはちょっと恥ずかしい。
全然人は写っていませんが(当たり前だけど)混んでいるときには何人ぐらいの設定になっているのでしょう。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ