タワー猫 (旅行と観劇と猫)

里親になった猫達と飼い主の日々の暮らしぶりを不定期にアップしています。

 
里親になった ジロコ & チャオウ & チャコ と 日々の旅行や趣味の写真を中心に紹介して参ります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タワマンキャッツマザー
さらに細かいことを言いますと、プールサイドの寝椅子の快適さは抜群でした。

枕代わりになるバスタオルの配し方、ストレッチタオル地(こんな表現あるのかな?)でカバーされた(たぶん頻繁に取り替える様子)クッションがちょうどよい加減の寝椅子です。

次回は(もう行く気でいますよ)スパ料金を払って、東京タワーを独り占め!の感激を味わえる夜景つきのホットバスにも入りたいな。

投稿者:つきにこ
TB○Cもお部屋からバスローブとスリッパでSPAまで行けました。そこは一緒ですね。

リッツさんの方がとっても広いように思いますし、これが宿泊費込みで何度でも利用できるなんて魅力的です。
バリアフリーに関しても今後は重要なポイントになってきますよね。
ますます体験しようという気満々になってきています。
投稿者:タワマンキャッツマザー
プールもきれいで、素敵ですが、さらに展望露天風呂みたいな(室内ですが、張り出しているので、眺望抜群)ジャグジーには感動しました。完全にバリアフリーで、手すりをもって階段を下りると、足が悪い人でも自然に胸までつかれます。しかも端には浴槽内にベンチがあり、腰掛けられます。

こういう浴槽をなぜ、ホテルの温泉施設に作ってくれないのか、どこへ行っても不満に思っていましたが、初めて理想のバスタブに出会いました。春山氏が設計アドバイスしたんだろうかと思うほどですが、むろんハンディキャップト用ではなく、水着を着てプールで泳ぐ元気な人用ですね。でもこれから浴槽をを設計する際には、ここを見て欲しいです。

見かけばかりのかっこよさを求めて、段差ばかりの浴槽がやたら多すぎます、とくにxivさんには。元気でも高齢者にはきついですよ。いつになったら気づくのでしょうか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ