タワー猫 (旅行と観劇と猫)

里親になった猫達と飼い主の日々の暮らしぶりを不定期にアップしています。

 
里親になった ジロコ & チャオウ & チャコ と 日々の旅行や趣味の写真を中心に紹介して参ります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タワマンキャッツマザー
 その通りでしょう。

 新猫さんのほうは最初から、一生懸命泳ぎ始めるのかもしれません。なのに迎える側が待ちくたびれて、岸を離れたら、新猫はどこにたどりつくべきか目標を見失って沈没しかねません。

 いつまでも待っているよ、とだけ言ってあげれば、安心してゆっくり泳いでくるでしょう。先住猫さえ心身不調にならなければ、急ぐ必要はありませんね。
投稿者:じゅんこ
そうか!川を少しずつ泳いでわたってきてくれる・・・なんですね。
うちもその気構えでゆっくりとマイペースでわたってきてくれるのを待つことにします♪
その子のペースを大切にして見守ってあげないと、ですね!
投稿者:タワマンキャッツマザー
人間にはその川を泳いで来る姿が見えなかったということは、ビーバーのようにもぐって泳いできたのでしょうか。半年かかってこちら側にたどりつき、ぽかっと顔を上げて、ようやく人間にも姿を見せてくれたのかもしれません。だんだん民話調にになってきました。/(°ё°)\
投稿者:タワマンキャッツマザー
 この劇的接近物語はキャッツパパの場合のみで、私にはまだ足にスリスリしてくれる程度です。それも特定の場所のみ、すなわちキャッツパパのパソコン前の椅子に座ったときだけなので、きっと相手が誰だかわかっていないのでしょう。

 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ