タワー猫 (旅行と観劇と猫)

里親になった猫達と飼い主の日々の暮らしぶりを不定期にアップしています。

 
里親になった ジロコ & チャオウ & チャコ と 日々の旅行や趣味の写真を中心に紹介して参ります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:タワマンキャッツマザー
じゅんこさま

 そういえば私たちは少々勘違いしていたかもしれません。ベンガルといえば、れっきとした純血種、それも繁殖させるほどの血統書つきの猫さんですね。

 うちの元野良ちゃんたちよりはずっと人間に慣れていることでしょうから、比較的早く慣れるのではないでしょうか。

 うちは猫同士の折り合いが悪く、夜鳴きがひどかったので、保護主さんへ返すべきかどうか、毎日毎日迷っていました。それがチャコにも伝わって、きっと本人も知らない家で不安な日々を送っていたのでしょう。可愛そうなことをしました。

 そんなときに第三者であるボランティアさん(実はチャオウの保護主さん)から大声で叱られたのです。「里親のほうがそんなあいまいな気持ちでいたんじゃ、里子はどれほど不安なことか。一生引き受けると宣言してやらないとだめなんだよ」と。

 ほんとうにそのとおりでした。あのことばがなかったら、お互いに悲しい気持ちのまま別れていたことでしょう。

 こういう経験を経て、また同じ経験をされたお仲間の話を聞くにつけ、必ず気持ちが通じ合える日が来るのだと自信をもって言えるようになりました。動物は人が考えていることをすべて読み取っているのですね。
投稿者:じゅんこ
タワマンキャッツパパ&ママさま

温かい励ましのお言葉と、アドバイスを本当にありがとうございました。
やはり初めはケージに入れてお互いに存在を確認、そして徐々に存在を認め合うプロセスが必要ですよね。
実は前の時に、私がケージに閉じ込めておくのが可愛そうな気がして、早い段階で部屋へ出してしまったのがいけなかったのでしょう。
先住の子がすっかり元気を無くして、引きこもり状態になってしまいました。
もらってきた子が子供の頃にキャリアになってしまっていたウイルスに感染してしまったこともあったのですが、本当に泣く泣くお返しすることになってしまったのでした。
パパさんもママさんもおっしゃっていたように、「あなたは一生私たちの大切な家族なんだから、ずっと一緒にいようね」と言うことを新入りネコに根気強く伝えていこうと思います。事実そうなるのですから。

少し人付き合いの苦手な子なのですが、必ずその子なりの在り方で私たち家族の一員になってくれると信じることにします。

お二人に相談して本当に良かったです。
私が不安でいると、きっと2ニャンともに不安がうつっていたかもしれません。

予定では来月2日に避妊した時の抜糸があるので、3,4日辺りにお迎えに行くことになると思います。

またよろしければご報告させていただきますね。

そして、何かの時に相談に乗っていただけるととても嬉しいです。
本当にありがとうございました。
投稿者:タワマンキャッツマザー
じゅんこさん

 このブログに隠れファンまでいてくださったとは!嬉しい限りです。普通のかわいい猫マンガとは違うブログですので、ごく身近な方しかご覧になったいないと思い、たまに辛いことも公表してきました。

 でも猫仲間共通の話題として、何かのお役に立てるなら、こんなに嬉しいことはありません。

 これから新猫さんがやってくるのなら、まずケージ飼いで、家と先住猫さんに慣らすのがいいそうです。先住猫も外から新入りを観察して、お互い顔なじみになると安心して受け入れるようです。

 ケージに入れるタイミングを逸したため、うちの場合は苦労しました。いずれにしろ元野良はときおり発作的に仲間を呼ぶような雄たけびをあげます。チャオウもいまだにそうです。ジロコだけが静かで穏やかなのですが。

 そこで夜こちらが寝られなくなるので、新猫と同じ部屋で寝て、なだめたりすかしたり、話しかけていました。一番大事なのはやはり「一生うちで暮らすんだからね」と何度も説明し、安心させることです。

 これらすべて、各地の猫救済活動ボランティアさんたちから教わったとおり実行しました。元野良は一生なつかないと断言される獣医さんもおられますが、楽しい実験だと思って気長に試していれば、遅かれ早かれ、なついてくれます。
 
投稿者:タワマンキャッツパパ
じゅんこさん

前から読んで頂いているとの事、嬉しいです。

チャオが亡くなって、里親になる初めての経験をしました。
最初はケージに入れたほうがいいと言うことは知らず、チャコは別の部屋で飼っていました。
ただ、ブログに書いています通り人間に全く懐かず、殆ど隠れており、たまに部屋から抜け出すと先住猫のジロコからシャーと威嚇されていました。

その後アドバイスをしてもらい チャコをケージ入れましたが、いったん外に出ていたためか、夜泣きがひどく とうとう3日目でギブアップしてしましました。

それからはブログの書いてある通り、約半年間 家庭内野良猫になってしまいました。
やはりまずはケージ飼いがいいのではないでしょか?

チャコを飼ってみて、月並みですが愛情を持って飼うと 必ず慣れるものだと実感しました。
猫を見るたびに『可愛いね。お前は今日から我が家の一員で どこにもやらないからね』との声掛けが大事な事も知りました。

今後もお役に立つなら何なりと聞いて下さい
投稿者:じゅんこ
タワマンキャッツパパ&ママさま
はじめまして。隠れファンでコメントも一度も書かせてもらうこともなく、チャオちゃんが健在の頃から愛読させていただいておりました。
こんな場をお借りして大変ぶしつけで申し訳ありません。
実はうちにも繁殖の用を終えたベンガルの子を引き取ることにしたのですが、先住ネコが1匹います。キャッツパパさんのお宅でも、やはりチャコちゃんを迎えた当初は、ケージか別部屋に新入りさんを入れてしばらく隔離?して慣らしていかれたのでしょうか?
以前一度養子縁組に失敗しているのでもしアドバイスなどいただけると嬉しいのですが・・・。
本当にいきなり不躾で申し訳ございません。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ