前回ブログの動画は諸事情により公開停止しました。

それに伴い、変身忍者だョ!全員集合のDVDも


販売中止


となりました。

ご了承ください。

0

ライブ前日にこんな楽して良いのか  高円寺ALONEに向けての製作ノート

明日は普通セット。

普通なのになんやかんや考えて2パターン

【Aセット】
SE:呪い〜妖怪退治(on怒りと牛乳)
1.破壊なくして創造なし
2.刈り込みマシーン
3.エルムの悪夢
4.ヒント
5.生きてこそ
6.まんが道

【Bセット】
SE:呪い〜妖怪退治(on怒りと牛乳)
1.ガスバーナー
2.刈り込みマシーン
3.エルムの悪夢
4.血はリングに咲く赤い花
5.ハラカラ
6.まんが道



どっちか。
0


既に野望blogには書きましたが…

3月1日のアローンのセットリスト。


SE:呪い〜妖怪退治(on怒りと牛乳)
1.破壊なくして創造なし
2.刈り込みマシーン
3.エルムの悪夢
4.ヒント
5.生きてこそ
6.まんが道



理由もそっちに書いた。

3月は1日13日27日

非常にバランスよく仕込まれてます。

全て来ても内容は被りません。
いつもの事ですが。


3月1日(日)
高円寺ALONE
http://k-alone.com/
19:30〜 1500円オーダー別
「ワンマンじゃないけどテーマは裏ワンマン!」
0


「佐藤豪の野望」を作ったにも関わらず、コッチもライブの準備ネタでスイマセン。

重複します。

仕事から帰って、SEに使う音源を編集してました。

4分半あります。

登場SEだけで4分半です。

どうなるのかは…まぁ、見てもらわないと。

去年…じゃないね、一昨年の「冬ざれ」という演目でも4分くらい使ったね。
1曲丸々。

その時は、入場の演技でしたが…今回はパターンがまた違います。

当たり前ですが。


良いや。

その後のストーリーがまだ完璧じゃないんでこの辺で切り上げます。
徹夜体勢突入。




いつも思うけど、ライブ終了後、つまり今回なら17日と18日のアクセスの方が多いんだよね。
行けなくて気にしてくれてるのならOKだけど…
行く気も無いのに俺のやる事はチェックだけするような族が…存在したら残念です。
とっとと自分の道を探してください。

ボクはキミ達には用は無いです。

用があるのは来ようとしてくれている人や遠くにいて来れない人、他は恩人だけです。

そこんとこ、ヨロシクどうぞ。
0


どうも毎日書けてませんね。

忙しくて。

昨日はまた敬々さんトコでバイト。
「また」とか書くの面倒なくらいに今後も予定が入ってるので、特別扱いで書かないことにしよう。
移動中の車の中では相撲の八百長問題から、前日のマッスル坂井トークショーから、そんな話を馬鹿馬鹿しくも真剣に語りつつ、仕事は真面目に進める。
帰りは三上寛がBGMだったり。
昨日に限らず大体、毎回こんな感じだ。

ステージであれだけの事やっている2人が仕事している。
去年、LEEさんの関係で資材搬入の仕事をした時、島林君が「佐藤さんが仕事している、可笑しい」とか言っていた。
ステージを先に観た人は、そう思うようだ。
俺も生活がありますからね。
ステージで食えてないですからね。

でもマンションの住人が仮に現場を見ても「清掃のオジサン2人」という認識しかないだろう。
空気みたいなモノだ。
ステージを先に観ている人が、この光景を見たら、さぞかし笑えるだろう。
「敬々VS佐藤豪:清掃現場で無制限一本勝負」なんだもの。
まぁグリーンボーイの俺の秒殺ですけど。
どっちがガチンコでどっちが八百長なんだか…
このグレーゾーン具合が良いですね。

赤塚不二夫の追悼本に造形作家の原稿があってウナギイヌについて書いていた。
その文章の中で「人間は視覚だけで捉えている訳ではない」という事を書いていた。
俺は勉強というモノが嫌いで、音楽も絵も勉強したことが無い。
美術的(というか心理学?)な部分で大変面白い事を書いていたので11・3のアローンに活用したい。

哲学の人の文も面白かった。
先の造形作家同様、自分の言葉に置き換えるのが難しい文体で、なかなか噛み砕いて書けないけど。
「新たなゲームの規則をいつの間にか共有した者どもを組織化するとき、ギャグ漫画の世界は成立する」
ヒントはこの辺り。

宗谷さんを題材にした時、ギャグ漫画にしようと思ったけど、振り返ってみれば、ギャグ漫画には成り切れないトコロがあった。
今回は出来るかどうか、終わってみない事にはなんとも。

11月3日(月・祝)
高円寺ALONE
http://k-alone.com/
19:30〜 1500円オーダー別
「妄想!炎の10番勝負」
“変身忍者”佐藤豪vs“ギャグ漫画の巨匠”赤塚不二夫

赤塚先生の対談集も買ってしまった。
それと、講談社版天才バカボンベストを合わせて参考文献としたい。

最初がアローンなんでノリがアローンっぽいけど、何処でもやれるような方程式なので、今後は12月の熊谷と1月予定の八王子で試してみる。

妄想の中なら誰とでも対決出来るので、既に2人ほどピックアップしている。
来年はコレをやりつつ、対戦型ライブの概要を固めつつ、他のアイディアも進めて行きたい。
0




AutoPage最新お知らせ