M−1グランプリ  お笑い・演劇

オレ的には「スーパーマラドーナ」かなー。

銀しゃりは1本目は納得だけど1本目は弱かったような。




いずれにしても

笑うとキラー細胞が出るらしいので。


笑って笑って暮らしてます。
3

スギちゃんだぜ〜  お笑い・演劇

R−1ぐらんぷり。

全然話題になってないから見逃すところだった。

見逃さなかったが最近お気に入りのスギちゃんが優勝を逃した。
多田、スギちゃんが同点で1人徳井に入れた木村が優勝決める1票託されるっておかしいだろ。
全員で決選投票だろ普通。
1人だけ違う投票だから同じ結果かもしれないけど、裏切りが出るかもしれないし、やはりやり直すべき。
時間が無いからの処置なのかも知れないが同点を想定してないのがおかしい。

でも雨上がりの司会のヘタクソ加減が分からない構成になってて番組自体はサクサクしてて観易かった。
0

ナイツ  お笑い・演劇

好きなだけ時間やるからベストパフォーマンスを見せろという番組でナイツが9分のネタを披露していた。
テレビじゃ簡単に見れないモノだね。
見応えあった。

ただ「伏線があるよー」って事前に煽らなくても良いじゃん。
バカかテレビ局は。
長いと視聴率取れないからなんだろうが視聴者馬鹿にしてる。
そんでそうしないとザッピングして見ない奴がやっぱり居るんだろうなっつーのが、な。

恐らく彼らはライブとかでは別々の漫才なんだけど何処かで繋がってるような演出をしているはずだ。
それが1話完結じゃない1話完結の、ひとつの例だ。
やり方は一杯あるけどね。
0

敗者復活  お笑い・演劇

Kouくんからプレゼントされたサンドウィッチマンの本「敗者復活」を読み終える。

全く難しくないので読みやすく、先週の水曜日に貰って木金の通勤時で殆んど読めた。
「木村政彦は〜」とは偉い違い。ま、それはそうか。

以前KouくんにサンドウィッチマンとフォークダンスDE成子坂の類似性を指摘されたがピンと来なかった。
その後、DVDを借りて観た時にようやくピンと来た。
コントにその影響がうかがえた。(実際影響されてるのかは不明だが)

生い立ちから2007年のM−1優勝までを書いた本で10年間の苦労が分かる。
でも下積み10年はザラだしねぇ。
プロレスも「10年やって1人前」みたいに言うし、やらないと見えてこないものがあると思う。
オレも10年ライブやってようやく見えたものもある。
一言で10年といっても月1で10年やるのと月10で10年やるのとも違うし毎回適当なステージで10年とその逆も違う。
「オレと同じにスンナよバカタレ」って思う人もいるからねぇ。


05年辺りからようやく気持ちを切り替えて笑いに取り組んだと言うサンドウィッチマン。
要は気の持ちようなのだ。
優勝はたまたまではない事がこの本から分かる。

元々好きなコンビなので応援して行こうと思う。
それにしても凄く真面目な2人だ。
1


祝日。

休み。

ダラダラしつつスケジューリングとにらみ合い。
よーやくまとまる。

あー
金がない。

なんとかせねば。


夜に見たキングオブコント。
相変わらずコンテストとか難しいジャンルに優劣付けるから賛否あるようだけど、こういうのないと面白くないしねぇ。

2700というコンビはリズムネタが得意で「このダンスをする〜」というネタが好きなのだが、2年前に決勝でてるのね、印象なし。
んで調子こいて東京来て結婚したまでは良かったが仕事が無くなって大変苦労したんだそうだ。

うむ。

ここはオレも結婚して子供作るくらいの苦労が必要なのか?

うむむっ
無理にする事は無いけどね。

バイトすりゃなんとか凌げると思ってるからウダツが上がらないのかも知れんのは…確かかも知れない。
0




AutoPage最新お知らせ