毒癌3終了  ライブ

昨日はライブでした。

金曜日に針を抜いて投与は終わったんだけど、今までの薬では気持ち悪さはさほどなくて3日も経てば割りと楽になっていたが、今回のは前も書いたが酷い。
土曜日も朝から気持ち悪くて夜勤帰りの奥さん曰く「黄疸か?」と思うくらい顔色が悪かったらしい。
貧血も時折ある。

しかし、お店に行ってリハーサルした後くらいからなんでもなくなって、終了してメイク落としたら「顔色も良い」と。
家帰ってから昼に作ったホタテご飯と豆腐の味噌汁も完食。
歌う事なのか、ライブに対する集中からなのか、良く分からないけど治っちまうのも不思議なもんだね。
三連休にしていたので今日は休み。
副作用の鼻水が凄いが他は大したことない。


昨日は店に向かう途中で人身事故があり、俺は早めに行ったので止まることもなかったが、その後遅れが出たみたいで、リハも17時くらいからワーッとやる感じで16時から来ていたので衣装とメイクを先に済ませた。
なのでハープ吹かなくていいやと思って止めたんだけど、本番でそのハープが合わなくてびびったんだが、どうやら新しく買ったチューナーが半音下げの設定になっていたようで。
どうりでちょっと歌い難かったハズだ。
そこで気づけよオレ。

ほか、ジャンベで参加して貰ったてっさんのバンド「ちゅうのげス」から一曲やってみようと試みたが歌詞がなかなか身体に入って来なくてボロボロ。

でも細かい事はもーノー問題なくらいイベントとしてはパッケージ力があったというか、最近よくいらしてるお客さんに「こんな楽しいイベントは初めてだ」と言われ、このコメントが全てを物語ってると思います。

ひとまず、ありがとうございました🙇

クリックすると元のサイズで表示します

<:1457" title="がん・腫瘍ランキングへ">
がん・腫瘍ランキングへ


大腸がんランキングへ


弾き語りランキングへ

4

リンダガレージ終了  ライブ

無事に終了しました。

日付も変わりましたが、取り急ぎ挨拶まで。

ご来場ありがとうございました。
多分一番呼べてないから偉そうな事は言えませんが超満員札止めの中、この客層で大丈夫かと思われましたが「大爆笑」頂きました。

相変わらず会場人気だけはあるという。
このパターンは久しぶりでしたが、やっぱ紙芝居も楽しいや。
座っても良いし誰かと絡んでもバンドでも歌もの中心でもウケ狙いでもやりたいようにやってやらぁ。

三橋さん誕生日おめでとうございました。

マスター林田さんは「クローズ」の登場人物リンダマンのモデルとなった方で、なんか話したいんだが「リアルリンダマン」だと思うと緊張してまた話せませんでした。
リンダマンは坊屋春道の最強ライバル。

そんな春道とのツーショット(前回も撮ったが)でお別れ。
ライブの内容は野望blogで。


クリックすると元のサイズで表示します

<:1457" title="がん・腫瘍ランキングへ">
がん・腫瘍ランキングへ


大腸がんランキングへ


弾き語りランキングへ
3

全員集合ライブ終了  ライブ

昨日はバンドでライブでした。
ソロとバンドでは使う脳ミソが違うようで、特に全員集合は何度も書いてますが弾き語りの延長ではないので余計に違うようです。
当日の昼には準備出来たのに、なにか、どこか、余裕がなく、頭にモヤがかかってました。
ソロだと納得のいくセットリストが出来るまでそういうモヤが脳ミソにかかるんですけど、なんだか分からないまま会場へ。
ギリギリで着いたのでバタバタとリハ開始。
普段はリハ前に口を閉じた状態で低く小さく「うー」「あー」と唸って喉を温めるんだけど、2番手のJackin'Boxさん達がもう来られて客席でジッと見ていたので「ナメられちゃ不味いな」とイキナリ全開で叫んだら(バンドだとなかなか自分の声が聴こえず、余計に)一気に喉を壊して天龍ボイスに。
経験上、かなりヤバいレベルで潰れたのでリハ終了後に外をぶらついて待機している奥さんに電話。
「のど飴買って欲しいんだけど」
「えー?なに?聞こえない」
「これ以上出せないんだよ❗」
なんとか通じたけどアメだけじゃ不安で、小道具として使うプリンも買ってなかったから外に出て薬局を探して喉スプレーも購入。
本番までスプレー、飴の繰り返し。
そんなトラブルでモヤモヤも何処かへ消えてました。

Jackin'Box、ホールデン コールフィールド、共にいい感じで俺も張り切ってやったけど後半はまた潰れてきて声が出る高めで、歌うというより語る(がなる?)感じになったのが残念だった。
アンコール出たらハラカラにしようかと思っていたけど出そうで出なかった。
出しきったかどうかは分からないけどオレの姿に「可哀想だからアンコールは止めよう」みたいな空気を感じました。
すみません、身体ではなく単なる喉を潰しただけでした(笑)
体力的にはまだやれた。

初参加の妖子さんが沢山呼び掛けて頂いてなんか凄い動員になりニギニギしかった。
妖子さんありがとう。
役目も果たしてくれた。

そのお客さんの中に牧師さんがいらしていて、なんだか牧師には見えないご陽気な方で(牧師が暗いとは言わないが、なんか真面目な雰囲気が。その牧師さんが不真面目かというと、また違うのだが。)、「あなた、牧師になれますよ。視点が他の人と違うから話だけで沢山人が集まる」とか言われたり、ちょっと来年面白い事が出来そうな話もしました。
なんか上手い流れを作りたい。

今までも散々色々仕掛けたり流れを作ったりして良いところまでは行くんですけどね、なかなかブレイクしませんな。

Kouくんが来ていたけど「たけしみたいな動きで面白かった」と褒められました。
天然で色々小ボケ連発してたんで。
「小文吾。さんのギターがモロにナゴムですね」と。
こぶ…いや、猪狩屋E介はメキメキとギターが上手くなり、フレーズのセンスもピカピカと磨きがかかる。
光るは上田のハゲ頭。
よねさんも他のバンドじゃやらない速い曲連発も対応していて、皆さんご苦労様でした。
来月は小田原だよ。

あっ
まだ書いてなかった。
今年も小田原城ミュージックストリートに出演します。
昼はソロ、夜は全員集合。
ぶっちぎりに目立って来ますよ。

それまでにライブ音源だな。

今日は仕事でした。
明日も。
明後日は抗がん剤投与。

まともな休みは土曜日までない。


食生活割愛。

「その他」
オリジナルのブレンド茶(日によって違うが、シジュウム茶、モリンガ茶、有機緑茶、びわの葉茶、ブレンド茶などを沸かして)

水溶性核酸ドリンク

サプリメント(カルシウム、ビフィズス、ファイトケミカル、DHA×EPA、マルチビタミン+ミネラル、)

<:1457" title="がん・腫瘍ランキングへ">
がん・腫瘍ランキングへ


大腸がんランキングへ


弾き語りランキングへ





5

憤りの北海道ナイト  ライブ

昨日はライブでした。

仕事中、脳内で曲のおさらい。
サクッと終わらせて一旦帰宅。
休みにしたら楽勝で準備していたが水曜日の投与休みに合わせて火曜日を休みに。
たまたま奥さん休みだったんで衣装と紙芝居の用意を頼んでいた。
なので飯を食い、少し横になる時間が出来た。
二人で出かけて20時前にお店に着いて準備。
メイクしていたら北海道ナイトで常連のハンペンブラザースさん到着。

半になっても3番手4番手の出演者が現れない。
ハンペンブラザースと今日のマスター黒田さんが話していた「仕事で遅れるみたい」というのはどっちを指していたのか。

その為か10分弱押して謎の外人客とオレら二人の中ハンペンブラザースから始まった。
ただでさえ遅いのに押すとは。
ハンペンブラザースの最後の曲の最後の最後の決めの所でサラリーマン3人が入ってきた。

あれま、出演者じゃないんかい。

次がオレでバタバタしていたから良く分からなかったが準備中か途中で外人客が去り、出演者も揃ったようだった。
北海道ナイトは3回目だがいつもコピー曲しかやらない人が出演していて、今日はいなかったんでいたらやり難い「立川いったい音楽まつり」をやった。
そしたら初めて会う3番手がまさにコピー曲しかやらないパターンの人だった(笑)
こういうタイプの人はなにを目的に活動しているか理解出来ない。
オリジナルなら其々の野心を持ってやっている訳で。
しかもオレの「立川〜」を弄った割には深く理解されてないようで、よく分からない説明しながら進めていた。
別にイベントの考え方に怒ってる訳でコピー曲やる人を嫌ってる訳ではないのに。だからこのタイプが居るときはやりたくない。

んで、

なんで遅れてきた非礼を詫びないの?

対バン形式のライブは最低でも開始時間までに来るのが礼儀じゃないかな。
対バンを見ても見なかったとしてもさ、会場にいるべき。

トリに至っては冒頭で「トリを務めさせて頂きます」だって。
そこは「遅れてすみません」だろ。
いい大人が。

スターは良いんだよ。なにしても。
ミックジャガーが何をしても動員あって金が動いて成立してるから。

お前はスターか?

ステージで言わなくても裏で一言あってもいいと思う。

トリのヤツは前回出たとき「楽屋で他のバンドのフライヤーを対バンがゴミにしていて、時間かけて作ったものだからせめて家に持ち帰るなりしてくれ」というような事を言っていたが、あれは嘘だったようだ。
オレは時間に来て衣装からメイクから時間かけて準備して、出番前に柔軟体操して(こいつはセッティング時にしてました)出番を迎えてるんだ。フライヤーに時間かけるのと同じさ。
せめて時間内に来いよ。

出来ないならワンマンライブでやってくれ。
昔はワンマンが普通だったんだし。
じゃなきゃライブ辞めるか仕事辞めるかどっちかにしてくれ。

北海道は好きだけど、ハンペンブラザースと切磋琢磨するなら良いけど、また似たような出演者なら出ないかな〜、出て闘うかな〜。
昨日「達観してる」とか書いてすみません。
達観してないみたい。


今日は休むぞ!

【我が食生活】
「朝」
コンビニおにぎり
「昼」
こんにゃくゼリー
「夜」
ミートソース
おにぎり
「夜中」
おにぎり
からあげ
卵焼き
野菜ジュース

「その他」
オリジナルのブレンド茶(日によって違うが、シジュウム茶、モリンガ茶、有機緑茶、びわの葉茶、ブレンド茶などを沸かして)

水溶性核酸ドリンク

サプリメント(カルシウム、ビフィズス、ファイトケミカル、DHA×EPA、マルチビタミン+ミネラル、)

<:1457" title="がん・腫瘍ランキングへ">
がん・腫瘍ランキングへ


大腸がんランキングへ


弾き語りランキングへ








5

金曜日を振り返る  ライブ

歌い始めて三年くらいの頃、ある人から「お前、ああいう風になるなよ」と言われた内容。
活動してると仲良くなる人が出来るが、数人で固まってライブに行ったり観に来て貰ったりしてると動員があるように見えるが実際はという話。
誰一人知り合いとか作れなかった頃だから「そんな手があったのか」と感心した。
今ってそれを発展したような、企画に出て貰ったり出して貰う戦略、戦略というか無意識にでも狙ってるというか、そういうのもあるんじゃないかと感じる。
其々の知り合いが来る訳だから輪がちょっと大きくなる。
でも大して変わらない。
一見沢山集まってるようでそうでもない。
今はプレイヤー人口が多いから演者だってお客さんだけど、そういうやり方はしたくないな。

都市伝説さんは名前が違う頃に一度共演。
しかもキャンセル枠で突然出演しててなんか存在感が凄くて、歌も人生のやるせなさを歌い良かったんで今回の温熱にはピッタリだったから呼ばせて頂いた。
聞き取れない部分もあったが熱量は一番伝わってきた。

鈴木知文さんは最初観たときはもっと硬い印象だった。
次に会った時に笑いの要素が入る曲が沢山あり変わった印象があった。
ご自身の企画サケサケサミットには何回か出させて貰っていたが、最後に会った時に当時俺も夜勤で(彼はコンビニの夜勤)夜勤の人だけ集めた企画やりたいな〜と話した記憶があるが、結局オレは夜勤止めちゃったし癌になるしでズルズルと時が流れ昨年の温熱療法にやはりピッタリだと思いオファーしたがスケジュールが合わず今回の参加となった。
ノッポさんの歌は最初お笑い要素が強い印象しかなかったがよく聴くと「できるかできないか、やるかやらないかだ」みたいにメッセージ性もあり俺も「やるかやらないか死ぬか死なないか」とかいう歌詞もあるから親近感があり今日の仕事中はノッポさんの曲が脳内でヘビロテでした。

高橋よしあきさんは色々なところで書いたが、荻窪ボクシングリーズカフェ以来で13年ぶりくらい。
2004年、豆腐屋を辞めて失業保険で暫く過ごそうとしながら歌える場所を探し回っていた。
住んでたのが荻窪だったから近いしとオープンマイクに参加した。
オープンマイクは今でこそ弾き語りの為の企画のように見えるが、店主の話だと彼がニューヨークに行った時に街角にマイクだけ置いてあるオープンマイクを見たらしく、そこには演説とか主張とか好き勝手に言う人がいてこれを日本に持ち込もうと始めたらしい。
確かに「飛び入りライブ」と銘打つ店はあったがオープンマイクという言葉は他になかった気がする。

アピアとブレイブバーって所しかやった事がなかったオレはまだ何も確立してない存在だった。
ただ遠藤ミチロウに憧れていて漫画家を断念してなんかやってみようと始めただけ。
アピアのダメ出しを良く思わない人が沢山いるが、オレはあれが当たり前だと思っていた。
漫画は漫画家と編集者で作り上げるのが主流だったが、好き勝手描きたいモノを描き、メジャーの漫画に飽きたマニアックな読者が読みたいモノを読み、細分化して衰弱した。
だから店側があれこれ言うのは当たり前だと。
アピアから始めてなんにも知らなかったというのもあるが。
勿論ムカつくが見返してやろうと試行錯誤した。

話を戻すがボクリーは何もかも新鮮で新しく見えた。
オープンマイク参加から「レギュラーになるか?」と言われ、「お前には面白い奴と当ててやろう」と日程を提示されたが他の店が決まっていた。
後で「誰と当てたかったんだろう?」とスケジュール調べたら高橋よしあきの名前があった。
その前によしあきさんのワンマンライブがドーンと書いてあり、いずれ会うだろうけどどんな人か知りたくてそのワンマンを観に行った。
凄い衝撃を受けた。
アルペジオもピッキングも指で弾くのに迫力があり、内容も泣いたり笑ったり感動したり、エンターテイメントを観た。
俺の事を「エンタメ系ですね」と言う人がいたが、じゃあアンタは何さ?
ミュージシャン?
じゃオレはミュージシャンじゃない訳?
人前に立つモノは全てエンターテイメントだと思っている。
アホみたいに硬派ぶりやがって。

よしあきさんのステージを観て何をしても良いんだなと自分なりに追及して行った。
その後何度も共演しては懸命に認めて貰えるよう努めた。
多分なんか色々やったと思う。
“変身忍者”はこの店から生まれた。

そんな人を従えてトリ出るのだから緊張するさね。
けどそういう緊張が欲しかった。
刺激が欲しかった。

自分の企画では椅子に座らずに一番後ろで見てるのだがこの日は意に反して動員がちょっと少なく、椅子に座っていた。
よしあきさんは当時から完成されてて、変わらなくて嬉しかった。
次が出番なのになかなか椅子から立てなかった。
目が放せなかった。


良い日でした。

【我が食生活】
「朝」
お茶漬け
「昼」
飲むゼリー
「夜」
麻婆茄子
ご飯

「その他」
オリジナルのブレンド茶(日によって違うが、シジュウム茶、モリンガ茶、有機緑茶、びわの葉茶、ブレンド茶などを沸かして)

水溶性核酸ドリンク

サプリメント(カルシウム、ビフィズス、ファイトケミカル、DHA×EPA、マルチビタミン+ミネラル、)

<:1457" title="がん・腫瘍ランキングへ">
がん・腫瘍ランキングへ


大腸がんランキングへ


弾き語りランキングへ


6




AutoPage最新お知らせ