ギャグは入れるべきか入れないべきか  日常

昨日は書くの忘れたままでした。

夜くらいから「書かなきゃ、書かなきゃ」って思いながら書くのが癖ですが、昨日、キンタマで終わらせたのもやたら終わらせるのに時間がかかるんですよ。
幻覚幻聴が出たりして、なんだか支離滅裂になったりして、困りました。

あとは昨日は奥さんと二人だけで過ごして、やはりこういうも必要だなと思ったり。
あんま焦ってみても仕方がないので。

最近はなんだか大掛かりに募集しなくちゃという状況にもなりましたが、色々スミマセン。


奥さんがFacebookのblogに対してコメントに書いていたのも転載します。


「ブログに書かれているように「会える人には会いたい」豪の正直な気持ちです。

でも、いま豪は癌の末期、というより言わば終末期を迎えています。

10分置きにうつらうつらし痛みで目を開けているのが現状です。
フェンタニルを持続で入れていても痛みが不定期に来ています。
「癌の痛みを舐めてた、今癌の人もみんな舐めてるんだろうな〜」と言う声も張りが失われています。

食事は数口程度、栄養剤の点滴で保たれています。そのほかの症状など書き並べても楽しいものではないのでこれ以上は控えます。

元気とか、前向き、ではなく、いま生きていることが奇跡の状態です。一刻ごとにわかるほど失われて行く体力のなか
医療の方々の献身的な看護で今の状態ですごせています。

面会で目を覚まし、耳を傾け、眼差しを注ぎ、気持ちを受け取り、伝える

今そのことに体力を使うことは、生きる事と正反対の行為でしかありません。

我儘を言いますがご理解ください。

親族一同」

なのでどんな状態になっても受け入れて下さい。

調子良いとき

クリックすると元のサイズで表示します

悪いとき

クリックすると元のサイズで表示します

これはいつもの冗談ではないです。
時間差がある訳でもなく。
横になって急激に痛みが走って起きあがり、今は起きてるのが1番痛みがなくて良い状態なんでなるべく座ってようと思ってたりするとフラフラ来て、急に白目剥いて倒れそうになる、の図。

どこまで書けばどこまで伝えられかるか、わっかんない。


11

痛みのスパイラル脱却計画  日常

やはり、夜中の痛みは合わせたようで合ってない。
フラッシュで濃縮して仰向けになり、暫くすると腰に痛感して体勢を変えて良くなって、いよいよと痛みが収まらないとなると起きる。

起きて痛みが収まると仰向けになる、を繰り返す。

同じ痛みか分からないが、昼間は耐えられて夜は耐えられず。という痛みかも。
それがここ2日、痛み止を強くしても変わらないどころかぎっくり腰的な強いのが瞬間的に。

そのスパイラルを脱却しようと色々やってみている。

結果、仰向けになる状態でベッドの頭を上げるという行為に出た。

そしたら痛みの変化が遅くなった。
まさにいま、書いている時。
もう少し続けよう。


死の宣告を発表してから、励ましのコメントとお見舞いの問い合わせで1日が終わる。
なかなかこれが疲れる。
これが原因で死なないかと思うくらい。

重ねて、お見舞いのスケジュールを切ったりしていたら、音楽活動のスケジュールより忙しい。
そして、実際に面会したり。
今日も2組み。

クリックすると元のサイズで表示します

奥さんが撮った白目剥いて寝てる画像。
「止めようよ」
とストップがかかった。

ちょっと規制します。
1日1組で結構長く話しちゃうから時間も20分くらいに。
いま問い合わせ来てるだけで一旦切ります。

スミマセン🙇


<:1457" title="がん・腫瘍ランキングへ"><う/a>
がん・腫瘍ランキングへ


大腸がんランキングへ


弾き語りランキングへ

14

変わりゆく心境  日常

今朝からようやく、落ち着いてきた。
痛み止の調整が合ってきたというかね。

朝から腹水を抜く管を付ける。
手術?という程ではなく、エコーでどの場所にするか決めて、消毒して注射の痛み止を打ち、「押される感覚がありますよ」と管をぶっ刺される。
これが、痛いのなんのって。
肉にめり込む感触。
刺された‼️って感じ。
思わず声を出したから「痛いです?」「痛いです」
直ぐに収まったが。

そこからは出てくる出てくる腹水が。
あっという間に1日出す分を越えた。

幾分、お腹の張りは収まった気がするが見た目は変わらない。

午後イチにお見舞いの方と面会。

昨日今日で4組。



面会希望の方はオレに連絡下さい🙇


ただ、全員に会いたいが1日2組みくらいがなんとなく境界線。
体調やらなんやらで時間が短かったりお断りするかもですが、ご了承下さい。


最初の2日は絶望で泣いてばかりいたが、夫婦で過ごすと和らぐ。
痛み止めが合ってきて多少気にならなくなると活力も。

今はただ生きる希望に満ちています。


<:1457" title="がん・腫瘍ランキングへ"><う/a>
がん・腫瘍ランキングへ


大腸がんランキングへ


弾き語りランキングへ





18

現状を晒しておきます  日常

ちょっと閉鎖しますと書きましたが、ライブキャンセルの手続きが、意外に早くて考え直しました。

結論から書くと、昨日診断の報告を受けました。

11日に体調変化のため通院し、肝機能障害で緊急入院致しました。

ここまで書いた。

翌日にCT検査しました。
つーか、一晩で変わらぬ体調にもう既にこりゃまずい事になったと思ってました。

13日の朝に採血。
やはり体感的に何も変わってない。
このまま退院出来ないパターンあるな。と思いました。

病院側はなんにも言わない。そこも前と変わらない。
奥さんが新しい師長さんに会った時にその辺の事を話し、ようやく動く。これも前にあったな。

13日の夜。面談。
肺、肝転移及び腹水を含めた腹膜播腫の憎悪。
肝機能異常が著しく進行しており、化学療法の困難。
と診断されました。
緩和治療は行いますが、それくらいしか出来ませんというものでした。

要するに病院からは出られないので後は死ぬだけ。という状態ですな。
医者から見た余命は1ヶ月。
そこら辺の数字は気にしないけど、もう、体感的にダメだなと思ってます。
今はモルヒネより上?の痛み止とか言ってるけど「麻薬」ね。
それをちょっとづつ強くしたりするけど完全に収まらないし、まだユックリ安眠出来てない。
腹水で餓鬼みたいなお腹になって便秘も腸閉塞から来てる疑い?とかでどうにもならん。
無治療だからね。
無治療で良くなった人も聞くけどね。
スタートがこんな感じだから。

「長くない」ってハッキリ感じます。

なにより、母親に電話した時は辛かった。
奥さんから話そうかと言われたけどそこはオレからだろうと切り出したが、核心つく前にオレが泣いちゃって。
すぐ代わって貰って病室で泣いてました。
「すまないな」という気持ちでした。
言うこと聞いて、4月に越してりゃ良かったね。

急激に来てすぐ死ぬパターンがよくあるって話だが、ここまで来ても「まさかオレが」なんて思ってしまっていたから人間てショーモナイね。

直接報告したい方は沢山いるのですが、沢山い過ぎて難しいです。
まずはやたら組んでいたライブ予定を全てキャンセルするのに時間がかかり、かかったけど返事は意外に早くて、ブログを書きました。

さあ、死ぬ準備していこう。


クリックすると元のサイズで表示します

<:1457" title="がん・腫瘍ランキングへ"><う/a>
がん・腫瘍ランキングへ


大腸がんランキングへ


弾き語りランキングへ

4

だから言っていただろ  日常

あれだけ書いてきたんだ。


ちょっと閉鎖します🙇
1




AutoPage最新お知らせ