ラジオ収録  キングオブ変身忍者

22日はラジオ収録。

FMおだわら「40kids歌はともだち」にキングオブ変身忍者として。

この日に設定してどうなるか分かったもんじゃなかったんですけど、結局バイトの現場が23日から変わる事になりまして…
色んな政治的なものもあったりですけど、Kさんのお陰で「使えねー」って言われても良いくらい知らないで仕事していたオレを使ってもらって5ヶ月も同じ現場で延命出来るのは決して他の誰でもなくオレが努力してKさんが買ってくれただけです。
もう少し残れるところを色々あって色々あった訳です。

切られるならもう22日から1週間休んでやろうと思ってたんですけどね。
ちょぅとそれも叶わず。

相変わらずライブとカしか休めてません。



今日もラジオ収録は20時でしたが、昼間から小田原に行ってスタジオに入り、練習。
7月は兎も角今月25日にも熊谷でやるのでそこで何をやるか。
こっちはプレ復活戦。

宇野君はボンゴからカホンに替えたので、やってみた感じから方向性を考えたりした。
なんせ7年ぶりだしね。
以前に戻るよりも今出来る進化を。

なんとなくまとめながら収録へ。


宇野君を連れて行きたかったホントの理由は裏にあるんだけどまーそれはいずれ。

ウソって訳ではないが7月のライブをアピールしてきた。

オンエアは7月6日の19時から。
http://fm-odawara.com/


オレ、聴けないし。

よろしくお願いします。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

変身忍者軍団 小田原支部って感じ。
0

バカリズム見逃す  キングオブ変身忍者

R−1やってたんかい!

帰りは買出しして遅くなった。

テレビ付けたらバカリズムの得点発表だった。

鬼頭真也という舞台俳優さんのネタが一番良かったように思うが…
2年連続で一回戦落ちの俺が何も言う事は無いのですが…
笑いの基準というのが良く分からなくなったねぇ…

やはり音楽舞台での笑いというスタンスを追求したい…

が。

リベンジしたい気もする。


パフォーに久々投稿しました。

http://cgi2.nhk.or.jp/paphooo/result/search_result.cgi?action=detail&file_no=3625

キングオブ変身忍者
「ホームラン音頭」

個人名義で「まんが道」も送ったが、コチラは…まだのようで。
二つは無理なのか?

まぁ
追々。
0

最強のまま終了  キングオブ変身忍者

「KING OF 変身忍者」ブログには発表いたしましたが…

8月の2公演終了と共にコンビを解消します。

経緯はブログに書きましたのでそちらをご覧下さい。




なんで。


特にそれ以上書く事ないんですけどね。


元々は去年の新宿でのコンテストがキッカケなんだよな。
再度挑戦という計画でリズム楽器を入れようという。
予選に出れてたらそこで終わってたんだけどね。
予選にも出られず、妙に息は合ってたので(合わせて貰ってたので)折角だしチョット、ユニットやってみよう、と。
そのチョットが1年近い活動になったというだけの話だな。



ま…
過去の記事を読めば分かるけど俺は卑しい計算があったけどね。
その計算はかなり高かったが、それでも狙いは上手く行ったと思う。
ネットニュースには出ちゃうし、知名度という点では飛躍的に伸びた。
なかなか面白い経験も出来た。

ライブもそうだけどまだ終わっちゃいないからね。
喧嘩別れを期待した人は残念だが、宇野君とのパイプは太いまま存在しているから。
これからは色々な角度でリンクしたりする可能性もある。

あくまで通過点。


通過点ですが!

「キングオブ変身忍者」という名前はなくなります。

という体で。


だから見逃さない方が得ですね。
一応、「ロック史」というのがあったら残るかも知れないからね。
「そんなもの残らなくたって良いぜ、自分が納得してりゃ良いんだぜ」とかカッコは付けないです。
残りたいですから、俺は。



ソロの佐藤豪は益々突き進むよ。
「メジャーの雰囲気が出て来た」と専らの評判ですから。

相変わらず大好物のライブを中心に、他のジャンルにも手を付けようと思ってるので。

「世間と闘う」という基本理念が変わらないからナニやっても良いのよ、俺は。

真似すると痛い目に合うけどね。

ホント、紙芝居でライブやってるヤツは全員ぶっ潰すから。



もう良いかな?
0

明日はラスト!  キングオブ変身忍者

熊谷終了。

忘れ物して二回ほど家に戻る。
また今日も幸先が悪い。

10分前に熊谷に着くように調べた電車が間に合わない…と思ったら中央線は遅れていた。
良いんだか悪いんだか。

10分前に着こうとすると乗り換えが多いんだけど次に来た湘南新宿ラインは一本で着く。

五分前に熊谷に着いたので良かったとしよう。

本番の反応がイマイチだったんで内容が悪いかとも思ったけど俺が聞いた限りでは評判を落とした感じでは無かった。

要はジックリと観て楽しむお客さんが多かったという事だ。

店長も相変わらずの好感触で8月に良いお話を頂く。

ライジングサンのオーディションが落ちたらコッチでやるだろうな。

8月15日だから…
「戦争」にケンカ売ろうかな。

それともまた「アメリカ」とか。
アピアと重なるからキツイけど今週よかマシだろうなー。

まだ帰りの電車の中。
帰ったら明日の準備をしなくてはならん。

ハッキリ言って内容はまとまって無い。

もし通常ライブをやってたら
「あぁ…間に合わなかったんだな。」と思って暖かく見守って下さい。


クリックすると元のサイズで表示します
0


熊谷道場で練習でした。

練習前にミーティング。

バンドと弾き語りの相違点などを話していた。

バンド系よりもどうしても注目度が低い弾き語りの世界。
結局のところお客さんが何処に興味を抱いているかというのが根本的に違う訳で。

バンド=音
弾き語り=言葉

という感じかね。
バンドは騒いだり踊ったりという目的が主だったりする。
まぁ…
俺はハードコアとか昔は良く観に行ったけど特に騒ぐのが目的だったわけではないが。
でもあの大音量はスカッとするよね。

弾き語りはジックリと聞く感じ。
聴くだけで…疲れるよね。
ドッと。

本来。
音も言葉も記号として同じだと思うのだけれども、分かってる人は少ない。
大衆に向けて効果的なのは…やっぱり音なんだな。

いくら俺が紙に「ドドーン」て書いても音なんだけど音じゃないよね。


大きな壁があってそれをぶち壊すのが夢なんだけど。

でも元々アコースティックのようでそうではないトコロで勝負していたから…後は広がるのを待つという時間も必要だけど。
「アイツらは弾き語りなんかじゃねぇよ!」
俺一人で業界レベルまではかなり広がったと思うが二人で更に環状線の外側に響かせて行きたい。

革命を必ず起こす。


「破壊なくして創造なし」


この曲練習するの忘れた…

無理矢理入れようかしら。


今回は前回の立体的紙芝居「接続詞紙芝居」をまたやる。
そして…「博士と助手」という演劇も取り入れる。
演劇…ってほどじゃないけど。
「紙芝居芝居」って感じか。
アニメーションだな。


7月1日(火)
熊谷ヘブンズロック

キングオブ変身忍者第4回公演
「対ロックバンド」
0




AutoPage最新お知らせ