今年を振り返る  日常

年賀状は朝までかかった。

特に凝ったわけでもないしなんでもない年賀状ですけど。

まだ余ってるなぁ。

朝ポストに出して、それから寝る。

夜中に上野のアメ横に行きませんか?と誘われていたんですけど時間が分からないという事で、行きたい気持ちもあったんだけど寝て起きたらとっくに昼を過ぎていて時間が決まったというメッセージを見たけど間に合わない時間だった。スマヌ。

全力で大掃除と模様替えしてたら足がふらついていた。疲れてるな。ゴミ袋4つくらい出た。

7割くらい終わって、夕方5時過ぎたから大急ぎで風呂トイレやって風呂沸かして、その間に何も食ってないから作るの面倒だし夕飯買って年越し蕎麦も買って(子供の頃から時間またぎに食べる癖がある)風呂に入って「笑ってはいけない」を観ております。途中うたた寝。


16歳から大学ノートに日記を書いてきたんですけど(毎日じゃないよ)、毎年毎年「重大ニュース」と言うのを大晦日に書いていた。
誰に見せるわけでもない日記で既にやっていたという事はオレは当時から誰に読まれても良いように書いていたのかも知れない。
つまりどこか余所行きで書いてきたのかな…。

学校辞めてからも自分しか読まない漫画雑誌も作ってたもんね。
「巻頭特集!ついに2次審査突破!佐藤豪にインタビュー」とか自分で書いてたよ。痛い子ね。

このブログも毎年重大ニュースを書いてきましたが、去年はあまりにもな感じだったので中止した。暗いニュースがドカンとあるとなんだかねぇ。急に冷めるよね。
今年も生々しく色々あったんでお休みしよう。

良いところだけ振り返りたい。


【DVD】
やっぱりまーこれでしょう。
「作ったら?」という話はあったけど、なかなか難しいでしょ。CDより難しいよね。
環境が整ってきて作れる可能性が出てきて、食っていくなら物販だからね。そういう意味でしかないよね。
作品を残すなんていう気持ちはあまりない。
手塚先生がそうだった。何故に現役に拘ってベットの上からマンガを描いていたか?
取り残されるのが怖かった。
漫画家は人前に出るわけじゃないからね。漫画を描くしかない。
「名作が沢山あって人々の記憶に十分残ってるじゃないですか」って言われるところだろうけど、そうじゃないんだよね。「ブラックジャック創作秘話」に書いてあったの受け売りですけど。
作品は残らないというか、常に新しい作品を見せることで自分の存在価値を見出していたんじゃないだろうか。
オレも似たような考えで、CDというものも作らなかった(作ってもライブ作品ばっかり)。
常にライブが作品だと思っていたし。
興行では儲からないのはプロレスで学んでいたから、そうなると物販しかない。
生活の為にDVDを作った。
何枚売れたとかは野望ブログに枚数書いてるから足していけば分かると思うけど「理想の数字」「現実はこんなもんだなという数字」の間くらい。2ヵ月半、予想以上にもの凄く健闘している。
アンジャッシュの児島のソロDVDが800枚しか売れてないというのをテレビで見たけど、なんか行ける気がしてくるよ。売れ線のアーティストのCDで2.1万枚とか見たけどね、オレは今0.003万枚くらいで、自分の視力より劣るけど、こうして比較したらこれまた行けそうな気がしている。


【小田原】
ロードオブアリーナの予選から、ラジオからミュージックストリートのストリート&ロックの部から小田原に毎月通っている状態なんですけど、ここだけ見ると飛躍した感もある。
ロードオブアリーナは久しぶりに「数値化」出来たように思う。
衣装に使ってるベルトは「G-MOST」「新東京歌謡プロレス」の2タイトルで、もう衣装にしか出来ないものだけど、きちんと勝ち取ったもの。オレの財産だと思っている。誇りに思っている。
そこから「KABUKI町スターコンテスト」は決勝まで行けなかったし、「R-1ぐらんぷり」は2年連続で1回戦落ちだし、オーディション系も散々だった。
「やっぱオレはそんなものか」とか思った事もある。
今年はスカパー!の番組オーディションも通り、ロードオブアリーナも通り、小田原のイベントは制圧して、評価は得ていると思う。
DVDだって「数値化」のひとつ。
年賀状も、毎年募集しているけど過去数年はゼロか1くらいだったけど今年は全然何倍にも増えている。それも数値化。
そういう事をオレはやっているので、「誰が凄い?」とかそういうのピンと来ない。
次元がちょっと違う。
やってる人の言葉には説得力があるが、やってない人には残念ながら無い。
とはいえ手相の話なんかもあったけど、こんなんで「ブレイク」なんて言われたくもない。
もっと努力が必要だ。
こういう気配があると「出る杭は打たれる」なんですけど、批判めいたことは覚悟していた。
でもオレはまだまだこんなもんじゃ満足してないんだからさ、批判はもう少し待っておくれよ。
だけど、つき物だからね。
色々言う人もなんだかんだでオレの為に言ってる人たちばかり。ありがたいと思うよ。
問題なのは完全なる陰口ね。
これも過去に散々味わったから。
そこに負けないように突き進むしかない。





危なっかしいブログですまない。
いつも思う。

病気だと思ってくれたら良い。多分、治らない。

ホントに嫌いな人は読んでないからね。
分かってるよ。


















オレ、「お客さんは1人増えたら1人減る」とか書いたことあるけど、「それはそうだ」とか知ったかぶりで言われたことがあるけど…

ホントにそう思う?

オレ、そう思ってないよ。

もう言葉じゃ足りない、感覚的なところだから分かりやすく書くのは難しいんだけどね。

1人も減ってないんだよ。

減ってるけど減ってないの。そういう感覚。


他の人は知らないけど。

これはオレのお客さんに向けて書いてるから。

ライブさえ観てくれたら分かると思うけど。



書きたい事の半分もオレは書いてないよ。

書いたら恐ろしい事になるよ。



来年もよろしく!


って明日また書くけど。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ