正しいメールでの告知の仕方  日常

本間さんからメールが来た。

知らない人に説明すると本間さんとは本間章浩さんだ。
ロック通なら赤と黒、ニッキー&ウォリアーズのギタリストとして知ってるはずだ。
今は弾き語りも自分のバンドもやっている。
そんな人なのに偉ぶらず、丁寧な方。全国をツアーで回ってライブで生活している。
憧れる部分もある。

去年、初対バンして以来数回共演したりした。

そんな本間さんからライブ告知のメールが来た。
丁寧な時事ネタからのお誘いは全く不快にならない。
所々豪くんと名前も入れて、決して一斉送信ではない事が良く分かる。
日曜日はオレもライブなので行けませんが、オレがどうやっても宣伝の足しにはならないが、、本間さんのキングビスケットタイムというバンドが横浜のセブンスアベニューというトコロであのシーナ&ロケッツの前座を日曜日にやるらしい。興味があれば是非。


それに比べて…
オレと大して変わらない無名のバカどもの告知と来たら…
一斉送信は当たり前。
酷いヤツはミクシィなどのSNSで済ませる。
それで「活動した」だの「なんで誰も来ない」だの抜かしやがる。
イチから出直せ。バカ。脳みそあんのか?


何も考えないヤツに感じる事など出来ない。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ