ありがとう。  

入院からの近況報告

かいつまんで読みやすくする暇がないので、
だらだらと長いですが、ご興味のある方は
よろしく読んでくださると助かります。
クリックすると元のサイズで表示します

🔻
🔻
🔻
🔻
🔻
🔻
11日、入院 黄疸 肝不全
13日、余命と今後の確認
14日、傾眠、栄養剤点滴
15日、幻覚 意識消失
16日、せん妄
17日、フェンタニル増量
19日、文章が支離滅裂、歩行不安定

20日、日中
(座って目を閉じてるので、どした?と聞いて見た)
「まて!今頭の形報告してるから!」
(え!)
(頭の形ってどんな風に報告したの?)
「画像が何枚もあるから、これ、これ、って選ぶんだ。」
(最新式なんだね)
「うん!」

21日、日中
(なんか飲み物買ってくる?)
「いい。カレーあるから」
(カレーは出たことない)

21日、日中
「カウンターに塩がたくさん盛られてる!」
(カウンターは無い)
いい塩だった?と聞くと「うん!」と応えた。

21日夜、個室に変更
「俺、急変したでしょ」

22日午後
お母さん、妹さんと子供、弟さんと対面
みんなで夕張メロンを食べる

22日夕方
(豪さんからラインが来た)
うわるふあしさたてそあをやきしさすせらひせんさすせすきさす

23日、朝
親族北海道に帰る前、みんなで会いにくる。
妹さんは、最後のライブ動画を見ていた。
お母さんが肩を抱いて、いい人生だったろぅ?と涙声で言うと、豪さんは泣き出した。
「泣きたい時は泣く、そうせんとだめだよ」
となでられ、何度も頷く。
「ありがとう」と一人一人握手して別れた。

23日、昼前
突然「シャワー浴びたい」とヨロヨロ立ち上がる。
私を押し退けてつまづきそうになりながら
壁伝いにシャワーの前に立つ
(シャワーするの?じゃあ脱ごうか)
「そうか」(鎮痛薬の針抜こうとする)
(それ抜かないよ、こっち、と服の裾を渡す。全裸時に看護婦さんあらわる)
そのままシャンプーする。
身体は「いい」身体を拭いてくれと顔で促す。服を着せて座り直すと
「思い切ってやらないと」
と自分の行動に大満足して意識消失。

23日、午後
「後ろから音が聴こえる
おいとまします
ぺぺべぺぺーぺっ
ありがとうございました」

23日、夕方
(そもそも絡まってない心電図、腹水ドレーン、鎮痛薬、点滴の管を
ほぐそうとして混乱している)
(どした?と絡まってないのを一つ一つ辿ってみせる)
「天才だー、天才だー、天才だー」
と顔を掴みキスしてきた
(腹巻きもしとく?と言うと)
「天才と言われたいなら」
(ワハハハ笑笑→動作緩慢に対応)
「天才の時代は終わろうとしている」
(天才の時間1分かよ、みじけー笑笑笑笑)

(18:30)
食事飲み込めない吐き出す
「虫がいる」と険しい表情
(目線の先を紙で潰す真似をすると落ち着く)

(19:00)
医療機器のコード類にかなり混乱している。
触ろうとすると
「いいから!シミュレーションしてるんだから見ててよ」
と長い時間考え込み意識を失う
目が覚めまた振り出しに戻る
「ダメだ」
と落ち込んでいる

見ず知らずの創価学会会員から
フェイスブックに友達リクが来る。
不愉快なメッセージが届く
ライブも何度か見たと言うがブロックする

22:30(手つないでいいかな、と聞く)
「なに?俺も凄い今色々考えてるの。
やっぱり考えないほうがいいかな。
言ってみて」と言うや否や
「と、トイレ」
(ふらふらで車椅子レベル)

戻って横になると右手の甲でサイドレールをノックして呼ばれる、手を繋ぐ
「なによ?」と訊かれる。
(ありがとう、と応える)
「それだけ?言いたいことあるかと思った」
(豪ちゃんも言って、考えてること)
「だーかーら!!
北新地ロードでしょ、もー!何!」
(ガバッと起き上がり、しばらくして)
「おはよう」(23:45)

「名前がでてこない!」
(サイドテーブルを拳で叩く)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

癌は本当に関係性まで断ち切ろうとしてくる
わたしはタバコを吸いに外に出た。
手を繋ぎたい、それすら頭を混乱させる。
涙が止まらなかった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

戻るとコード類に混乱していた。

23時すぎ
座っている、右手を差し出してくる。
握手をすると、ありがとう、と抱き寄せてくれ笑顔になる。そのまま意識消失。臥床。
(おやすみ、愛してるよ、の声かけに反応なし)
24日(5:50)
座っていた。おはよう、の声かけに頷く。
(6:00)
苦しそうな顔をしている。どした?と聞くと、おはよう、と笑う。
(6:05)意識消失

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

豪さんは、この状況を受け入れようとしている。
豪さんの性格だと受け入れるには、理解した上で納得しなければならない。今、理解するための脳内作業に苦しんでいる。
集中力や理解力は既に破滅している。
私の頭と交換してやりたい。
とっくに考えることをやめてただろう。
人は最後は三大欲求のどれかが強く残るとよく言われる。
でも豪さんの場合は三大欲求ではなかった。
責任感だと思う。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

(6:43)目と口を完全に閉じることが出来ず、右手は常に振戦がある。

(7:00)バイタル測定、看護師の声かけにしっかり「はい」「おはようございます」と答え笑顔。朝だよ、わかる?と訊かれ「わかってます!」と少し強く出る。
そのまま意識消失。

7:30
弟さんよりライン来るが、開けられない。
カメラになる。何度やっても。
充電切れ寸前、繋ごうか、と聴くと
「今やるから!」「全部見た!」
と興奮する。

8:00
朝食。飲み込めず、拒否。
水分飲み込めず、口にためたまま意識消失。
あぶないから「だす?」と聞くも出さない。
食形態について看護婦さんに相談するが
腸閉塞もある中どうなんだろうと思えてくる。

9:00
回診あり。服薬、嚥下できないこと伝える。
幻覚伝える。腹水を抜く。モニター設置。
「まだ大丈夫?」を連呼する。
「なにこれ、もうやめて、いたい」

9:15
起き上がる。
フェンタニル増量。

9:25
横になる?と聞く
「あんまり話しかけないで!」

10:00
隣に座ると涙が止まらなくなった
「どうしたの?」と頭をなでられる。
(がんばりすぎたなぁ?もうゆっくりしよう。あんまり考えないで楽にしよう)
と言うと
「まだ演りたいんだよ」と俯く。
(わかるよ、わかるよ、お薬終わったらまた演ろう)
と泣きながら答えると頭を近づけて頭に3回キスをしてくれた。

10:30
(いま痛くない?)
頷く

話しかけると拒否
自分が何したいのか思い出そうとしている
一日中それと意識消失を繰り返す
両手に振戦あり足も震えがくる

9:00からずっと自分が何したいか思い出そうとしていたが、おそらくトイレなのだが、
聞くと「まて」と首を振る。
11:15
失禁後尿瓶にて排尿

11:30
看護師の問いかけに苛立つ。
「すぐに来るのはなんで?説明して!」
指を指して「(妻と)変わって、わかりやすい」
その後看護師に色々必要事項を聞かれ苛立つ。
険しい顔で首を振り手で払う。

11:40
失禁でパウチ裏面が濡れたのが気になりティッシュ一箱使い切り拭き続けている。
パウチ交換するか聞くと「まて」と言う。
本人の足元に座り(名前を呼んで?)と聴くと「やっぱりそれか、わかるんだよ、勘で!」と笑って戯けた顔をする。パウチ交換する。
交換中意識消失。

12:00
腹水の管抜けてる。刺さらないから中止
尿道カテーテル設置
廊下にいても構わないと言われたが
作業全部見させてもらう
オムツを勧められるが、排便はパウチだし
私の方で拒否させていただく
物凄く痛がる
滑落防止のため3点柵にする
(タバコを吸いに行く)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

いい加減病院の人の前で気丈に振る舞うのも
しんどくなってきた。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

職場に電話する。
身体にだけは気をつけてと言われる。
先日帰ってきた健康診断の結果はオールAでしたから、大丈夫というと、しばし平和な笑いが生まれる。

13:30
腹水濾過したものを体内に戻す。
モニター付けられる。

13:45
「塩どうした?」
(塩はもうしまったよ)
「暫くやめるわ」
意識消失

14時
どうしても蹴飛ばす掛け布団を足が冷えているので掛ける。
「こうやって毎日干すの?」
(干してるわけじゃなくて笑笑、足冷えてるでしょ?体も痛くなっちゃうから)
「そうか、わかった」
と横になるや否や蹴飛ばしている。

14:20
リハの方が様子を聞きに来られたので説明する。

14:25
全身清拭をする

14:35
看護師男二人組が全身清拭しに来られたので
もう拭きました、と伝える
換気する

14:50
若い可愛い看護師さんに「なんでおじさんみたいなカッコしてるんですか!」と言われ無反応
「うちのお父さんと同じですよ」
「腹巻きまでして余計おじさんじゃないですか」と言われ無反応
わたしは爆笑して聞く(お父さん何歳ですか?)「60です」わたしは腹を抱えて笑う
「うるさい!!!」
どうやら聞こえないふりだった模様。
看護師の声かけは、あくまで状態把握の冗談である

15時
(さっきさー)
「知ってる!!!」
(いや、それじゃないよ笑笑笑笑笑笑)
「二人組来たから、終わりましたって言っといたから」
頷く。

15:30
愛してるよ、というと
愛してます、と答えて笑う

17:33
体位交換自力では不可、呼吸は正常
BP95/44P65

20:00
発汗が凄い。
血圧計を外してしまう。
(このスタンハンセンは、はめとくやつだよ)
というとすんなり受け入れる。

21時
頻繁に体動あり。血圧は安定。
「ともちゃん!ともちゃん!」
側に行くと
「俺はもう終わりだ」を連呼する。
まだ終わる感じじゃないよ、と言うと
「終わったんだよ、スッキリしてる」
という。どうやら終了したマッサージ機に横たわっているつもりらしい。
びっくりするよ。終わり、とか。

21:30
パンツを取り替える。
「ライブの映像」ん?
「見たい人いるみたいなんだけど」
いるよ、たくさん
「もう終わったんだろ?」え?
「ぱ、ん、つ!」終わったよ。

21:45
ベッドのリモコンと格闘。上がったり下がったり思い通りに行かない。
「わからない、わからない」
変わろうとすると渡してくれない。みせて、というとくれた。ベッドを平らにする。
「うまい、、、」と感動している。

22:00
「早く!」「脱出するんだよ!」
脱走したいの?「うん!」
「このマッサージ機きかないよ」
ベッドだもん「え!」
「がっかりがっかり」
脱走してどうしようか
「休みたい。病院で。休みたい」
ここ、病院だよ
「ほんと?」
先生いっぱいいるから安心だよ
「(点滴)いつ終わる?」
あと少し
「休みたい、ねたい」
ねな、おこしてあげるから
「朝やるやつ」
おはよう、愛してるよ
「愛してるよ」
意識消失

5:30
下顎呼吸
反応あり

電話で親族の声きかせる
最後のライブのファイトマネーきかせる
脈が上がる

6:54
反応なし
BP57/31P44

7:01
55/31 39
87%

7:07
呼吸停止

7:13
死亡確認

以上、妻より
4




AutoPage最新お知らせ