ナメてかかると痛い目に遭うぜ‼️分子標的薬ロンサーフ2日目  日常

昨日は薬を飲んだとこまで書いたのか。

あれから特に何も出ないなと思っていたけど、立ち上がると目眩が凄くなってきた。
最初のベクティビックスだったか?目眩がした時があったが、あれよりちょっと強い印象。

しかし、代わりというか、前日までの肝臓、腰、鼠径部、お尻、等々の痛みが完全に消えている。
それと引き換えの目眩なら、我慢できるか?

できる範囲でやれる用事を片付けて奥さん帰ってきて夕飯の準備して、相変わらずゲラゲラとふざけて笑いながら過ごしていた。
奥さんが1番心配していたのが吐き気で、
「気持ち悪さは?」
「ない」
「胃が丈夫なんだね」と。
夕飯後の薬を飲み、23時台にふとんに入り寝たのは良いが夜中3時に目が覚める。
背中が痛い。
横になるとあばらが痛い。
こりゃなんだとオシッコに行き、また暫く座っていた。
そしたら奥さんが唸りだした。
「ウー」
「ウー」
以前も書いたが、悪夢を見ているパターン。
最近はなかったから安心していたのだが。
「夢だよ」
無理矢理起こさないと続きを見るパターンもある。
「熱、ない?」
と、オレの異変に気付く。
計ると38℃
今の症状を話すと、節々が痛いのは熱からという事でデカドロンという解熱剤を飲む。
高熱出てもあまり気付かない程の鈍感なので、奥さんが起きなかったら熱から来るものと判明せずにまた寝ていた。
丁度悪夢を見たのは意思の疎通が出来ているからか?
一時間ほどベラベラ喋っていたら節々の痛みは和らいぎ、また寝た。
いずれにせよ一人では生きていくのが困難だったろう。
イヤな顔ひとつせずに対応してくれる奥さんに感謝。

そして起きてから朝食を済ませて薬。
熱はまだ完全にひいてないのに次の薬を飲んでいいのか?という疑問もあるが。

飲み薬だから副作用とか弱いんじゃね?
と思っていた自分が甘かった。反省。

奥さんが3回目のドキュメント動画を作りだし、薬飲むところとか撮った後に流れでふざけた「ラーメン屋の主人」風画像でお別れ。

クリックすると元のサイズで表示します

<:1457" title="がん・腫瘍ランキングへ"><う/a>
がん・腫瘍ランキングへ


大腸がんランキングへ


弾き語りランキングへ
7




AutoPage最新お知らせ