入院しました  

今日10時より入院しました。

22年ぶりだからさ、携帯とかある時代じゃないじゃない?

使用していい場所があるからそこから更新しますよ。
ただガラケーなんでSNS系にはリンク貼れませんけど。

今朝は快便だった。
やはり食事改善が効いてるのか?

病院行って

手続きして

待機して


なんか点滴打って

そのままCT
次に超音波

この間も沢山時間がある訳よ。

新聞買ったりナンプレやったりしてたけど。


今日のミッションは終了

早く飯が食いたい。

なにやら金曜日までやって

手術の話をしたら一回退院みたい。

早くて土曜日だね。



クリックすると元のサイズで表示します
1

明日から入院  日常

やたらと忙しく、なかなか書けません。


日曜日は仕事に出て、28日なんですが「化学治療へ」と書きましたが勘違いで、一旦最初の病院へ行って紹介状を持って大きい病院へ。

そこでまた診て貰って、今後の事を話し合うという感じでした。

やたらと眼ヂカラの強い先生は包み隠さず話しますという事でしたが、自分には予想通りでしたね。


ステージW


まー
良くはないですね。

予定があったのを調整してやってくれるとの事で早くて8日に手術を目処に早めに検査入院して欲しいという事に。

30日からどうでしょうかという事で、そこは元々休みでした。

そんで3日くらいまでに急いで隈なく検査して次の週に手術のための準備。

そんで「今日出来る検査をやりましょう」という事で、そのまま血液とか心電図とかレントゲンとかその手の健診でやるようなのを一気に。

なかなか段取りの早い先生なんで、信用できそうな感じもします。

肺活量検査が面白かったですね。

トイレットペーパーの芯みたいのを咥えて

「すってーーーーーすってーーーーーすってーーーーーーーーーーーーーーーーーすえなくなったらはいてーーーーーーーー!」

右手に持つ筒がマイクに見えてきましたね。


内視鏡検査のときに「何を食べてもいいですよ」と言われたけど「自分で何か出来るなら食事だな」と考えた。
生活習慣を変えよう。

まー肝臓もあるから酒は断つ。
タバコはストレス溜まらないように少しづつ減らす。
母親から「(昔働いていた弁当屋の)社長がきのこ食べ続けてがんが消えた」と言うので舞茸を中心にしてきのこだけ茹で、味付けはうっすらの美味しくないものを毎食少しづつ食べることに。
糖分はがん細胞を増やすので甘食やお菓子は控える。
大好きな炭酸も控える。
「良い」と言われるものを摂り「良くない」ものは過剰に摂らない。

そんでこれ大事
よく噛む

オレ、よく飲み込んだり流し込んだりするから。


これだけやりゃー数値にも変化が出るんじゃないの?


しかも
舞茸の成分ががん細胞をぶち壊すイメージを膨らませながら食べている。

イメージ画像として…

クリックすると元のサイズで表示します

太鼓の乱れうちね。長州力率いる維新軍団がよくやってた見栄えだけの技。

ま、見栄えだけだと困るんですけどそういうやっつけるイメージね。

病気なんて気の持ちようだから。
常にこれをイメージしている。

昨日だったか普通にウンコが出てね。あの肛門の違和感もなく。

「おお、奇跡の回復」

と思ったけど今日はまた戻った。



まーともかく。

オレは人前に立つ事が出来れば良い。

人に見てもらいたいから歌う。

だから観てくれる人のために生きる。




そこの病院にはないPET/CTを近くの病院でやりたいとの事でそれを29日に予約。

従って29日から休むことに。

それを会社に電話して説明してなんやら色々と相談して。

一旦家に帰ってからギター担いで小田原へ。

18時に着く小文吾。と合流、ちょっと飲みながら(オレは飲まなかったが)色々と話す。

ホントはよねさんも参加だったがインフルエンザで欠席。

来られても困るががん患者のオレが来てるというのにねー。

19時過ぎに小田原市役所内のFMおだわらへ。

いつもの事なんで勝手に事務所で着替える。

収録も無事に終了。

スタジオライブは何気に気合入りましたね。

コノヤローって感じでやりました。

オンエアは12月12日の19時から。

野望ブログで全部まとめます。


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



ほんで今日。

午前中は会社。なんだかんだの段取りしてきた。


午後はCT

なんつーの?スキャン?

放射線撒き散らしてきた。



明日からは検査入院。

3つくらいやるようだ。

ちょっとルールがわからないのでブログの更新は一旦退院してからだろうかね。
1

世の中どうなるかなんてホント分かりませんよ?  日常

内視鏡なんてのは初めてやったですね。

多分ですけど。

江戸川区は健診を毎年受けられるし、がん検診も予約したらできる。

胃と腸だったような気がするんだけど引っ越して来て直ぐに1回やった記憶がある。

バリウムだけだったかなー。



前日は朝に素うどん食べて昼は豆腐、夜はレトルトのおかゆ。

会社の人間には休憩時に一応現状を伝えておいた。



つったったねー

もう分かってたけどね。


●ポリープ(良性)の自覚症状はない
●大腸がんの症状の中に「便が残っている感覚」がある

この2点で悪性には間違いなかったよね。


下剤を飲んで寝て今朝も2リットルの水に混ぜる奴を2時間かけて飲んで、いざ病院へ。

穴の開いたパンツを渡されて「寒いでしょうから」と毛布も渡されてパンツ一丁で毛布を被って待機。

試合前のレスラー風

検査台というリングに向かうレスラーの気持ち。




呼ばれたら「あっ、シャツは1枚着ていいんですよ」と言われた。




なんじゃい。


折角のレスラー気分が台無し。



ケツに管を押し込まれた直後は痛かったが、そこからは痛みはない。

ないけど奥に進むたびに空気がお腹に押し込まれて苦しい。

壁に向いていたのを仰向けにされたあたりからは俺の腸内がモニターに映っているのが見えた。


気持ちのいいものではないが凝視してやった。


淡々と写真撮ったり細胞を採取するのか管から投入されたマジックハンドの小さいヤツみたいのでつまんで引っ張って血を出したりしている。


終了後はお腹が張ってしばらく起き上がれず。



写真を見せてもらった。

5箇所くらいにしこりがあるらしい。

デカい親分が1個あった。


こいつか。



肝臓にもあるということで、最初は科学治療をしたいと。

なんだかよく分からないが最短の月曜日にしたいというので休みにした。

自分でももう少し調べていかないとならんな。


いつになるか分からないが手術・入院もある。

月曜日にいきなり入院とはならないと言っていたので明日は仕事に出るが一応報告という事で会社に電話した。



いきなり入院じゃないなら小田原のラジオ収録には行けそうだ。



健診もしているし検便も毎月採っているのに何故にここまで発見が遅れたのか?

肝機能の数値にあまり出てなかったり、検便のときのウンコががん細胞を傷つけず素通りしたとかなんかそういう運の悪さがあったようだ。



あんまあてにならないって事だな。




「自分には関係ない」



そう思ってる人が病気になりやすいから気をつけましょう。




そんなに悲観はしてないんだよね。


治療代とか


休みとったりの調整とかが


面倒くせーなー




そういう感じ。












闘っていくしかねぇな!


1

痔じゃないんだ…  日常

ハロウィンが終わって

忙しい11月が始まったあたりだったと思う。

急に便秘のような症状になり、血便が出る頻度が多くなった気もして。
そんで常に「ウンコしたい」みたいな感じ。肛門になんか居る感じ。
でもトイレで踏ん張っても出ない、みたいな。
それが数日続いては酸化マグネシウムとかで下痢状態にして出したり。

「これは痔が悪化したか」

と、5年前に診断されたときの薬がまだあって(大した事なかったので放っておいた)それを使ったり新しく買ったりしていた。

でもなんだか良くはならず「痔は市販の薬では治らない」なんて拙い知識もあったりでそれほど大事には捕らえず「兎に角暇になったら病院へ」という程度に考えていた。

ブログに書いてきたとおり、今月はメチャクチャ忙しくて行くにしても難しかった。
強いて言えば送別会の日くらいかな。

そういう忙しさも痔を増強させたなんて思っていた。


ようやく、今日病院に行ったわけだ。

病院を調べて「この時間なら行けるな」という病院が実は5年前に行って痔と診断された病院だったと発覚するのは病院にいってからだった。
なんせ5年前なんで「ここだったかなー?」くらいにしか思わず。

先生も同じ先生だったかは覚えてない。


「カメラでの検査を勧めます」と冒頭から言っていたので「お願いします」と。
予約が要るそうで「26日が休みです」と言ったが病院側に予定があるようで「30日が休みです」「ではそこで」みたいになり
「痔の薬も出しはおきますが」なんていいつつ診察台で肛門を広げられて診察。

そこで「ん〜」

となった。

「痔ではないですね」

という。

どういう事だ?



腫瘍があるそうだ。


おまけになんかヌルヌル塗られて胸からお腹の辺りを検査(超音波?)してたら「肝臓にも影がある」ってんで。


最初は他人事のようにしていたが先生の表情から「こりゃマズいのか?」という感じに。

兎に角内視鏡やらないとハッキリしないということで30日から「月曜日は?」「明日は?」となり、土曜日は兎に角病院側が駄目みたいで「仕事だし月曜日はラジオがあるし」とこちらは土曜日を主張。

仕事は兎も角ラジオは無駄にしたくない。

「電話して聞いてみるけど」と言ったものの結局は「では土曜日にやりましょう」という事に。

下剤とか飲んだりする説明を受けた。



良性のポリープなら良いけどね。

また報告します。

「具合悪いとかなかったんですか?」とか何回も聞かれたけど

目立ったような具合の悪さは無かったよなー

肛門が気になって仕事中に誤魔化すのが大変だったくらいで。




いやはや
0

1年ぶりのラジオ出演  

んーと

17日は送別会。

5年いたらしいベテランの男性が辞めた。
次の日のために生地を練りこんで畳む作業をする人やフィリング(中に挟むジャムとかマーガリンとかそういうの)を作る人が専門にいて休むと入ったり成形に来たり3役やってて(俺が窯に入るような感じか)ひとつのポジションを辞めたあたりからそんな雰囲気を持ってはいた。
代わりに社員が入ったりして抜けた穴はかなりでかいようだ。


送別会と言っても準社員といわれるパート・アルバイトが中心に催された奴。
まー、仲のいいグループが中心になるのかしらね。
女性が多いので賑やかよね。
和気藹々と世間話から最後は仕事の話で盛り上がっていた。

俺もちょっと偉そうな発言したりしたけど、ある人に対する感情を話したら同意していた人がいて「視点は間違ってないな」と思ったり。
あんまし好きじゃないんだよね、「分かっててやらない人」って。バレてないと思ってるのかしら。


そんな感じでパートは近所の人が多いから二次会もあったようだが、行きたい気持ちもあったけど帰った。

次の日は窯で特にトラブルもなく。
例のカラメルで助っ人が来たので(とはいえできたカラメルに焼いてある生地を乗せるだけの役目)いつもより多く窯に入れたら段々どれがどれか訳が分からなくなり(彼方此方クルクル回しては入れたり出したり)気が付くと黒いのが出て焦がしたりして「悪い、1人でやらせて」と結局1人で時間かけてやった。



19日はラジオ収録で熱海まで。

熱海って静岡県なのね。

遠征だよね。

東海道線で熱海まで行ってそこから伊東線に乗り換えてひとつめ「来宮」という駅。

雨模様だったこともあるが、前日は収録用の音源を編集してたら遅くなって車中は寝ていたが、気が付くと窓の風景が仙人が住むような霧の濃い山々になっていて幻想的だった。


10月の小田原城ミュージックストリート・ストリートの部でMCされていた方がパーソナリティーをしているとの事で打診したのだが今はレギュラーはやってなくて出られる番組を紹介して貰った形。

その方とやりとりしていただけなんだが「必ず13時半過ぎに来てください」「着替えなどの場所も時間もありません」と言われたので衣装は持っていかなかった。
「演奏はできます」と言っていたが着替えられないというテンションから「初登場だし音源だけでいいや」という結論になり一応撮影があった場合の「忍者」と書かれた市販のTシャツと頭巾風になるタオルのみ持って行った。

方向音痴だしトラブルを避けるために13時過ぎくらいに着いて地図を頼りに歩いていたら直ぐに見つかった。

クリックすると元のサイズで表示します

画像に見える看板の矢印は駐車場のものだし、左手の建物1階部分の駐車場奥に扉が見えたのでそっちに行って開けようと思ったら鍵がかかっていた。扉から「土日祝日はお休み」という札も見える。
「半過ぎに来いというのはそういう事なのか?誰かが収録のために開けるのか?」と思って多分あるだろうと更に奥に行くとやはり喫煙所があり吸いながら30分まで待つ。
その近くにも「スタジオ」という扉があったが閉まっていた。

30分過ぎても音沙汰がないので携帯で電話番号を検索してかけてみると直ぐ繋がる。
説明したら「入り口は別にある」という事で、さっきの看板の方向に行ったら外に階段があってその2階が入り口だった。

なんだ、居たのかい、過ぎに来いってなんだよと多少憤慨したが中に入ると確かに狭くて待機場所も無いからなんだろう。
それでも適当に着替えられそうな(廊下みたいな)場所もあったけど。

今回のパーソナリティー樋口さんと挨拶して軽い打ち合わせ。

本当は11日と18日がオンエアという話だったが向こうの事情により18日と25日になった。
その変更は聞いていたのでイベント(ロックの部)終了後の25日はソロの話をしたい旨を伝え、音源もオンエアの合わせて2枚に分けてCDRを提出した。

18日は全員集合で「割愛」「80年1本勝負」「時間をください」
25日はソロで「毒ヘビは急がないとか言ってらんない」「ゴミバコ」「生きてこそ」

全員集合のほうは「時間〜」以外はyoutubeにあるものをmp3にしただけで「時間〜」はRUTOのバージョン。
ソロは「生きてこそ」だけは番組(「生き生きらいふ」という番組名で老人ホームがスポンサー)に合わせた選曲にした。他もちょっとメイン級の楽曲からはワザと外す形に。

録音しながら時間を計算してオンタイムで進めるような感じでFMおだわらと似たようなスタイルだったが(主流なのかしら?)ディレクターのような人は居なくて樋口さんが全部セルフでやっていた。
樋口さんはそこで初めて音源を聴くわけで、バンド名とかを打ち合わせで話したときに「コミックバンドですか?」とか言ってたのに聴いたら印象が代わったようでその辺の素直な感想がオンエアでも分かると思う。
自己紹介的なものではあったが話しやすくて楽しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

交通費を何千円もかけて行く価値はあるのか?どうせ行くならライブやったほうがいいのでは?という自問自答はあったが、吹き飛んだ。
リスナーに響いて果たして小田原市民会館の動員につながるのか?それは分からないが手応えは十分にあった。

しかも「熱海駅がリニューアルしてサテライトスタジオが出来、FM熱海の番組もそこでやる(帯で昼間の3時間生放送)」という情報も聞けて「そこならやはり着替える場所は無いけど衣装で出たら面白い」という話から樋口さんは土曜日担当らしく「次はそこで是非」という確約もしてきた。

ただ、熱海のライブハウス事情がよく分からないね。
ジャズ系はあるようだが、あとはカフェしかヒットしない。

当面は小田原のイベントを宣伝する為に活用するかな。



夕方には帰って次の日の日曜日は夜勤の作り直しがあって3時間残業。
なんだかんだ仕事の毎日。

身体がダルくて仕方が無い。
本当はシフト上明日が休みだったが随分前に「24日と代えられないか?」と言われて承諾したので明日まで仕事で24日(と飛び石で26日)は久しぶりに何も無い。

足は働きながらなんでもなくなった。


丈夫だなーオレ。

28日のラジオまで頑張ろう。



FM熱海湯河原
http://www.ciao796.com/

毎週日曜日朝9時半から放送の番組「生き生きライフ」に12月18日、25日に出演。
ネットでも聴けます!!!!
1




AutoPage最新お知らせ