小田原で生まれたバンドが小田原に帰る  

北見から帰り、今日の休みまでは残業残業でした。

結局今月定時は1度もなく、この4日間でハロウィン商品の生産量は増してきている。

何故かハロウィンて30日だと思ってたけど31日なのね。

30日が窯なんだよね。恐ろしいね。

既にエライ疲れ切っているよ。




そんな中、小田原城ミュージックストリート・ロックの部の選考通知が来て出場になりました。
去年に引き続き変身忍者だョ!全員集合での参加になります。

去年はズンドコ物語もあって当日ははしゃぎ過ぎて泥酔しちゃってほとんど覚えてないです。
よくあんな酔っ払って歌えたなと今でも思います。

ただ動画として面白かったんでDVDにしようとしたけどお蔵入りです。

そのリベンジを果たします。

12月24日なんて凄い日程ですけどね。わざわざイブに来る人いるのかな?


その1週間前(17日)も新宿スモーキンブギを押さえた。

なのでスタジオ練習が必要なんだが日程の打ち合わせがまた困難。

よねさんは掛け持ちしてるから仕方ないけど上田先生まで忙しい。





そんで去年に引き続きラジオ出演もしておかなくてはと動き始めたわけです。

こちらはまだ放送は確定してませんがFMおだわらの「40kids」に出ます。


今年はまた一味違うんですけど、ストリートの部でMCをされていた方がラジオパーソナリティーやっているという事を書きましたけど、そこにも打診しました。
本人はラジオ休業中らしいのですが、紹介できるというのでして貰った。


その番組がFM熱海湯河原の「あたみ湯河原 生き生きらいふ」!

いやー

なんだか凄いですね。

凄すぎて想像つきませんけどね。


スポンサーが老人ホーム!


いやー


凄い。


「初老パンク」を謳っているオレとしてはいい所かもね。



今後、好評なら老人ホームへの慰問ライブなんかあるかも知れませんよ。



まーやれるだけやるだけですけど。



なので、12月よりも11月のほうが大変なんですね。

ライブ3本とラジオ収録3本(あたみは2本撮り)

売れっ子か!!!!


久しぶりに金にならないけど忙しいね。


詳細はまた。
0

北見滞在記  日常

無事に帰ってきましたよ。

眠いですしね。

サクッと行きますか。


東京は20何度かでこの時期にしてはやたら暑くて向こうは最高8度とか言ってて信じられなかったけど、それでもいつもナメてかかってるのでTシャツとか長袖Tシャツを多めにカバンに入れるくらいでサンダルで出かけた。


いや、着いたら寒かったですね。
やっぱ8度は寒い。そりゃ寒い。

しかも強風で着陸時にかつて体験したことないくらい揺れてね。ビビリましたね。

駅についても風は収まらず、ホント12月並みの寒さだった。


最初に向かったのは市役所。

とあるブツを探していたんですよ。
ライブで使うから詳しくは書かないけど例によってなんでいつもこういう難しいものを探すのかね?という代物。ネット時代においても。
俺のやる事は昔から変わらない。

今回は北見でしか探せない。

母親と電話して相談したときに「市役所ならどうか」と言われた。

「市役所はパラボにあるよ」

「え?マジ?」

パラボとは駅前のビルで、俺が子供のころに「まるいさん」と呼んでいた「まるいデパート」というデパートがあって大きいデパートとしては2軒目として(キンイチカンという漢字忘れた2階か3階のデパートもあったが)「東急デパート」が出来た。
6階の本屋はよく遊びに行っていた。そこの脇に小さい映画館があり入り口あたりにモニターがあって何故か「ファンクスvsブッチャー、シーク」の伝説的な最強タッグのビデオが何度も流れていて食い入るように見ていた。
東急デパートが潰れて「パラボ」になったが3階までのデパートになって上の階が空いていたらしくそこに市役所が移動してきたらしかった。

事情を説明したら丁寧に対応して頂き、暫くして「商工会議所にある」という話になり、寒い中、行ってみることに。

確かにあったがバージョン違い(全くブツの内容を書いてないから何の事やら解らないでしょうけど…とある音源なんですな)で、その新しいバージョンは実はネットで調べても出てくる。
更に説明して昔のものを探してもらって(ご足労かけます)見つかった。

「土曜日には(焼いたCDを)用意できます」という事で連絡先を教えて一度実家に帰った。

いやーでも見つかるとは思ってなかったのでラッキーだった。
一応、11月3日の独唱パンクで使う予定なんで、乞うご期待。



甥っ子のヒロトが猫アレルギーになったらしく、あまり家に来なくなったらしいんだけど夕飯を食べて最近建てたという妹の家に遊びに行って、ヒロトと沢山遊んで夜はブルーチッパーというライブも出来るらしいロックバーへ。
3年前くらいに出来たらしい。

11月3日の独唱パンクで共演する北見在住の菊池隼人、キクチシノブ夫妻と呑む事になったのだった。

シノブさんの存在は以前のヤケクソ日記に書いたけどチバ大三さんを通して知っていて、向こうもそんな感じで、今回の共演を期にフェイスブックで繋がっていた。
夫婦のどちらかでも北見でライブだったら顔でも出そうかな?程度で考えていたんだけど調べても予定もないようでちょっとコメントしたら「飲みます?」的な流れになった。


本当なら共演してお互いの演奏でコブシを交わした後に…
という感じが理想だったが、まー同郷(厳密には菊池夫妻は北見在住というだけで出身ではないのだけれど)という事で、滅多に会えないしね。

「軽く」のつもりが3時間も飲んだ。
どちらもプロレス好きらしく(野球も好きみたいだけど俺は全く知らないので)音楽の話のみならず幅広く話せたので長くなった。
独唱パンクのことも話した。
お互いのステージを見てないので、(俺は事前に調べたりしないし、当日の駆け引きなんかで展開していくのが好き。どうやら向こうも俺の話だけ聞いてるだけで調べてはいない様子)探り合う会話だったがそこが実に面白く。

3人だけで言うなら隼人さん→オレ→シノブさんとなるので、どこでどう変わるのか?
楽しみで仕方がない。
俺は前述の音源の事もあり、内容はある程度考えているので、プロレス色はナシのつもり。

ただ、なんらかの準備はしておかなくてはという気持ちに。


そして、こういう店も出来た事や、来年の話なんかもしているうちに「北見に帰っても楽しそうだ」という気持ちにもなった。

全国的なツアーが出来て、それで仮に生活できるようになれば、スタート地点というのは何処でもいいという考えが2年位前から芽生えている。

例えば大好きな小田原に住んでそこから始めるのも、北見から始めるのもツアーに出れば変わらない。

中心が東京だから方々に出向くのに便利というだけの話。



どういう風になって行くのか、自分でも分からない。



土曜日はいとこの結婚式。

その前に、一番下の弟「タケシ」に関するイベントもあった。

その食事会が11時からあった。

すぐ下の弟「ダイスケ」も札幌から来ていた。(子供たちの用事で嫁さんほか、家族は欠席、シュンゴに会えなくて残念)

佐藤家が揃うのは妹の結婚披露会(諸事情で式はしていない)以来で5年ぶりくらい。



なので、今回は色々なミッションが多数存在するのだった。(書いてないことも多々あり)




そこから15時だったか?いとこの式があり、向かう。


なんだかああいうのは得意ではないので、特に何も書くことはないけど。



そこから夜は披露パーティー。なんとかビール園で行われた。

まーここはエンタメというかなんというか色々と盛りだくさんだった。


いとこは嫁さんの方なんだが、旦那さんが「え!そういう事に?」とか知らないことになっていた。
これに関してはホント良かった。

誰も継ごうとしなくて、呪われたような会社になりつつあったが…

良かった良かった。

知りたい人は個人的に聞いてね。





そんでまー
身内の話ばかりでもアレなんで、俺に関することとしては、この間の「極秘ミッション」だよね。
要するにこのパーティーで用意しようとしていた「動画」のために俺はライブの動画を使ったのね。
新婦のモモちゃんの弟のリョウちゃんが企画したんだけど、ゆかりのある人達のメッセージボード付きのコメント動画を編集してDVDにすると。
最初の話では「DVDを渡すだけで当日に見せる訳ではないです」的な事だったんだけど、気合入れて俺は小田原でのライブ映像を撮って渡した。
結局は、どういう経緯かプレゼントDVDもパーティー会場で流れた。

俺の動画がタイトルバック的に使われて、そこからタイトルになって次々とコメントが流れるみたいな編集だった。

クリックすると元のサイズで表示します

うちらのテーブルだけ「豪さんトップ!すげー」みたいに盛り上がってたけど。

「おめでとーーーーー!」ってネタにした場面だけで花火のシーンはカットされていた。

もしかしたら渡すDVDには入ってるかも知れないけどね。


でもあんな白塗りが最初に出てきて良いものなのか?



旦那さんはギターが趣味らしく、モモちゃんは幼稚園の先生で、ピアノが趣味で2人で演奏したりしていた。



クリックすると元のサイズで表示します

大変な荷物になったスーツ姿を1枚。




たぶん、載せても大丈夫だと思うけど、新郎新婦と、後ろには佐藤家の子供4人。
(真ん中のおねーさんは、別ね)

クリックすると元のサイズで表示します



終わって、男兄弟だけで2次会。

恐らくこの3人で飲むのは初。

クリックすると元のサイズで表示します


なんだか盛り上がってたな。


次男のダイスケも実は俺が作った「ミニコロコミック」に漫画を描いていた事が発覚(完全に忘れていた)して、次の日に俺の部屋にある現存するブツを調べてみたが、見つからなかった。
三男タケシが俺の曲をカバーした時代があって(最初のころに組んだバンド)そのころに俺がタケシに渡したデモテープの話になり、俺も所有してないデモテープの話になったので、次の日にタケシの部屋を探したら、そのテープは見つかった。

その他、まー身内の話ですよ。

これまた3時間くらい飲んで、別れた。(そこは其々に別々なのね)



最終日はともあれ、ノンビリと。

兄弟たちは其々に別れた。


クリックすると元のサイズで表示します

両親と。

クリックすると元のサイズで表示します

ばあちゃんと。





とにかく、全ての実行された計画が上手くいった奇跡的な滞在3日間でした。
0

またまたお久しぶり  日常

いやいやいやいや

またまたまたまた

更新が。


ちょっとですね
なんだか
面倒くさいですね。


まー
バイトの方ですけどね。



年内には借金の方が終息に向かいそうなんで、来年には動くと思いますけど。



できるだけ早く何とかしたいですね。



このままでは死んでしまいます。






そんで、明日から北見に帰ります。

以前に書いたとおり、いとこの結婚式で。


また書けたら後日。



ではではお早めにおやすみなさい。
0

自由とは何か?  日常

あー

今日も残業。




いやはや

色々な事が起きるわけですよ。


何も無いのが自由じゃないんだよね。

ルールがあるから自由があるのよ。
0

第10回小田原城ミュージックストリート  ライブ

前日はテルテル坊主を作ったのみで、仕事帰りにも探し物して寄り道していたので帰宅して1時間くらい寝てしまい、そこからは妙に目が覚めていた。

でも、去年の中止もあるし、配る用のチラシは印刷できないし紙芝居とか弦交換なんかは決定してからにしようと寝た。

予報は午後から止むという事で、去年もそんな感じでフリーステージだけ開催されて「なんだ出来たじゃん」と思った。
でもそれは演じ手の気持ちだけで開催に踏み込めばステージの設営なんかは雨の中行うわけで、スタッフが居て演じ手が居てお客さんが居て初めて成り立つもの。
中止なら中止で仕方ないと思っていた。

今年に限っては現時点では公開できない極秘ミッションがあり、フリーステージのみ開催だったとしても今年は小田原に行っていたと思う。

連絡が来る7時にアラームで起きて、「途中中止もやむを得ない」という条件付ではあるが開催のメールが来た。
出来たら直ぐ出かけて現地で設営のお手伝いもしたかったが、そこから準備していたので出かけるのは遅れた。

更に乗り換えのトラブルで12時に到着予定となり、色々な作戦が後手後手になるのを防ぐために向かう電車内で徘徊するときの看板のための支柱作りとかメイクとかを済ませる。

クリックすると元のサイズで表示します

顔の文字は「祝」「拾」
気持ちを込めてみた。

先に到着して現地で準備していた小文吾。とペデストリアンデッキ付近で合流。
残念ながら審査は落ちたがフリーステージに参加すべく来ていたシラフはおでん祭りに向かったとの事。

出演開場のポケットパークで受付。

色々な方に挨拶される中、以前「うまいもん祭り」に出たときに知り合った方(fmおだわらの番組「40kids」のアシスタントりっちゃんのお友達でもある)がいらっしゃって写真を1枚撮られる。(その後、本番でも観て頂いた)

クリックすると元のサイズで表示します

チャンピオンベルトは止めるボタンがボロボロになってからガムテープで止めてるんだけど電車で簡易的に止めた程度だったので妙にベルトがずり落ちてます。


そこからおでん祭りへ。シラフも合流で「俺は天守閣前まで行く」「じゃあ、皆で行こう」と移動。
賑わう祭り会場で「あれは誰だ」「ゴールデンボンバーか」などなど周りをザワつかせながら天守閣へ。「北條ポケットパーク 15:10頃」の看板はかなり良く見てくれていた。


さあ、撮影と思っていたら「ナニカヤリマスカ?」と外国人観光客に囲まれて「シャシンイイデスカ?」とミニ撮影会。


クリックすると元のサイズで表示します


恐らくインスタグラムなんかで英文つきで俺の画像が出回っているかも知れないが調べようがなく、やはり「あれは誰だ?」みたいになっている事だろう。

クリックすると元のサイズで表示します

沢山人が居たのでギターをかき鳴らすのはどうかとポーズだけの動画なんか撮って(何処で使うかは未定)また降りる。
途中、色々な会場を見る。

やはり雨降ってないと良い感じ。


フリーステージであるみずほ銀行へ到着。

楽しみのひとつであるトナカイさん(鴨宮ジーズキャフェ)と再会。

クリックすると元のサイズで表示します

実行委員長飯山さんもふらりと現れたが忙しそうに打ち合わせしていたので挨拶だけにする。

小文吾。→シラフ→俺の順番で乱入。

クリックすると元のサイズで表示します

6回大会のときは出演していて、以降は観客でイベントに参加している高橋小一君も来ていた。


極秘ミッションをやるかやらないか迷っていたが「ハラカラ」で終わるつもりが人が段々集まってきたので決行。

ついでに花火も決行。

御殿場の野外フェス、松本城の野外フェス、過去に2回やった演出。

しかし、どうも周りがハラハラドキドキだったようで…


ホントは駄目なんだろうけどルールの網の目をかいくぐったものだし一応確認しながら注意を払ってやっている。
これで怒られて出禁になっても仕方ない。という覚悟。
不快に思わせたり、イベント自体が運営できなくなるのなら本望ではないが、楽しんでくれたという反応しか俺のところには来ていないんだから…

やっちったもんはもう戻せないからね。

それは兎も角、その後直ぐに出演の小文吾。の万葉の湯に行くが、ここは押していた。

慌ててポケットパークに行って「進行具合はどうです?」と聞いたら「定刻どおりです」というので「あんまり観れないな」と思いつつ、前述のラジオのアシスタントりっちゃんが物販コーナーに居るというのを知っていたのでアプリ前に行くも居なかった。

戻ったら小文吾。セッティング中。

「凄い人が止まるし良かった」と後で満足気に話していたが俺が観た「小文吾。のテーマ」からもそういう雰囲気で、盛り上がっていた。

先頭の人が旗を持って歩く謎の観光団体が通り過ぎた時の風景が面白かった。

でもこれも後で聞いたが1曲目が終わるまでPAのミスでスピーカーからFMラジオが流れていたらしい。彼はそういうのを引き起こす。



俺はポケットパークへ戻り準備。

ホントに定刻どおりに出番が来た。



ライブのことは野望ブログに詳しく書きますが、極秘ミッションは今のところ何処にも書けない。

「立川いったい音楽まつり」で「いいぞー」「そうだそうだ」と、やたらウケている人が後ろに居たので演奏しながら何気に確認したらフリーステージにいつも居るオジサンだった。
以前「ラジオ聴いたよ」と言ってくれたオジサン。ありがとう。

1回目2回目がポケットパークでそれ以来だった。
その時ほどは人が集まらなかったけど、やはり人は止まりやすいように感じた。

DVDを購入された方や、「11月のイベントのチラシある?あ、東京?」と問い合わせて来た方や(流石に東京は行けないようだったので出演の合否は兎も角年末のロックの部を宣伝した)、反応がかつての感じで良かった。
知らない方がフェイスブックで「思わず立ち止まってしまい、なんか、いい」と感想をコメントされていました。
その写真

クリックすると元のサイズで表示します

他にも【お客様の中に「あっちでね、変身なんとかってコが歌ってたんだけど、なんか面白いわね(*^^*)」って言ってたオバサマがいらっしゃいました☆彡】という情報も入って来ました。

ポケットパークで司会をされていたお姐さんはフリーアナウンサーでラジオ番組(fm熱海)も持っているという事で、やたらウケていて「出てください」と言っていたのでいつか出られると思います。


これだから小田原は楽しい。

スタッフも素晴らしい。

ホントに良いイベントです。

音楽好きな方は旅行がてら行くだけで楽しいと思いますけどねー。

野望ブログは明日!
0




AutoPage最新お知らせ