ご無沙汰してます。久しぶりの癖に仕事の話でなんですけど。  日常

遠征明け、ここんとこは18時台に終わったと思ったら20時まで行ったりと、ま、残業には違いないんですけど時間差が激しく。

19時まで行かなかったら「早いな今日は」とか思っちゃうんだから嫌だよね。

なんかブログ書くには中途半端な時間と気分のまま過ごしていました。


残業の長い短いは単純にその日の面子とかなんですけどね。生産量もありますけど比較的人員的な部分でしょうね。
個人差も出てきてますよね、実力差というか仕事の速さ。
オレは仕上げの仕事は苦手だけど他は割かし速い方。
「佐藤さんいるんだ、良かった」みたいに言われますよ。お世辞じゃないと思うレベルで。
でも人数には適わない。沢山いたらそれだけ早い。


先月から中途採用の社員さんが来たりバイトも先月から今月から2人入ったり新入社員も明日から1人オレの居る階に来るらしい。

とはいえオレの何ヶ月か前に入ってオレが入ったときに仕上げに行った人が辞めちゃうけど。
奇形児のドラムの人を知ってた人ね。


オレ、仕事を教えるの苦手でね。

窯に行くことが多いから窯は1人なんで新人さんと接する機会が少なくて助かってますけど。

実際、以前書いたけど「仕事覚えたら見てろよ」なんつって覚えるのが比較的早かったので何週間かでほったらかしにされた。
「ここのコレ、まだ教わってないんですけど」「そうだっけ?」みたいに知ってるのが当たり前みたいに自然となっていた。

「体で覚えるまで頭で覚えたら?」とかそういう事は言えるかもしれないけどそれは教えるとはなんか違うし…基本的な動作を説明するのは苦手。


新人さんが懇切丁寧に教わってるの見てると「あんなに丁寧に教わってないなー」なんて。
あんだけ丁寧だと返って覚えるの遅くなりそうだけどね。

最初は人一倍シュミレーションしてたから。
終わったら「今日はこれとこれやったな」寝る前は「朝はこれやってああでこうで」通勤時も「こうでこうで」と、実際に始まったら知ってることからやりながら人の動きを見て「あーこれはこうか」「あーこの成型のときはこれも用意するんだっけ」とか覚えて行った。
何かやって注意されたら二度とやらないように繰り返し繰り返し記憶していたし。

体で覚えるまでは頭でそうやる。

ライブと同じ。
曲順や段取り覚えて「ここでMC」「ここでこの演出」「この曲の歌詞は怪しい」と本番まで繰り返し繰り返し頭で覚える。


豆腐屋の時に「人間は1日に3つくらいしか覚えられないから3つ決めたらそれを覚えなさい」と教わったけど、次から次から言われるから3つ以上覚えなきゃならん位にここの仕事は覚えることが多かった。

あと、兎に角間が無く動くよねここは。
豆腐の製造工場のバイトやった時は初めての長期バイトで作業と作業の間のちょっとした待機時間でも「なにかやること無いですか?」なんて聞いたりしていたが「待つのも仕事なんだよ」って言われてカルチャーショックみたいの受けたな。

それからはそういう「間」も作れるようになったが、ここはもう手が空いたら少しでも何かやらないと駄目みたいね。

そういう動きも覚えた。

でもまーこの仕事は性に合ってる感じはするけどね。

何ヶ月か先輩のおばちゃんにも「天職じゃないの?」と言われたが、そこまでではないでしょう。それなりの努力をしたのだから。


先月の中途採用の社員さんなんか若くてピチピチしててなんでも直ぐ覚えてバイトの使い方も上手いしああいう人を天職というのだろう。
パンの製造の仕事をやりたくてやってる感じ。

オレはお金貰うためにやってるだけだから。

120%でやっておけば90%でも80%でもメリハリつけて出来るからやってるだけ。



その子がちょっとした時に「佐藤さんはビジュアル系なんですか?」っていうから「うん、まーそうですねー」と答えた。
「動画とかあるから調べて観てみてー」と宣伝しておいた。

お父さんがオレと同い年だってよ。

ひゃー

オレは何をしてきたんだろうね。


嫌だ嫌だ。
0

追記  日常

書き忘れたことなんかを。


伊勢に向かう道中。

自衛隊の車が列を成して走っていた。

「災害派遣」とかなんとか書いていた。

翌日のパンチラ先生(熊本のミュージシャン)のフェイスブックでの書き込みに「自衛隊が来た」とかあった。

炊き出しだったようだ。

あーあれが到着したんだと思った。




マシマロレシピギターの方はプロレスファンで、新日本のオカダカズチカのTシャツをデザインしたらしい。
そのTシャツを着ていた。

オフィシャルって凄いよね。どういう経緯で?と思ったが、あまりユックリ話す時間が無かった。

いつか聞いてみよう。




最後にこの写真

メキシコとかアメリカの怪奇派レスラーにしか見えないんですけど。

風景が風景だけに。

クリックすると元のサイズで表示します
0

滞在時間18時間!伊勢ライブの旅  ライブ

クリックすると元のサイズで表示します

無事に伊勢ライブ終了しました。

今回は「マシマロレシピ」という伊勢で活動しているポップスユニットの細江さんが企画して呼んでくれました。

細江さんは祥人の知り合いで…またまた祥人繋がりでホント彼は偉大な人物だと思いますけども、去年の40にして惑わずのかくし芸大会にわざわざ東京まで観に来ていて、そこからのご縁です。

一緒に呼ばれた小文吾。とどういう風に行くか相談しまして、個別に新幹線でも良かったんですけど計4名の移動なので車が安上がりなんじゃないかという話に。
ただ彼は今月御柱祭りで帰省していたりあまり時間が取れないらしく、土曜日の午後からの出発となりました。

いつも(長野とか小田原)なら話しているうちに着いちゃうんですけど、なんせ6時間を越える大移動で話すこともなくなってきたり運転は任せているし大変だったと思います。


午後10時過ぎに細江宅に着いて、夕飯をご馳走になりつつなんだかんだ夜中まで話してしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

「イセラ」という地域情報誌に載せて貰ったようで。フリーペーパーとはいえ立派な雑誌で、嬉しかった。ライブハウスだとこうはならないよね。
細江さんのそういう姿勢が素敵です。
オレも時間が無いとか言ってないでもうちょっと頑張ればよかった。

オレはついつい焼酎を飲みすぎて朝起きても残ってました。

9時には会場入りなんで尾崎咢堂記念館へ。とはいえ直ぐ近くでしたけど。

クリックすると元のサイズで表示します


やっぱ肝はセッションタイム。
リハ時間で色々と決めたりして、大変でしたけど概ね好評な会場の空気で良かったです。

サルビアも知ってる人いたみたいだった。石狩挽歌も。

リハの段階で急遽、小文吾。の提案でマシマロレシピの「大好きブルース」(原曲は祥人の大嫌いブルース)を最後にやる事に。

クリックすると元のサイズで表示します

この選曲は良かった。

でもカバーに関しては全部そうかも知れないけどリハの方が良かったですね〜。
まーそういうもんかも知れないけどね。


細江さんのヘルニアで「おやおや」っとなり、入り時間では嵐のような雨。
「災害男」の本領発揮となりそうでしたが「晴れ男」らしい細江さんのお陰か始まる頃にはウソのように晴れてました。ヘルニアは良くならなかったけどね。オレのせいかもよ?

晴れたからか、お客さんも集まってきて、賑々しく終わる事が出来ました。


帰りの関係で長い時間入られず、片付けたら直ぐ出る事に。


始まる前に色んな場所で撮影していたら館長さんがいて挨拶。オレの顔に「咢堂」と書いてあるのを目ざとく発見。(これ読めないよね「がくどう」というらしい。変換も出来ない)
帰りも直ぐ出なきゃならんのに少し話した。
会場は2階で管理室みたいのが1階なんだが漏れ聴こえる音を聴いていたようで「ジャンル別け出来ない超越した感じですね」などなどお褒めの言葉をいただきました。
紙芝居は観てないでしょうけど、観たらなんて言うか興味深々ですね。

みなさんに挨拶も早々に出発。
また6時間かけ東京に。

12時前には帰宅出来ました。


滞在時間18時間くらいという慌しい伊勢遠征でしたが、楽しかった。

観た人はどう思われたかですね。ライブハウスに来る感じの人達が少なかったんで気になります。好評だったら是非またやりたいですね。


自分のライブについては野望ブログで。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

時間をください  日常

今日から3連休を取った。

今月は予定通り休みを2日プラスした。

収入は減るけど全然安定しているからライブが多くなったり遠征があったりする月はこういう感じで増やしたいね。


昨日は窯だったけど作業中に入社して3年の女の子が今月で辞めるそうで挨拶してきた。
出荷にいたり夜勤だったりしていたからあまり会った事は無いけど、挨拶されると妙に寂しい感じにはなるね。第何の人生か知らないけど頑張ってください。



にしても時間が無いです。


明日の伊勢ライブの為に何か出来ないかと三重のFMラジオとか調べていたんだよね。
ミニFMとかも含めて3つくらい候補があったから「問い合わせ」というのがあったサイトだけ「伊勢でライブやっからどっかで音源流してくんねーかなー」と、実際は丁重な文章で送ってみようと思っていた。

流れる流れないは別として行動しないと始まらない。

当日もビラ配りとか路上ライブとか相談していたんですけどこれも出来ない感じで。

結局、中途半端なまま時間だけが過ぎてしまった。



北海道のときはそういや局に音源送ったけど何も無かったなー。



遠征とはいえ単発が多いから一発一発を重たくしたい。


クリックすると元のサイズで表示します


そんじゃ、ま行ってきます。
0

お、おれのせいではない  日常

大丈夫ですかねー

熊本は。

ご無事を願います。



ちょっと前に三重県でも地震あったよねー。

「オレが行くからじゃないか?」などと災害男は今からビビッてましたが、熊本とは…

長野行ったときにねー終わってからだけど地震来たもんね。なんだか笑い事ではないよね。

いや全部がオレのせいじゃないよ。





伊勢ではカバーをやるので「サルビアの花」に決めて練習しました。まだ覚えてません。

「田舎なんで知ってる曲をやったほうが良いと思うので」という主催の要望なんですけど、「佐藤豪はカバーやらないんじゃないの?」というイメージが「立川いったい音楽まつり」という曲によって付けられてしまいましたが、特にカバーやコピーを否定している訳ではない。

立川のは「お前らの曲は誰も知らないんだから有名な曲を入れて通行人の足を止めてください」という発言に対してのもの。

知ってようが知らなかろうが足を止めさせる方法なんて沢山あるんだよという反発。

誰に物を言ってるんだというね。

レベルを下げて話してるんでしょうけど、一切合財一緒にすんなよ。審査でアンタらが選んだんだからアンタらがケツを拭きなさいって話さ。



でも

誰でも知ってる曲って難しいよね。

小文吾。は「石狩挽歌」やるんですけど、「知ってるよね?」「知らないよー」なんて会話をしたよ。

最後に出演者全員で「サントワマミー」やるけど流石にこれは知っていた。

でも観てる人が全員知ってるなんて保障は無いよね。

オレが勝手に「サルビアの花は有名だよな」と思っているだけで、知らない人も沢山いるんだろうなー。


だから


オレは衣装やらメイクやら紙芝居やらで分かりやすいようにしてる訳。

結果

わけのわからない世界になってますけどね。

それで

足が止まってるのも、また事実だよ。
0




AutoPage最新お知らせ