石ノ森先生から学ぶ  テレビ

金土日とあまり寝てなかった上に月火と植栽の仕事で穴掘りとかしていて、今日の休みは死んでいた。
身体が動かなくて、ろくに食べもせずに寝ていた。

http://video.fc2.com/content/20141210FZtxrnBn/&otag=1&tk=TXpBek5EZzBORFE9&start=6.225

昨日、林修の番組で石ノ森章太郎を扱っていた。
彼の生き様から学ぶという番組。

最後の「人から見て幼稚だろうと何だろうと、自分が面白いという事をやれば、人生はそれで十分なんだな、と。他人に褒められるように生きる必要なんてまったくない。それが世の中に受け入れられるかどうかは、あくまで結果しかない。」と言うのは、んー確かにそうなんだけど…。
やっぱり成功した人の台詞なんじゃないかとも思うよ。
十分という気持ちもありつつ、結果、食いたいもの。オレも。


半ばくらいで「手段」と「目的」について話している。
石ノ森はお金を貯めないで遊びに使っていた。
それは「目的」であって、漫画を描く「手段」ではなかった。
漫画を描く為に旅行に行くのではなく、旅行に行きたいから行って、結果、サイボーグ009が生まれた、と。
これは手塚先生の「漫画で漫画を描くな」と同じような意味合いだよねぇ。
林修が「勉強の為に本を読むのではない」とか言ってるけど、そういう事だと思う。

「競艇なんて」を作る為に競艇に行ったわけじゃないからね。

何度も書いてるけど「人を動かしたい」という目的があり、手段として歌ってるんですけど、その先にはやっぱり「食いたい」というのもある。

他の人がどういう目的で歌ってるのか知らない。

「歌いたいから歌ってる」人たちとオレがちょっと違うのはそこら辺にあるんじゃないかな。

ワンマン時に小文吾。が「予選ライブで金玉を歌わないで保護法とか原発を歌ったら通過したんじゃないか、豪さんに金玉って言われなければ」と冗談交じりに言っていたが(でも、「金玉歌ったら?」ってメールで書いたら、彼も「歌うつもり」って返してきたと思ったけどね)確かにそういう結果も出たかもしれないし、オレも分からない。
曲なの?という疑問はあるよ。オレは気持ちなんじゃないかと思うけど。
じゃあ、オレが通ったのはオレが選曲した訳で、その感覚で金玉って言ったんだから、それで落ちるのはどういう事?って思うけどねー。

いやこれはケンカしようと書いているわけじゃないよ。
真剣に「表現とは何か?」を考えているのさ。

更には「紙芝居やりたいって言ったら(オレが)やってもいいけど周りがなんて言うかって言われた」という話をしていたが、確かに言ったけど、オレが判断することじゃないからね。
ミゾの企画に出たときに八王子の子に「オレも紙芝居パクっていいですか?」って言われたけど、オレにそんな使用権限ないからね。
実際に創作物語の紙芝居で歌を進めていくユニットと共演したし、絵を掲げて歌っている人も増えてきて沢山いると思うし、自由だと思う。

でも、そういう人たちと、オレのやってる事って、ちょっと違うんだよね。

そういう人たちって「面白いだろう」と思ってやってる。
オレは、「紙芝居をやったらウケる!」なんて思って始めてないんだよね。
それが「目的」じゃなかった。
目的は「人を動かす」だから。
FMおだわら出演時でも話したけど「漫画家を挫折した」という事実を「恥だ」と思って隠しながら歌っていたけど、苦しくなって苦し紛れで出したのが「紙芝居」だから。
スタートが違う。

だから「面白い」と思って紙芝居やるなら構わないけど、紙芝居だろうが他の小道具や衣装や演出だとしても始まりがそこだったら同じ事を繰り返すだけなんじゃないかと思うよ。

多分、ちょっと、オレのは「深い」。そんで「説得力」がある。
予選ライブも「80年」「プリン」やって「こんな事してますけどバイトで生活してます」って「刈り込み」やって「実は漫画家になりたかった」って「オバQ」やって、「ハラカラ」で終わった。
それを見ていた人が納得したんだと思う。

あのメイクで、あの格好で、そこから紙芝居だし、インパクトはある。
でも、そこだけで票を取ったわけじゃないんだと思い始めている。

例えば、来年の予選でオレが紙芝居抜きでやって、通過したら?

これが答えになると思うよ。

オレはモチロン、自信あるよ。
1




AutoPage最新お知らせ