メタリカ・スルー・ザ・ネバー  日常

代官山パンク日和の立花くんは映画関係の仕事をしているのですが、メタリカの映画の試写会招待のお知らせが来まして。
メタリカったらアンタ、聖飢魔Uから洋楽に移ってメイデンだジューダスだサバスだって聴きまくってメタリカに行き着くって言うね、10代。
ま、筋少とか人間椅子とか色々派生していくけれど、メタリカは洋楽の括りでは別格。
しかも映画とライブが合体して3Dっていうね。
こりゃー行くしかないべ。
田舎に居た頃に海賊版ビデオ売ってる西新宿の店からメタリカとかキングダイアモンド買ってね。隠し撮りの小さいジェームズ観てた。
上京してその店に直ぐ行ったさね。

よりによって今日のバイト作業は過酷。
ネコ(一輪車)で何回も往復していた。
疲れきって沼野君と合流して(昨日、ウチに遊びに来て柿と米を頂いて、話の流れで2人で)川崎へ。

流石立花くん絡みだけあって、フロアでパンク日和ベースの佐藤さん発見。
チラシ配る仕事中の立花君発見。
椅子に座れば隣は同じくパンク日和のドラマーきょべさん。
別の一角には電気醤油の悟さんわっきーさん夫妻と娘。
全て、沼野君が見つける。特技だな。
全然まわりを見ないオレ。
しかも終了後のインタビュースペースで動画用のインタビュー受けてたのが志木HOLEの店主、ヨコイガワさんという。

映画は良かったッス!
久しぶりにテンションが高揚。
椅子でヘッドバンキング!
ライブ映像は凄まじかった。
カメラ30台による撮影はいつのまにか太ってハゲたドラムのラーズの頭頂部まで映し出す。
ジェームズは相変わらずカッコいい。
カークはまた髪伸ばしたのか。
ベースは3代目で良く知らないが動きが不気味。
カークのギターには「ホワイトゾンビ」と英語で書いてあるがバンドのホワイトゾンビかしら?
ジェームズのジャケットの背中にはモーターヘッドのロゴ。
メタル系では親交のあるバンドのTシャツを着て撮影したりする。
沼野君が自分のギターにオレのステッカー貼っていて批判受けたが、アレは別におかしいと思わなかったけどね。ハラカラPVでそのギター壊したけど。

1曲目がイキナリ「クリーピングデス」!
空耳で「豪さん」って聴こえる部分あるんだよ、アレ。
歓迎されたようだった。
オレの「見切り発車」はメタリカみたいな曲作ろうと思ったらああなった。
「時間をください」は「ナッシングエルスマター」のコード進行をパクっている。この曲もやっていた。
知らない曲もあったが、ほぼ往年の代表曲。
10代の頃に戻ったようだ。ライブは行った事なかったし。

インタビュー出来る人を募っていたが、オレは遠慮した。
「メタリカも見ますよ」なんて言われると尚更。
なんだかヒーローに接するようで、ダメだった。

素晴らしい時間を頂きました。

立花君ありがとう。
3




AutoPage最新お知らせ