ニッカポッカ  日常

床のタイルとか言ってたからあの辺かしらと思ってたらコンクリートの床のエリアを掘削機のオヤブンみたいので崩し始めた。
なんだかワケも分からずバールで崩してるソバから掻き出す。
そーしないとドコまで崩してるか分からないようだ。
確かに一人より二人の方が早い。

やりながら要領得て夢中で引っ掻いていたらやたらと時間の経つのが早かった。
メシの休憩がユックリに感じるくらい。


兎に角、舞う粉塵が半端なくて息苦しくて死にそうだった。
あっという間にマスクが黒くなる。

今まで経験した中でも体力的にきつかったベスト5に確実に入るね。


もうやりたくないね、と思ったが今日も夜勤なのだ。間違いなく続きなのだ。

帰って風呂入ってメシ食ったら直ぐ眠くなって寝たけど起きたり寝たりでまだ午後の2時。
そして眠れなくなった。

ずっと夜間やってるらしい委託業者?派遣業者?の解体屋だか土建屋だか分からないけどそこの親方がニッカポッカで。
ニッカポッカって見た目が嫌いというか、なんか偉そうに電車乗ってたりするからね。

この親方もNo.2らしきデカい兄さんも着こなしが格好が良くて。
身内には厳しいのだろうが余所者のオレには強面とは裏腹に優しくてね。

ニッカポッカ見直しました。

要は中身という事だね。
なんでもそうだね。
0




AutoPage最新お知らせ