北千住にて  日常

給料日。
そして明日から1ヶ月干される。
収入ゼロ。
7月に最低限必要な金を確保して残りの金で6月を暮らすが恐らく途中で尽きるであろう。
なんとかしなくてはね。


そんな状況も関係なく北千住へ永田マサユキを観に行く。
シラフさんのライブで良く会うのだがライブを観るのは祥人さん加えた「3人旅」以来かな?
いつも行こう行こうと思いつつ忘れたりして見逃してた。


オレはギターの音とか全く気にしない。
気にしろと怒られる時もあるが未だに良く分からない。
エレアコの音もPAにお任せ。店によってセットリスト用紙に【音響】とか書くときは「ブッ太い感じで」とか書く程度。
アローンは付き合い長いから分かってくれてるし、ここ北千住の店長高橋さんは心理療法の先生のようにいくつか質問されて「そうっすね」なんて答えてるうちにメチャクチャ良い音に仕上がる魔法使い。
任せるに限る。
この間のエレキもミゾが作ってるしね。
今更音を勉強してもボブサップみたいに「キックの練習したら弱くなった」みたいになりそうだ。
代わりと言っちゃなんだが朗読や紙芝居でカバーしている。


なので人のライブを観る時ももギターの音も気にしないし言葉もメロディも。
全体の「カタマリ」を体で受け止めるようにしている。
そこから耳に入る言葉とか音を拾ったりする。
今日の永田さんはギターもメインではないらしいが、気にならなかった。
一言で言うと「レスラーの悲哀」を感じた。
スポットライトが似合う感じ。

永田さんもプロレスマニアで会うと二人でコソコソと誰にも分からない話をチョコッとするのだが、永田さんはプロレスの「プ」の字もステージに出さない。
オレはもう露出狂と同じくらいチンチンモロ出しだが正反対。
チンチンも無いですって感じ。
でもレスラーの悲哀を感じたんだなぁ。


それにしても三上寛さんのフォロワーというのは(一緒にして良いのか分からないですけど、間違っててもゴメンナサイね)
永田さんもシラフさんも敬々さんも函館くんも赤城山で共演したヌルマユ永井くんもフォロワーらしくないというか全く匂わせないステージをするね。
三上さん自体が強靭なスタイルだから真似しようもない訳だけど。
それに比べ「ミチロウみたい」と言われるオレはまだまだなのかも。
でも知らない人には「新しい」とか言われるし間違ってはいないとは思うけど。


終わって会場に来てたシラフさんと祥人さんと4人で少し話して帰った。
寛さんと友川さんが共演した時に永田さんと祥人さんが楽屋に挨拶に行った話しが面白かった。
友川さんにプロレスの話して延々怒られていたのが後に敬々さんと知ったと言う話は敬々さんからも聞いたと思ったが何度聞いても面白い。
三上寛vs友川カズキなんて猪木vs馬場みたいなドリームマッチだね。
他にも三上寛vs山口富士夫とか。
オレの倍以上キャリアが長いから色んな人と対バンしてるから面白い。

羨ましいけどオレも無駄に10年間過ごした訳でもないしシラフさんも同じような思いはあるだろう。
始めた歳など関係ないと思いつつも…羨ましい。
否、これからこれから。
0

取りとめもなく  日常

またまた突飛な視点からなんか書こうと思ったが、歌詞に出来そうだから止めた。

散水の仕事で楽だった。

新しいメダカ池だが、10匹に増えてた。
まだ赤ちゃんだから良いが、マジで増え続けたら今更ながら怖い。

たまに日記を読み返したりすると、やっぱりオレ乱暴だな。
反省する。
優しく批判したい。


本気になればなるほど周りにイライラする。

0

相変わらずだなぁ…  音楽…他

昨日は無事に投げ銭終了。
初めてなんでなんか不安だったがなんとか。
でも向いてないやね、オレは。
前橋でも「投げ銭あるけどやる?」って言われてどうやってやっていいか分からないからやってなかった。
サムライのカッコした面白かった流しがやってたけど、上手かったモンね。
でもね、悪いけど中身がないというかね。
そういう「流し用」になっちゃうのよ。
方向性つーか。
紙芝居ばっかやればなんとか成り立ちそうだけど、中身が薄くなる気がする。
「これで生きる」という覚悟があれば大丈夫だけど、オレにはないのでね。
実験的にやってみたけど、でも世間に通用しそうな事は分かっただけでも儲けモノ。
ゼファーの店長とめぐさんに感謝。
ああいう条件でやると心が強くなるよ。マジで。
「鉄拳だ」「鉄拳だ」って演奏する前は言われてたけどやったら黙ってたねぇ。
志木でもJETリンダに「鉄拳だ」って言われたけど演奏終えたら何も言わなくなったね。



昨日ゼファーにいた時に「スマステーション」で80年〜90年代バンドの何かやってたね。
影響受けたベスト15だっけ?
大体予測つくから見なくても良かったが録画してみた。
1位はボウイの方が無難なんじゃないのかなぁ…
誰に影響なのかが分からないけど個人ではなく音楽界とか後世にとかならば、ボウイである程度皆さん納得しそう。
他はブルーハーツとエックスと。
フォロワーが多いかどうかで言えば。

別にどうでも良かったけどね。
昨日出てたバンドがー「馬場猪木」な訳。
陰に隠れた「上田馬之助」みたいなバンドもいる訳さ。
プロレスほど分かりやすく「意図的に」持ち上げた訳じゃないけど、意図しないトコロかも知れないけど昨日出たバンドを盛り上げてやった連中もいる訳さ。
そこに触れないでああいう「昔を懐かしんで元気の良い時代を思い出して頑張りましょう」みたいな事やるから…
ドンドンとダメになるよ。
だって子供たちがスターしか観なくなるんだモノ。
だから育たないんだよ。

視聴率とかあるんだろうけどね。
ハンパなことは止めて欲しい。
0

まだ調子悪い  日常

2回も電話して聞きながらパソコン内の設定を変えるもまだ切断される。
繋がったり切断されたりで思うように進まないが野望ブログ書きました。

今日はブッキングライブではないがゼファーに行って投げ銭ライブやる予定。
イベントは「サザンナイト」らしいから終わった頃に行く。
つまりサザンとか演奏して楽しんでた客がいるところにオレが出ていくわけだ。
紙芝居リクエストなんで、ただ単に羅列するだけだから楽だ。
こんなんで喜んでくれたら俺も苦労しない。
ブッキングじゃ絶対やらないけど。



両国前日に見つけた。
なぎら健壱「男は馬之助」


MUSHA×KUSHA「カルマ」

これが梅原さんかぁ…ソロとは大違いだわ。否ソロも悪くないけど。
0

パソコンがぁ…  ライブ

どうもネットが調子悪い。

プロバイダのサポートセンターに電話して聞かないと分からないが今日は仕事終わりで恒例のランニングをしたんで帰ってきたら受け付け時間ギリギリで諦めた。

ネット繋げてもすぐに切断されてしまう。
騙し騙しに野望blog大久保HOTSHOTは書いたが昨日のレポの途中で全く繋がらなくなったんで、明日なんとかします。

ただいま携帯から。


昨日は祥人さんが観に来ていてまた面白おかしく日記を書かれていたんでリンク貼っておきます。
http://hp.kutikomi.net/yoppon/?n=diary1

なんとなく全体像は掴めるのではないかと思います。

ソロと一言で言っても弾き語りとは違うテイストのアーティストも増えてきた。

昨日はメチャメチャな感じと正統派な感じがバランスよくブッキングされていた印象がある。
観ていて飽きなかった。

オレも見た目はゲテモノの類いな訳だが、中身は全うで底無しに深いつもり。
一番総合的なスキルは高いと自負している。


中身を理解し認めて貰って最大級の評価を頂いていると感じるサンライズはこれからも良いお付き合いが出来そう。


池田さんと話していて関西方面でバンドマンがプロレス(もどき)をやってる団体があるらしい事を知る。
なかなか東京には来ないらしいが池田さんはサンライズの会場でプロレスやるような企画も画策されているそうで、オレも一枚噛めそう。


新東京歌謡プロレスという企画に参加していた時は「これしかない」と全力を注いだが夢半ばで破れた。

当時からプロレスのリングで歌いたかったし、レスラーを呼ぶような企画をいくつも考えた。
パパビートで画策して未遂に終わった事もある。
とりあえずその団体に参加しているバンドが東京に来た時に「佐藤さんと絡めたい」という旨を伝えられたので是非にとお願いした。
すぐどうこうとはならないだろうが、追い掛けていれば必ずチャンスはやってくるのだ、と感じた。
感謝した夜であった。

それもこれもオレの腕っ節(ステージング)がものをいう訳で…
常々、名刺など要らぬ、オレのステージが名刺だと貫いた結果だ。

諦めた人間にはザマミロと言いたい。
0




AutoPage最新お知らせ