確定申告  日常

休み。
兎に角寝ていた。
こんなに寝たのは久しぶり。

「ぬおっ損したぜ」と思うくらい寝た。

確定申告に行こうかと思ってたが行く気にすらならず。
そんでシコタマ寝た後に色々調べていたら…
杉並では税務署でやってたから同じく江戸川も税務署だろうと思ってた。
でも税務署は所得税で住民税は役所。
はて?オレが杉並でやってたのは所得だったか?住民だったか?
良く分からないが江戸川区のサイトで「はい、いいえ」の表で当てはまる方に進んでいくと「住民税」を申告すれば良いみたい。
そういや何か郵便物が来ていたと開けてみたらどうやら住民税はコレで郵送すれば良いみたい。

多分だけど。

わざわざ休みに行かなくていいのかと安心したら面倒くさくなって途中で止めるのがオレ。
そのままの勢いで書いてしまえば楽なのに。

なーんだかややこしいが少し還付金が出るだろうし、やらねば。



そんで「自分番組計画」
去年、麦畑飛魚というシンガーがいて、彼が自宅から配信する番組に出た訳だが、その後、デジカメを使えるようになって(オレのじゃないんだけど)youtubeに次々と工夫凝らした映像を連発するようになった。
ただのライブ動画だとどうしてもアクセスはたかが知れてるからね。

自己満足では絶対にないし、自分のお客さんの為を含みつつ更に世間に伝わるように。

飛魚は知ってる人は知ってるが、ああいうノンビリしたヤツなんで自宅でダラダラ喋る番組が似合うと思うがオレはそうはいかない。
中村ケーシも最近やってるようなんで観たらヤッパリ自宅でダラダラ系だった。
1月の生誕祭で使った映像は全て自宅で撮ったが自宅には見えなかった筈。
ああいうノリで「ニュース番組」風で行こうと思う。
より自分の活動が分かりやすくする為に。

ダラダラとトークする俺を誰も見たくは無いだろう。
1

あれやこれやとひと騒動  日常

久しぶりの剪定班。

楽だわ〜


楽だとアレコレ考えちゃうねぇ。

昨日ミクシィのノルマなしコミュで吉祥寺の店がバンド出演急募してたので墓石で応募。
応募して寝て起きたら金魚のフンコロガシ経由でメッセージが…
柏のライブハウスからで墓石にオファー。
オファーって言っても昨日の話ではないがお金取られますよ。
ノルマなしのが決定したら4月12日でオファー来たのが4月10日。
メンバーにメールしまくり。
どちらもスケジュール大丈夫という事で、ノルマなし急募は応募だからどうなるか分からんが、柏の方には「出られます」と返信。
しかし「動画を観まして是非とも…」という文面で、墓石のページを見たら「ジョンレノン」企画の告知動画がトップに来ている。
御存知、この告知動画は使用可能音源を使っている。墓石ではない。
「まさか、この動画で判断したのか?」
少々の疑問を抱きつつ返信を待っていたら「ありがとうございます!ジョンレノンの動画に感銘を受けました…」とか書いてきたので「案の定!」と思って「あの音源は…」と説明。
しかし分かっていた模様で「勿論他のも観ました!ガスバーナー最高!」というハッピーエンドに。

その間、メンバーに逐一報告してたら「柏の方?吉祥寺?」皆パニック。
大騒ぎでした。
ついでに練習日もメンバー間で探り合うも皆忙しい。



ツイッターに書いたが、自分の短い番組を作ってyoutubeにて月イチで配信しようかと計画している。
ソロにバンドふたつという忙しさで野望ブログではフォローしきれてない気がする。
もう少し整理された情報を提供できないかと思って。
全部自分でやるから何処まで出来るか分からんが…

パリひとしさんのブログで「弾き語りシーンを追った雑誌があれば…」という内容の日記がチョット前に書いてあって、そのアレンジというかね。
雑誌は難しいと思うし。

その作る番組が発展すればオレが観に行ったライブの模様なんかも上手く伝えられたら良いなってね。
動画による日記というかね。
絵日記の動画版。
ネットならではの。
勿論、視聴者の興味を見据えたもの。
お互いに発展できるような。

というアイディアさ。

まぁ…
出来るかは分からないけど。

パクらないでね。
協力者がいたら教えてください。
一人より二人より沢山がいいと思う。
1

企画  日常

4月の企画ライブに出演する祥人(よしと)さんが高円寺ワンマンに来ていた。

http://hp.kutikomi.net/yoppon/?n=diary1

彼の日記です。
話に出てくるシラフさんとは一番古い付き合いで、アピアに出始めて確か3回目の時に共演している。
2002年の2月だったと思う。
もう9年になるのね。

その1年後に何故か彼はオレのライブに観に来ていたがオレが豆腐屋で忙しく、昼の部ライブでオレの出番終了後にまた店に戻らなくてはならぬ日が1度あって、その日に来てた。
ホントはそんな抜け出すような事をしたくなかったが、仕方なかったという事にしておいて。
慌てて清算して出ようとしたら「当日券で来てる」とか言われた訳だ。
それがシラフさんだと分かり、アピアのスケジュールを毎月見ながら行ってみようと思ってたら実は彼はもう出てなかったのだった。
知らずに毎月見てた。
ネットも流行始めで、オレはパソコン持つの遅かったから、更に1年後にようやく彼が千葉の人でまだ活動している事が発覚したのだった。ネットは便利だ。

そのシラフさんと仲が良い(ケンカ仲間?)祥人さんは以前にも三人旅とかいう企画で見た事があった。
先日の北千住でシラフさんとの共演でまた観たのと、4月の同い年企画で1人足りないと思ってたら祥人さんも同い年という事で…オファーした。

それで来て頂いたのかよく分からないが、オレは彼を観てても彼はオレを観た事がなかったのがこに日記で分かるね。
あまりにも文章が面白くてステキだったのでリンクした次第。

是非とも読んで頂きたい。

ミュージシャンと言われたり芸人と言われたり忙しいねオレも。


シラフさんは自分の企画にオレを誘ってくれた事があるのだが、オレはなかなか呼ぶ事が出来なかった。
変な企画ばっかり千葉から遠い八王子でやってたからね。
今回ようやくお返しできる。
「企画をオファーされた」なんて言っても「ノルマが○枚で」とか言われてガックリ来る時がある。
事情は分かるけどね。箱代は馬鹿にならないから。
企画自体あんまり呼ばれる事はないけど、少ない経験の中でもシラフ企画はノルマなしだったから良かったよ。
後は独パンくらいかなぁーちゃんとしてたのは。


まぁ、そんな事は兎も角、思いついたら色々とやって行きたいもんですね。
1

なんでもない日  日常

ひたすらボンヤリしてた。

ただひたすら。

金もないし。

でも頭の中はクルクルと色々な事を考えてる。


妹の結婚の為に田舎に帰るんだが(式は無く、両家の会食のみ)流石にスーツ着ないとマズい感じなんで出してみた。

豆腐屋の頃に2着あったがボロいのは引越しで捨てた。
アピアで「前略」という演目を再演した時にも久しぶりに出したが…ボロいなぁ〜
オレは構わないが家族に恥はかかせられんからせめてクリーニングには出すとしよう。
靴も衣装用以外は捨てたからな〜
使わないと思った奴ほど早く使う機会がやって来るもんなんだなぁ…
0

幻想  日常

先日ドッキリ企画のテレビを観ていたら楽しんごが突然の暗闇の中で散々脅かされて最後に猪木が出てくる。「何がラブ注入だ!注入といえば闘魂注入だ!」と怒ってラブと闘魂の注入合戦になる。
闘魂注入とは御存知ビンタ。
久しぶりに無表情の猪木を見たがやはり怖い。

きょうびのドッキリ企画なんざ、プロレスと同じで何処まで行っても「どうせ知ってるんでしょ?」なんて思われる。
寒い世の中だ。
この番組は仕掛けが派手だから知ってる云々よりも芸能人は「勘付く」よね。

ラブ&闘魂注入合戦は見応えあった。恐らく展開はアドリブだと思う。プロレスだった。
最後に楽しんごが「お父さん!」と猪木を呼ぶと猪木は「バカヤロー!」と返して終わる。
笑ったなぁ〜。



今日は休み。
休みだらけだがライブ本番や準備などで追われるので休みのようで休みではない。
むしろライブが本業なのだから。
暫くは準備に悩まないので楽勝だ。あの計画を進めよう。

たまに自分検索をやるのね。
“変身忍者”佐藤豪で検索してみる。
誰の意見も気にしない!なんて虚勢を張ってるけどヤッパリ気になるよね。
ツイッターでサトチエさんが「豪姫みたい」ってつぶやきが発見されて、ツイッター内で気付かなかったのに検索で見つかるという。
しかも豪姫レポのつぶやきをリツイートしてくれてるのも検索で見つかる。
ツイッターは返信あってもリツイートあってもお知らせしてくれるのはメッセージくらいなもんで、良く分からない。
オレが知らないだけで機能があるかも知れんが。

そんで昨年のミチロウ前座に会場に居たと思われるブログを発見。
ミチロウさんのお客さん。
ミチロウさんというかライブが好きみたいでタイトルが全部その日観たライブの出演者の名前で、ズラッと並んだミチロウクラスの錚々たる名前に挟まれて「佐藤豪」とある。
オレはあくまで前座。他のタイトル観ても目当てで観た人以外はタイトルになってない(もしくは共演者として並んで表記)んだけど単独なの…
「変な事書いてたら祭り上げてネタにしてやろう」と思ったら、まともに書いてた。
おおよそ褒められてて、「はなだ」はつまらない、とキッパリ書いてる辺りが逆に褒め言葉が活きてくる。
これを見る限りやって良かったという事か…否、オレに金を払ってこそ。まだまだ。
「ギターに卍固めしたりブレンバスターしたり」という文面を見るとなんだか面白いよね。
文章だけで「卍固めしたり」とか書かれても読んだ人は想像しづらいよね。想像できないのが良いよね。
先日ワンマン「漫画と映画」で丁度kamipro最新号が「梶原一騎」を特集していて「実写化」という場面でネタにさせてもらったけど、他にも面白いインタビューが沢山あって、大山増達と梶原一騎によって「極真カラテ最強」の幻想が作られたんだが、幻想の元といのは「クマと闘った」とか「自然石割った」とかそういう類。
つまり競技としての最強論ではない。
競技として進化していけばいくほど幻想がなくなっていく。
そういうの書いてたんだけどね。
有名になって生徒が増えて経営していくのは「クマ殺し」とかは必要ない訳だね。
「ギターに卍固め」ってのもある意味「幻想」に近い訳だ。
仮に幻想によってオレが有名になったとして…それをオレが「いやいやボクは音楽で勝負してますから」とか言って卍をやらないとする。
面白くなくなっていくような気がするよ。
昔クイックジャパンという今もあるサブカル雑誌の創刊当時に「レイプス」という「毎回ライブで観客女性をレイプする」という噂だけで有名になったバンドが居て、それを雑誌が追求するんだが最終的には本人達が登場して「レイプなんてやってません普通にライブやってます」と告白して終焉を迎えていた。
面白くもなんとも無い結末。
極真は幻想によって一気に有名になったけど他の空手家からは完全に嫌われてた。
そうなるんだよね。オレもいやに嫌われてた頃あった、今もたまにあるが。
インタビューは「今は測定可能だから測定不可能な幻想は出て来ないよね」と寂しく終わっている。
オレの作る幻想も動画や画像で直ぐバレるだろうしね。
幻想で有名になれないのは承知してるけどね。

まぁ、思いつきなんだけど…漫画人生だから染み付いてるんだろうね。
漫画⇒プロレス⇒音楽。一番早いのが漫画だし。

0




AutoPage最新お知らせ