芸能  日常

今「現代風俗 プロレス文化」〜現代風俗研究会編〜というのを読んでいる。

なかなか面白い。
キチンとプロレスを作られた世界と前提している。

プロレスと言うのは八百長なんかではない。
勝敗が決まってるという認識が一般的に浸透しているから賭けにならない。
賭けにならなければ八百長とは言い難い。
ただしショーと言い切るのもイマイチ気持ちが悪い。
最近は小さくなってしまったがゴツくてデカい身体を間近で観たら分かると思う。
勝敗が決まった試合を真剣に身体を鍛えて(練習してない人もいるが)るという矛盾。

他にも色々あるがプロレスは多重な矛盾で構成されている。

相撲の八百長問題で連日賑わっていたが、アレがホントの八百長だ。
真剣勝負だと思って見てるから成立するし、ニュースになる。
プロレスのヤオガチ論争がニュースにならないのはそういう事だ。
(だが驚くなプロレスにもガチンコがある。色んな意味で。)
龍虎がなんかの質問で「プロレスと一緒にするな」と言ったがコッチから願い下げだ。
相撲はプロレス以下だ。
他の隠れて八百長やってるスポーツも皆プロレスより劣る。

この本、結構新しい発見もあったんで何処かで使おうと思う。

「芸能としてのプロレス」という項目に面白い文があった。
前後無視してちょこっと引用する。
「サッカーは筋書きの無い真剣勝負だが、自分が好きなチームでもなければ勝負を楽しめない。そこで、くじの力を借りて勝負を楽しむ事になる。一方のプロレスは、『自分たちは八百長であろうとも本物を見せている』という思いで面白さを真剣に追求しており、くじに頼らなくても、勝負そのものを見せて客を楽しませることができる。」


これは色んなモノに置き換えることが出来るよー。

音楽だって同じさ。
好きな人だけに向けるのか、創意工夫をするのか。


オレがなんかやると「エンタメ」と言われるけど、昔っから書いてるけど人前に出たら全部エンタメだからね。
そろそろオレの事を「ありゃ俺達とは違うぜ」と境界線引くのは止めにしたらどうだい。
1




AutoPage最新お知らせ