テレビとは…  テレビ

singerAがテレ玉に出るっつーので深夜2時にチクチクと受信設定していた。
以前「マッスル牧場」を観る為に設定してたのにいつの間にか観れなくなっていた。
しかし観れた頃には番組は終盤に差し掛かっていて見逃してしまった…


その後、眠れないのでチャンネルを変えていたらTBSで「報道の魂」という番組をやっていたので横になって観ていた。

メディアプロデューサーの村木良彦氏の追悼番組。
とは言うものの村木さんを知っている訳ではない。

丁度「日の丸」というドキュメント番組(古い番組)が流れていてなんとなく面白そうだったので。
当時は色々と批判があった番組のようだ。
(寺山修司も絡んでいる模様)

次に作ったというドキュメントが面白かった。
「アナタに1分間時間を与えます」というもので次々とカメラに向かって主張する一般人。
中継先を告知してそこに集まった人間が出ている。
垂れ流している作りがまたまた批判を浴びたそうだ。
しかし垂れ流している事で「テレビ=時間」みたいな事を表現しようとしていたよう。
中に1分間押し黙ってカメラを睨みつける人物がいた。
それは製作側が意図的に仕込んだ人間らしい。
押し黙る人間を入れることで「時間」を浮き彫りにしている。

ドキュメントは素材を垂れ流しに撮って撮ったものを編集している…のがドキュメント、みたいな先入感があったが、逆というのがなんか面白い。

なんだかテレビというのは退化しているのか?
なんて思ったり。

そしてテレビと共に産まれたプロレスもシッカリと退化している。

眠かったし途中からなので良く分からないが良く分からない感じが面白いという。

引っかかったキーワードは
「テレビとはジャズである」
「テレビとは青春である」等など。

青春ってのはなんか分かるね。
時間と同じ事だと思う。
一瞬にして過ぎ去るようなイメージ。
ビデオも普及してなかった時代だし。

んで「フレームがどうたらこうたら…」という話をしていたのを聞いてハッとした。

そうだ
テレビはフレームの中に入っているんだな。
それは漫画のコマから出られないのと同じ事か。

という事は…
という事は…

いよいよ来週に迫ったネット生中継。
俺はフレームの中で動き回ったり叫んだりするのか。
という事は…

俺は紙芝居の中に入るんだ…



言う事を仕事しながら考えていた。


となるとナニをしたら良いのか…

5月25日(日)AM9:00に合わせて観て欲しい。
生放送後も観れるのかも知れないがとりあえずは、生で。
http://valuemusic.jp/
0




AutoPage最新お知らせ