なだぎ武VS世界のナベアツ  お笑い・演劇

今日は夕方から「R-1ぐらんぷり2008」決勝大会、そして夜は「爆笑レッドカーペット」。

R−1優勝はナベアツに間違いない!と観る前から出来上がって観てましたが、蓋を開けたらなだぎの新キャラにやられてしまった。
そして初めて観たなんとか係長。あの人も凄かったなぁ…
なだぎ武は正直ディランネタは好きではない。
動きとか顔で表現するドタバタコントもちょっと…と思っていたが今回のキャラは良かったなぁ。
夜の「レッドカーペット」でも「ややこしや〜」という部分を使っていたが昼の生放送の方が乗ってる感じがした。

ナベアツは4分は長かった感がある。
普通の3の倍数をやってから5の倍数(犬っぽい)を重ねたヤツを連続的にやっても充分面白かったような。
これでブレイクしたらジャリズムから応援していたモノとしては嬉しい限りだ。

でもR-1はなぁ…
M-1と比べてイマイチ認知度にかけるのは「放送が夕方」とか「決勝が大阪」とか色々理由はあるかも知れないが一番の理由は「面白ければなんでもOK」ってトコだな。
Rってのは「落語」のRな訳だからルールを落語にしちゃえば良いと思うけどね。
M-1だってコントが得意なコンビも漫才でやってるトコロが良かったりする訳だし。
今のままだと「一発芸」が多い訳だし、点数だってどうやってつけたんだか分かりゃしない。
そんで一発芸なら「レッドカーペット」でも良い訳だ。
ものまねならものまねだけでもイベントは成立するはず。
「R-1」だけのクオリティを確立するなら落語をルールに持って来るべき。

と。
散々、エントリーして歌ったり一人芝居したりした俺が書く訳だが…ハハハ。

落語だって新作落語もある訳だし枕で終わる落語もあったりする訳ですよ。
なにも着物着て座布団に座って喋るだけが落語ではないハズ。
そうなると「小道具」も使うか、とかなって結局は変わらなくなるかも知れないが…。

ナニか策はあるハズだよね。


ハズハズって煩いけど。

でもやっぱり24時間お笑いの事ばっかり考えてる人には負ける。
24時間考えてる人に勝つにはそれなりの策がないと無理だね。

歌の世界もプロアマ問わないようなコンテストとは違うような面白いイベントをやらないかねぇ。

…やらないだろうねぇ。
0




AutoPage最新お知らせ