まさに戦場  日常

明日のライブの為に休み。


1日取らないとイケナいのでそれならば今日でしょう。

といいつつも
あるものを捜している内になんとなく時間が過ぎてしまった。

明日は詩人のイベントなのでギターは持たない。

ギターを持たないで朗読というのは「ペテン詩」以来。

それもチョコッとだからな。

それからはお笑いライブも出たし
西荻の街角は毎回スケッチブックだけだし
ギターが無い状況というのにはもう慣れた。

慣れたら終わりかと言うとそうでもない。

芸の幅を広げるにはチョイチョイやっておきたい。

今回が上手く行けば先の話だが「ひとり芝居」ってのもやってみたい。

アイディアは少しある。


明日はそれに少しかかるような実験もする。


先ばっか見てるけどとにかく明日は結構重要だったり。


ちょっとなんともいえないけど

「見切り発車」
「怒りと牛乳」
「アリクイ」
「あこがれの一本糞」
「地獄のアングル」
「血はリングに咲く赤い花」
「戦場」

この辺にもう少し付け足した感じ。

無論
ただでは済まさない。

ある意味
裏切りの連続とうか。

「朗読」の世界なんて全然知らない。

他人のを聞いててもなんともね、良く分からない。

自分でやってて面白い感じでやる。

30分引き込ませるってのは大変なんだからホント。


土曜日は各地で色々やってるみたいだけど
お客さんは勿論
そこにも向けるし
その場の共演にも向ける。

いつもの通り

立って帰れない事してやるから。
0




AutoPage最新お知らせ