崔領二、M-1挑戦。  プロレス・格闘技

伊集院光のラジオに「夢太郎」というコーナーがあって
全身タイツにマント、胸に文字が一文字書いてあって…
という曖昧な設定だけ決めて、リスナーが夢太郎を見る事が出来るであろうか?
見た場合、色は何色で文字はナニが書いてあった?
とかを報告するコーナーがある。

見たくて見たくて仕方が無いんだが見れない。

今朝なんてリアルなRPGの夢を見てしまった。
俺は弓を持っていてマジで矢を飛ばして敵を狙うんだけどなかなか当たらない。
そのうちに武器が手裏剣だけになってマジで焦っていた。


それはそうと。
ゴングの休刊により、週プロをたまに買っている。
崔領二というゼロワンMAXの選手が漫才師を目指すというインタビューが載っていた。

集客面で何処の団体も苦しい訳ですけど
昔は入っていたお客さんは今は何処に行ってしまったのか?
という疑問を持ち、演劇やミュージカル等に顔を出し
食べ物などの流行を追ったり海外にも行ったりしたそうだ。
外から見て気付く事が色々あったようで
やりたい事のひとつとして「漫才」ってのが見つかったそうだ。

プロレスをやりながらプロレスに繋がるようになれば…
という考えらしい。

プロレスの興行で漫才対決ってのをやるそうで
漫才師と純粋にお笑いで勝負するみたい。
インタビュアーは「完全にプロレスから離れていってますね(笑)」と言っているけれど
それほど離れているとは思えないのは俺だけなんだろうかねぇ?
恐らく、ブッカーもリングでやる訳だし「これもプロレスなんだ」と思ってブッキングしていると思う。

仮に崔選手が「俺ね、歌を歌いたいんですよ」なんて言ってたら真っ先に対戦を申し込んだのに…
などと勝手に妄想してしまった。

頑張って頂きたいと思う。

さて
明日から北海道です。

携帯からも日記は編集できますけど画像は無理っぽい感じなので毎日更新するかどうかは分かりませんが
一週間、行ってきます。
0




AutoPage最新お知らせ