悲しみの春雷  

圧倒的な孤独感があろうとも、周りから愛されているという事に気付いた時、嬉しくない訳が無い。



遠藤ミチロウのロングインタビュー見ぃつけた。

http://www.hotexpress.co.jp/interview/michiro_070221/index.html#official

読んで欲しい人はこれを見た時点で分かっているのと思うので何も言わずに貼って置く。


これを貼るのもどうしたもんか迷うけど貼っておく。

http://www.youtube.com/watch?v=uSPXVufFyoA

先日放送された「とくダネ!」の村田渚さん(元フォークダンスDE成子坂、鼻エンジン)の特集。
情報に気付くのが遅く、俺自身、見逃してしまった。
ネットというのはホント、善と悪を兼ね揃えているけれどここは目を瞑って、感謝したい。
「お早めに」と記されているから削除される覚悟なのかも。

泣きそうになりながら観ていましたが合間に当時のネタのVが入ると笑ってしまう。
笑いの力というのは素晴らしい事なんだ。

じいさんの葬式の時、あれだけ泣いていた家族がお昼時には笑って話しているのが不思議だった。

そのまま
このサイトの成子坂やピン、そして鼻エンジンのネタを暫く観ていた。
ピン芸人の時も面白いけれど、やっぱり超一流のツッコミを活かすのはコンビであると鼻エンジンを観て思う。

「ドラえもん」のネタは「ガハハキング」で彼らを初めて観たときのネタ。
衝撃が蘇る。

「君の名前はナニひろし?」「ひろし違うし!」とか
「遊ぼう」と言って訳の分からない遊びを訳が分からないままやらされるネタとか
あの辺は今でも別の芸人さんが模倣してアレンジして使っている。
悪い事ではないが「また真似してるなぁ〜」と思ってしまう。
先駆者というのはそういうモノかも知れない。


ネタを観ている間は故人である事を忘れてしまう。

笑い転げた後にくる切ない思い。

笑いすぎて小腹も減り、タバコも切らしたので外へ出た午後3時。
突然の嵐。

「悲しみの雨だ」

などとベタベタな詩人になってコンビニまで向かう。

それとも
「途中で観るの止めるんかいっ」という天のツッコミだろうか…

買い物して出たら日差しが見えていた。
ほんの10数分の出来事。



「もう止むんかいっ」


と天にツッコみながら家に戻った。



0




AutoPage最新お知らせ