北海道より愛を込めて…パート5  日常

昨日は…

夕飯に家族親戚で焼き肉屋に入り
その後、単身ライブハウス「夕焼けまつり」に。
前回はここでライブをやった訳ですが
当時はまだ改装中だった二階のバースペースが開いていて
そちらで一杯飲みながらマスターと話す。
もう30年近くやっている老舗で街中にあるんですけど
郊外に車で遊びに行く風潮がある中でよく頑張っていると思う。
またやりたいねぇ…

店に入って直ぐに同級生から電話が来てしまって30分くらいで切り上げ
今度はスナックというかバーというか…

女の子の居る店へ。

東京じゃ金無いから行けねぇよね。

清掃業で頑張っている同級生はこういう所は慣れている。
俺なんて未だに緊張してより無口になる。

まぁしかし
経緯は省くけど話していて親父の企業人としての幅の広さがよく分かった。

そういうのが面倒で飛び出した俺としては厳しい場所やね。

結局ナニも変わらぬまままた明日東京へと帰る。
0

北海道より愛を込めて…パート4  日常

突如

青森のメル友からメールが来た。

随分久しぶりのような…

この時期に来るとは何かを察したのか。

一昨日は東京
昨日は奈良と長崎…

ほぼ日本中ですな。

その癖
北海道に会う人は居ないという。


家族が居たら十分ですけど。

その家族と何年ぶりかで日帰りとはいえ小旅行した。

屈斜路湖や摩周湖へ。

その辺はまた画像も交えて書きますけど

移動の車中に
親父が妙な事を言い出した…
「今この辺で『まり●●●●』が流行ってるらしい」 と
いう本人もその名産はどんな商品なのか知らないという。

まだ明かせませんが
名称が妙に気になり
俺の「まり●●●●」探しが始まった…

この土産話は
5月4日の八王子パパビートにて公開予定

名付けて
「北海道伝説!まり●●●●の正体を暴け!」

パパビート2周年スペシャル仕様と共に
お楽しみに!
0

北海道より愛を込めて…パート3  日常

家に体重計があるので何年かぶりに計ってみた。

77キロだった。

少し重いと思うが
体脂肪も出るんだけど体脂肪は22%だった。
30代の平均は17〜23だそう。

これは範囲内だからまずまずか。

しかし
おばあちゃんに「太った」と言われた。

んー
今年に入って言われ続けている訳ですが
なんとかしたいもんだ。


昨日今日と
普段は全く観ない「オンバト」「エンタの神様」を観た。

笑いは種々雑多なんでねぇ
なんとも言えないけど…

前田が「猪木の逆をやります」と言ったような事やれば上手く行くんかなぁ…

クエスチョンだらけ。
しかも
ある芸人のネタが他の人のと同じ小道具を使っていた。

あれはいいのか?

発想が同じだったと言ってしまえばそれまでだがパクリと思われても仕方がない。

エンタは作家がいるから怪しい事この上ない。

俺の出た奴は2回ともそこの撮影が入っていたけど
実は新人を探すのではなく使えそうなネタを探してるだけかも知んない。

何処の世界もそんなもんだ。

後は受け入れるかどうかという事。

郷に入っては郷に従えなんて諺を嫌う人も居るかも知れないが
あれはその場のルールを守れって意味では窮屈に感じるが
受け入れた上で越えなければ引っくり返した事にはならない。
従った上で越えりゃ良い訳です。

入るのではなく包み込む…

長くなった。

じゃまた。

ニゲロッ
0

北海道より愛を込めて…パート2  テレビ

今日は暇…


骨休めで来たので良いんですけどね。

午前中に原稿描いて
午後に出す。

後はボンヤリしたり犬の散歩したり。

しかしまぁ
北海道局の番組がさらに増えている。

タカトシや大泉洋などの全国区のスターは東京よりも露出度が高い。
地方CMなんかも出まくりだ。

そして
地方局番組に出ているのは明日の全国区を目指す地方タレント達。
司会からレポーターから
知らない顔ばかり出てくる。
全国区など目指していないのかも知れない。
何故なら恐らく食えているから。

細分化の細分化でも十二分にやって行けるのだと思う。

なんて時代なんだ。

こんな時代
俺は嫌だ…
0

北海道より愛を込めて  

今日から一週間は簡単に報告致します。

画像その他
詳しくは帰ってからという事で。

乗るハズだったエア・ドゥの便が機内整備で欠航。
JALに自動的に切り変わったものの
なかなか離陸しない。
大幅に遅れて出発したが
これで着陸時に車輪が出なかったらシャレにならんぜ…
と思ったが無事に到着。

バスで北見駅まで揺られて久しぶりに徒歩で実家まで行く。
ここ何年も偉そうにタクシーで帰ってたからなぁ…

良く漫画を買った本屋も
筋少の「仏陀L」を注文して取り寄せたレコード屋も
嫌々行った床屋も
潰れてなくなっていた。

しかし
原稿用紙や画材を買った文房具屋は健在だった。
嬉しくて原稿用紙を買った。
独パンの原稿
まだ描いて無いのよね。

仕事を富山に持ち込んで大半の原稿を落とした藤子不二雄にならぬよう
送ってみせよう…

でも今日は
引っ張り出した「気分はグルービー」を読んで寝ることにしよ。

前途多難だなや…
0




AutoPage最新お知らせ