おっと  お笑い・演劇

昨日貼り付けた飛行機雲ですが、ココんとこ頻繁に出現して、ナニやら「地震雲」で近々大地震が起こるってー噂があるらしいですね。

人から聞いただけで、しかも出所は愛する「東スポ」なので信憑性はありません。

災害なんてモンは安心した時にやってくるのだ。



そういえば「ダイナマイト関西」の話題を忘れていた。

大掛かりな「大喜利」トーナメントなんですけどルール(基本的には面白かった答えが出ると相手のポイントが減るロストポイント制)の隙が無く
お笑いなのに緊迫感がある為、1試合1試合観るのが凄く疲れる。

3日くらいに分けて観ました。

やっぱり笑える笑えないよりもルールの面白さがある。
持ち点5点が無くなってきて、残り1ポイントからの心理戦は見応えがある。
しかも競うのが「笑い」という絶妙なアンバランス加減。

発案者、バッファロー吾郎の木村さんはお笑い界の前田日明と化してきた。

お笑いブームが去ったとしてもコレは残ると思う。
また、お笑いブームとは一線を画したムーブメントも起きそうな予感。
まだ世間では認知されていなかった数年前に大阪府立体育館で興行を行うという一種無謀な大冒険も「プロレス魂」を感じてステキです。
決勝戦に後楽園ホールを選んだのもステキ。
時には大博打も必要なんだと思う。

今年は「オープントーナメント」として一般の参加も呼びかけていた。
知っていたら応募したんだけど気が付いた時には終わっていた、残念。

それに比べて相も変わらずな音楽界のショボイ事ショボイ事…。
なんて所に私は身を置いてしまったのか…。

だからこその隙間を突くしか憂き目は無い。



なーんてね。
良いんすよ良いんすよ。
ともかく、いつか「ベロベロバー」してやる。
話はそれから。



しかし面白かった。
0




AutoPage最新お知らせ