道場論  日常

昨日の日記

書いたかどうかも記憶に無かった…。

無意識に出たんでしょうなぁ。

「道場論」
一般的(?)な道場論とは
黄金期の新日本プロレスの道場での練習は主に「スパーリング」だったそうだ。
締め技、関節技などで決め合う所謂「決めっこ」と言う奴。
ロープワーク、投げ技、飛び技など派手なモノは練習しない。
そしてこの手の地味な技は本番の試合ではあまり出さない。
お客さんに見せるものではないとされていた。
その為「プロレスなんて見世物はよ〜」などと街の空手道場の段持ちや腕自慢なんかが「道場破り」をしに来る。
そうすると、当時だと藤原嘉明などが出てきて
あっという間にやられる。

腕の一本や二本は必ず折り、二度と来ないようにする…。

「道場にこそプロレスの強さがある」
これが道場論。

その後、UWFの登場、グレイシー柔術の侵略、総合格闘技の繁栄に繋がる訳だ。

UWFまでは所謂「ガチンコ」ではないとされているが
関節技などを世に知らしめたのはUWFである。
そこでの観客の教育が無かったら今の格闘技ブームは無い。

本来
プロレスでは「本当の強さ」は関係無いのである。



俺は勝手に今居る「アート」の世界でも「道場論」を取り入れている。
あまり説明は出来ませんが
要するに同じ事である。

色々と活動していると「舐めている奴」がいたりする。

そういう時に「こっそり」出すのである。

大体
なんにも言わず「お疲れ様でした」と帰る。

これは「テクニック」でも応用できる。
やってる人はいるでしょうね。

俺はテクは無いからねぇ。
「他」のモンを出します。

何処にでも使えるけど
殆ど出さないですね。

でも
いつも頭の中で「こういう時はこうする」「こう出て来たらこうやる」
練習してます。

俺の道場は頭の中にあったんだなぁ。
0




AutoPage最新お知らせ