バガボンド22巻  漫画

井上雄彦「バガボンド」22巻を読む。

いよいよ盛りあがってきた感じかな。

しかし
この人

描くのが速そうだね。

描くスピードって個人差があって
まー
絵の濃密加減なんかも入るから
速くても細かいと大雑把では違いも出る。
逆もまた然りでして。

一概にどうのこうのは言えないけど
想像の範疇で
「凄く速く描く人では?」と思う。

しかも濃密というか
線が多い感じだよね。

細かい部分も雑に描いてる感じで、でも正確。

デッサン力が抜群なんでしょうな。

たまーに
このバガボンドの描写で
全然、物語りと関係ないトコロで「泣く」事がある。

ストーリーに関係なく
「描写」で泣ける。

豆腐屋の頃
社員食堂で読んでいて
ガヤガヤしている中で泣きながら読んだ事がある。
勿論、涙は隠しながらですけど。

描写というか画力というのか…。

何故に泣くのかは自分でも分からない。

武蔵の「人間力」と井上氏の「画力」というか「タッチ」のバランスが絶妙なんだろうなー。

なんにしても
凄い人です。

他のジャンルには決して行って欲しくない
これからの「漫画界」には必要な人でしょうね。
0




AutoPage最新お知らせ