重大ニュース&今年のデータ  日常

取り敢えず重大ニュースでも。

◆雇用保険の受給期間が終る…
◆バイトを始める…
◆ラジオやネットテレビ等、新戦略開始…
◆初のワンマンライブ…
◆初の地元凱旋ライブ…
◆新東京歌謡プロレス旗揚げ…

プライベートでは時に大きな事件も無く
安定した日々を送りました。
よって音楽活動もし易くて集中できた年になりましたね。

そんでもって今年はどのくらいライブをしたのでしょうか?

実に132回でした!

3日に1回を超えております…。

あくまでステージに立った回数で
飛び入りやゲストで1曲とか収録とかネタのみとかDJのみとか
そういうのを省いた「通常ライブ」で勘定すると

103回。

…それでも凄いやね。

◆オマケ◆
想い出のステージ(ベストバウト)

1月16日1時間ライブ(アピア)
※沢山のご来場ありがとう御座います。
1月30日荻窪ロックカーニバル(ボクシングリーズカフェ)
※煎餅食ったりゼリー食ったり…原点がココにある。
2月20日都市社会楽(ボクシングリーズカフェ)
※初めて「まんが道」で客を立たせる。
3月1日青春ペテン詩の会(ボクシングリーズカフェ)
※切腹した後の最悪の空気の中、歌った。
3月6日ワンマン(ボクシングリーズカフェ)
※一生忘れません。
6月2日独唱パンク(ペンギンハウス)
※今後は出れるのか?物議を醸し出した初出場。
8月7日変身忍者村(ボクシングリーズカフェ)
※伝説になりました。
8月13日新東京歌謡プロレス(ボクシングリーズカフェ)
※旗揚げ戦
8月21日凱旋ライブ(北見、夕焼けまつり)
※家族に見守られた。
9月18日屋内路上叫唄(ボクシングリーズカフェ)
※卍固め初披露、出来が最高だった。

他…全ての「G-MOST」防衛戦。
そして全ての「新東京歌謡プロレス」公式試合。

いやー8月に集中しているのが面白いね。
仕事が休みだったから色々と集中できたんだろうな。
0

まだまだ出てくるG-MOST話  日常

丁度

昨日「シワクチャになったベルト…」
と書いたら

ボクシングリーズカフェの店主のブログ
http://love.ap.teacup.com/boxinglee/

にもその事が触れてあった。

俺しか知らない事なんだが
アレ
磨くと剥げるのよね。

1回剥げ始めた時に磨こうと思ったら余計酷くなる感じだったんで…
だから磨いてないんだけど

剥げたのはギターが当たる場所で

ある日
ふと見たら「うわ」と思うくらい剥げててねぇ

「でも味が出て来たなぁ」って。

汗もかなり染み込んでいる。
一度、顔中にペイントした時(忍者村、第1回)
時間が無いのでドーランではなく水性絵の具で塗ったんだけど
その時の白と赤の絵の具も汗と一緒に滴り落ちて…
それも付いたまんまです。

流石に血とか涙はないですけど

汗とグラチャンの空気はかなり吸い込んでるよ。

店主のブログを見てまた泣きそうになったが

まだ泣けない。

泣いたら負けのような気がする。

泣く時は○○の時だね。

同じ話題ばかりでスマナイ。
締めくくりは「重大ニュース」でも明日にしようかな。
0

一夜明けましたね。  日常

一夜、明けました。

少しだけ寝て
仕事に出かけ
仕事は掃除だけだったから寝不足でも応えなかったが
帰ったら直ぐに寝てしまった。

「荻窪ロック」にも行こうと思ったんだが身体が言う事聞きません。

数時間寝て、起きてから
ちょっと
色々と、ありまして
この時間(29日の午前4時)まで起きてますが…

未だ27日の「G-MOST」の残像がチラチラしております。

なんだったんだかなぁ
アレは。

頭がイっちゃってるので
イザ決勝でシールドをミキサーにつけようとしたら音が出なくて
「なんだ?」と思ったら
ギターには自分のシールド、ミキサーにはレッドマンのシールドを付けて
しきりに「音が出ない」と困ったり
歌ってる時も会場全体なんて見れなかったり…

でも決勝前に客で来ていた敬々さんが面白いクシャミをしたのを見逃さなかったり(失礼)

繊細さと大雑把さが混同していたな。

あの空気はグラチャンでしかないものだしねぇ。

最初はお祭りムードでも
決勝までのヒートしてくる感じは今までと同じだけど
回を重ねるごとに増しているなぁ。

俺が出ると客席が皆さん前に寄って来るのも
前回と同じ現象だったが
別に見ている人は同じ人じゃないのに同じ現象になるのはきっとナニかあるんでしょうな。

あの
皆が寄って来る感じは歌謡プロレスでも若干見受けられる。

パンクのライブで始まったらステージに押し寄せる感じ
紙芝居が始まったら子供らが寄って来る感じ
プロレスで盛りあがった客が席を立って「立たないで下さい」と怒られる感じ

それの「弾き語り版」なのかな。

色々な所で演ったり見たりしてきたが
こういう客席の現象は他では見た事無いね。

でも
これが本来のライブなのでは?
という思いもある。

そんな中でよつの葉と決勝に立てたのは素直に嬉しかった。

1曲目のしくじりとか
全体的な練習不足とか
別にどうでも良いやね。

伝わったか伝わらないか

そこが肝心な訳で…。

なんて言えるのも終わったからで始まる前はそんな事は言えない訳で。

今年のライブ数はまだ数えてないけど120くらいかなー。
全部のライブでベルト巻いてきたけど
もうビックリするくらいシワクチャになってるけど
次の人が重みを感じるように
これからも巻いていきます。
0

結果  ライブ

取り敢えず、27日の「G-MOST」の結果を書いておきましょう。

「防衛」です。

正直…

ダメだと思った。

いつもダメだとは思うのだけれど。

いつも「過去の決勝で使った曲は使わない」としているので
(理由は色々あるけど、決勝《だけ》で出てくる訳だから釣り合いを取りたいという勝手な思いが1番かな)
どうしようかと思った。

今から考えると「時間をください」「パンク道」「四畳半の大宇宙」…結構、ライブで受ける曲が残ってたなぁ。

でも
最初に…何時頃だったか
「12月だから白いマフラーして、頭も白くして『冬』なステージで行きたい」
というイメージだけは持っていた。

12月のペテン詩で朗読した詩がそんな感じだったので
メロを付けて
「ベタベタなフォークソング」みたいのをやりたくて
それの元ネタみたいのが浮かんだのでそれをひとつ。
竹野くんとの「歌謡プロレス」でラップのリリックを作ったので
それを元にしたのを1曲…。

結局、新曲だらけになってしまった。

2回戦なんかはもう「誰を選んでも正解」みたいなハイレベル。
誰を選んで良いか分かりません。
消去法でも無理無理。
俺的には「決勝に相応しい、絵になる、ドラマになる」
そんな基準で選んだ。
個人個人、テーマを作らないと
とてもじゃないが選べなかったと思うよ…。

よつの葉が勝ちあがり
最後に俺が出てくる…

正直、演奏的なモノは今日の出演者の中でもかなり下の下の「ヘタクソ」の部類だったと思う。

しかし
俺には「曲を演出」する力に長けている。
これだけは他の人には負けない自信はある。

まさに「これだけ」。

結果的には新曲で良かったと思う。

実感がまだ沸かないので
また日を改めて書きます。

「取り敢えず」と言う割りには長い文章だなぁ。
0

G-MOST  

只今27日午前3時。
今夜「G-MOST」が開催されます。

展望を書きたいのですが一応、お断りを入れておきます。
この日記の読者に向け、ライブに来ない人、来れない人にも面白く読んでもらって
感心を持ってもらおうと思って書きます。

決して出演者に向けて書いている訳ではござんせん。
昔からの俺の「基本姿勢」です。

G-MOSTに関してはトップページから「G-MOSTとは?」にアクセスしてください。

【1回戦、一般エントリーによる街角オープンSTUDIO、15分ライブ】
一般エントリーから、この日のチャンピオンを決定。
(通常通り、15分/一組3曲程度、場内全員で投票です)
<一般エントリー>
●上田延明(VO/G)
●島林深雪(VO/G)
●佐々木純(VO/G)
●ふたり遊び(VO&G,DUO)
●たくお(VO/G)
※以上で締め切らせていただきました。出演順は当日決定いたします。
※万一、票数が並んだ場合は、ジャンケンで決定いたします。
★場内全員投票により、当日のチャンピオン1組決定★
【2回戦(予選)G-MOST=グランドチャンピオン挑戦者決定戦-、7分ライブ】
2曲7分程度演奏、持ち時間は7分以内2曲まで。
投票により、上位1組が決勝へすすむ。
<出演者>
9/13(火)チャンピオン ●渡辺雅弘(VO/G)
9/27(火)チャンピオン ●小原努(VO/G)
10/11(火)チャンピオン ●木村圭作(VO/G)
10/25(火)チャンピオン ●アタラシ(VO/G)
11/8(火)チャンピオン ●quinta(フラメンコギター)
11/22(火)チャンピオン ●よつの葉(G,VO&P,VO,DUO)
12/13(火)のチャンピオン●吉野夢樹(VO/G)
12/27(火)(当日、上記1回戦のチャンピオン)
※出演順は上記通り。
★場内全員投票により、G-MOST挑戦者を1組決定!
※万一、票数が並んだ場合は、ジャンケンで決定いたします。
【決勝、15分ライブ】
G-MOST(GRAND-CHAMPION保持者)
王者・変身忍者・佐藤豪(初代王者、2回防衛)VS挑戦者(上記2回戦を勝ち抜いた挑戦者1組)
※先攻は挑戦者、後攻が王者です。
★場内全員投票により、第4回G-MOST(グランドチャンピオン)を決定!
※万一、ドロー(両者同票)の場合は、ボクシングルールと同様、
 現王者の防衛となります。
★★第4回G-MOST=グランドチャンピオン決定★★

今回も「ツワモノ揃い」ですね。
当日エントリーは上田さん、島林くん、佐々木くんは知ってます。
上田さんは夏の大会で挑戦者決定戦において2人選ばれた内のひとりで
ジャンケンで決勝には上がれませんでした。
7分をフルに使わず「1曲勝負!」と演奏したアノ勢いが印象に残ってます。
島林くんも夏は通常の街角でチャンピオンになってるし
佐々木くんもジャンケンで逃してはいるけど同票で選ばれている。
皆さん、侮れないです。

2回戦の顔ぶれはゲストで出ていたので全員、チャンピオンになる瞬間を見ております。
ハッキリ言って皆さん「曲者」ですな。
少し頭が出ているかな?と思うのは渡辺さん。
青森在住でチャンピオンになった日も各地を歌って周ってたまたま来た感じでかっさらって行きました。
27日も青森から出てくるそうで
その意気込みが「一歩」出ているようで気になりますね。

よつの葉は2回ジャンケンで敗退して執念で11月にチャンピオンをもぎ取っております。
意気込みという点では渡辺さんにも負けてないですね。
2人ユニットの利点をどう出していくか…。

小原さん、吉野さんは歌詞が個性的で個人的には好みだし
アタラシさんはMCが楽しく、曲の生かし方も知っている。
キンタさんはテクニックで圧倒してるし
木村くんは勢いがあるし。

M-1グランプリで島田紳助が「この日の一番を決めるんですよ」と言ってましたが
G-MOSTも同じ感じだと思います。
「この日、一番出来が良かった」人が勝ちあがってくるのではないでしょうか。

俺は決勝まで出番はないですけど
「ステージに上がらなくても戦えるんだぜぇ?」
つー所で行こうかと思います。

毎度毎度、そうなんですけど…。

一応、さっき新曲3曲、出来ました。
新曲をやるかやらないかはワカンナイですけど
「過去に決勝で使った楽曲は使わねぇ」と宣言した以上、使いません。

つーか、本音いうと
「俺も自分を追い込まないとやってられんよ…」
と言ったところでしょうか。

既に興奮状態、ワクワクして眠れません!

唯一、救いなのはバイトの方が月16日しか出られなくて(説明は過去の日記参照の事)中間に休み返上で働いたお陰で明日も休み、というところかな。

暇だったり興味を持ったりした方は遊びに来てください(一般客大歓迎)。
結構「良いもの観た」感はありますぜ。
0




AutoPage最新お知らせ