2010/12/31

2010もお世話になりました。。。  生活



 2010年も残り数時間となりましたね。。。



 本年も多くの皆様に支えられ

 バスフィッシングを楽しませていただき

 本当に良い一年となりました。。。。


 当ブログも相も変わらずツマラナイ話題ばかりでしたが

 心温かい読者に支えられ、

 4年目を迎え、さすがにネタ的にも苦しい状況にもなりましたが(笑)


 今後もこんな感じでやっていきたいと思いますので

 どうぞ暖かい目で見守ってやってくださいね!




 そんな感じの2010.。。。。



 思い起こせば、仕事の関係で

 トーナメントにエントリー出来ず、

 フラストレーションが溜まる一年でありましたが

 更に来年は釣り以外での責任ある立場に着く事になり・・



 トーナメントとは一歩離れる状況になります。。。




 今までお世話になった方には非常に申し訳ありませんが

 来季からは、自分的に釣りのスタイルを180度変え

 新たな道を模索していく事になります。。。



 これが吉と凶と出るのかはわかりませんが

 熱き釣り人を探すべく(笑)色々と外に出てみたいと思いますので

 今後も暖かい目で皆さん見守ってやって下さいね!




 そんな感じで皆さん良いお年をお迎えください。。。。











 
 
0

2010/12/29

DIGROOVER 300 。。。。。  THタックル製品



 年も押し迫ったこの時期ですが

 いよいよ発売になりましたね!




クリックすると元のサイズで表示します
ダイグル―バー300



 今回もTHTさんのご厚意で

 開発の初期の段階から、サンプリングモデルを

 触らせて頂き、この秋から冬にかけて

 投げ倒してきました。。。。




 最初に3mダイバーの開発と聞いて、

 同社にはダイビングディープゼットン(DDZ)という

 自分的に琵琶湖や西湖等でかなり優秀な結果を残している

 ダイビングクランクベイトが存在し

 それとの住み分けにどのような味付けの違いを付けてくるのか

 非常に戸惑ったのが最初の印象でした。。。




 その点を踏まえ詳しく話を進めてみると

 どうやら今回のダイグル―バーは主にDDZよりも

 リトリ―ブスピードの範囲の拡大と、キャスタビリティー

 ソフトカバー系の回避能力の向上をお題に

 セッティングを進めていくとの事。。。



 そんな感じで最初のサンプリングモデルを

 手にすると、最初に目につく外観的に最も特徴となる

 エラの部分の切れ込みですが、





 



 

 クリックすると元のサイズで表示します



 初期モデルは、ウィードなどのソフトカバーにコンタクトした時に

 それを解すような軽いロッド操作時に下に進むのを防ぐために

 重心移動のメインウエイトをかなりルーズにしており、


 リトリ―ブスピードを上げて行くとメインウエイトが

 踊りだすのか、それがアクションに増幅されルアーの挙動が、

 不安定になり思ったラインに通す事が非常に難しくなったりも。。


 特にウィードエリアでは、思い描いたラインからずれると

 スタックなどのトラブルが精神衛生上非常に宜しくなく・・


 どうなの?と思いましたが、このエラの切り込みは

 アクションの軸に位置し、水流の抵抗で

 暴れ気味のこのモデルのアクションを落ち着かせるらしく

 高速巻きでクランクベイトやシャッドを使用される方には

 感覚的に分って頂けると思われる、このアクションじゃぁ

 スピードを上げて行くとどっかに飛んでっちゃう不安定さなのに

 泳ぎ切っちゃう所に良い意味で違和感が非常にあったりもしました。。。





 そんな最初の印象から、対ウィード対策ともいえる

 コンタクトしてから止めてからロッドアクションによる

 ストラクチャ―から離れるルアーの挙動の

 テストをしてみましたが、ルーズ気味にセットされた

 メインウエイトが軽いジャークでは動かず、軽いトゥイッチでも

 潜ろうとする傾向があり、前方のウィードと喧嘩しがち。。。




 そんな経緯もあり、アクション時の姿勢など事細かな

 気になる点を話したりもすると、やはりこの手のスペシャリストの

 THさん(笑)



 内部のウエイトの配置にかなりの斬新な手を加え、

 メインウエイトはなんとバレットシンカーを用いた

 固定式に挿げ替えられ、従来の重心移動のスペースには

 自由に動き回る小さなウエイトが放り込まれており

 すわ、固定重心と重心移動のいいとこどりか?

 なんて色めき立ったわけですが(笑)










 

   クリックすると元のサイズで表示します




 はたして後期となるサンプリングモデルは、

 やはり固定重心となった

 メインウエイトが功を奏し、初期モデルで気になった

 泳ぎだしのレスポンスがかなり改善され、DDZから

 改められた高浮力のボディにもかかわらずかなり荒れた

 水域でも潜りだしは良好。。

(長時間クランキングを続けると、これって凄く気になるんだよね・・)


 
 初期モデルに見られたキャスト時のボディの挙動の不安定さも

 固定のメインウエイトと小さな重心移動用のルーズウエイトの

 効果かかなり安定した飛行姿勢を見せ、


 12月に入ってからの富士市では定番の強風下での

 連日の深夜のテスト(笑)でも耐えられるキャスタビリティに。。


 個人的にアクションと同じ位に主眼を置く

 キャスタビリティに関しては

 このサイズのダイビングクランクベイトではかなり上位に

 位置するんじゃないかと、お伝えしてみます。。。




 アクション的にもかなり、模様替えされ

 メインウエイトのルーズさで不安定ながら

 泳ぎきってしまう初期モデルもかなり個人的に

 好みの部類でしたが、ストラクチャーにコンタクトした時に

 その危ういバランスが一気に崩れる傾向があり

 姿勢の復帰に問題を抱えておりましたが、


 この点についてもかなり姿勢の復帰が改善され

 軽いウィードエリアでは殆どまっすぐに泳いでくるまでに。。。



 まぁそういう話をしていると、固定重心で軸を中心にしている

 単調なアクションを想像してしまうかと思われがちですが、


 やはりクランクベイトでの食わせの間というか

 アクションの変化というものは自分にとっても

 何となくわかったりもしており、その点は先ほど述べた

 重心移動のスペースに組み込まれた小さなルーズウエイトが

 ロットワークまでもいかないリトリ―ブの変化で

 移動し、ルアーの挙動に変化を付けたりも。。。


 補足ですがこのクランクベイト、

 ジャークを入れると、ジャークベイトのように

 横っ跳びします。


 レンジは若干深くなりますが、メガバス社のX300も

 緩めの重心移動用のウエイトを装備するために

 ジャークを入れると飛ぶセッティングが施されており

 ますので、ディープクランク=ジャークは

 ダイグルーバーだけのものではありませんが

 X300はジャーク時に前方方向に行きたがる傾向があり、

 ダイグルーバーとは

 少し違った味付けにされているようです。。。



 もっともこの特性は後で述べる

 ウィードにスタックした時に、軽いトゥイッチで

 横や後方へ逃げるようにする為に小さなルーズウエイトが

 装着されておりますが、その恩恵でそれまでになかった

 レンジでのクランクベイトのジャーキングなんていう

 荒業もこなす事も出来たりもするんです。。。。


 まぁ実際に自分はこの使い方で魚を掛けた事はありませんが

 細長いモノのジャーキングに見なれたお魚さんが

 もしかしたら素早くジャークする丸いモノに別の反応を
 
 示したりもするんじゃないかと妄想したりも(笑)

 


 アクションに関してはまた別の機会に詳しく書きますね。。。。



 そんな感じで、初期モデルで気になったソフトカバー系の

 止めてからの回避に対するルアーの動きですが


 軽いトゥイッチでは移動しなかった初期のメインウエイトですが

 流石にこれだけ小さなルーズウエイトだと簡単に
 
 移動するらしく、他のメーカ―さんですが自分も凄く気に入って

 贔屓にしている対ウィードエリア専用の?

 3mダイバーでも止めて浮かせて回避しないと

 ウィードに突っ込んでしまうようなシチュエーションでは

 クランク使いの方からすると、ちょいと違和感のある

 軽いトゥイッチで横または後方にルアーを逃がし

 スタックから逃れられる事が出来たりもします。。。



 


 今局地的に流行の兆しが見え始めるグラスクランキングですが

 ダイグル―バー300に関してはスイミング姿勢は

 頭部に施された発砲素材とのハイブリットボディが

 水平姿勢を維持し、浮上方向も後方向けにされつつ

 深刻なスタックを回避するべく、ロッドワークによる

 ルアー本体の飛びの機能を付け加えられた非常に凝った

 造りになっております。。。。



 まぁあくまでも個人的などうでもいい話ですが(笑)

 自分自身、テストサンプルを深夜のUxymaでの

 目隠しされたような状況下で繰り返し、

 ひとりウィードとの会話をしながらグラスクランキングの

 勉強にもなったりもした

 思い入れの

 大きなこのクランクベイト。。。。



 誰にでも使いやすい造りに仕上がっておりますので

 様々なシチュエーションで

 是非使い込んでみてやって下さいね!









 

  

 



 
 
3

2010/12/26

大掃除。。。  ルアー関係



 今年最後の週末となった2日間でしたが

 年末年始は、スケジュールが立込み、


 身の回りの整理をするのが、この2日間であった為

 寒風吹きつける中、バタバタと奔走しておりました。。



 そんな中でも少しの時間を見つけては

 フィールドに出掛けてみましたが


 折からの強風と気温低下で水面は沈黙し・・・


 これが本当のルアーテストになってしまいました・・




 まぁ実際に具を水に漬けてみなければ

 分らない事も多く、それなりに勉強になったりも

 するので骨折り損とはなりませんが、


 やはり実際に魚を掛けたいのも本音・・


 暫くは苦行のシーズンが続きそうな予感がします(汗)





 さて、仕事納めまで後2日。。。。


 今週末頑張ったので

 29日はフリーになりました。。


 気合いを入れて、ちょいとどこかへ出かけてみますか。。。






 
 
0

2010/12/25

メリークリスマス。。。。。なのに・・・  シーズナルパターン



 クリスマスイブの夜。。。。


 皆さんどうお過ごしですか?


 自分はというと、

 夏頃にダウンしたPCの影響で

 年賀状の住所の記録がすべて飛び・・・


 聖なるイブの夜に入力と印刷に勤しんでいる

 さもしい夜となっております(涙)







クリックすると元のサイズで表示します




 きよしこの夜も、きよしこの馬鹿野郎しか言われた事がない

 自分ですが、同じ思いをしている方も居られたようで

 内心少しホッとしておりますが(笑)


 やっと落ち着いた時間になった今現在。。。



 深夜の歌番組を見ながら、

 グラスを傾けて、ささやかなイブの夜を楽しんでいます。。。





 さて、今日は久々に購入したBasser誌ですが、


 最近この雑誌の嗜好が自分の好きな釣りに

 傾倒しているみたいで(笑)



 得意ではないですが、

 魚探を駆使しての、ディープのシューティングについて

 本格的に書かれていたので、見入っておりました。。。





 
 クリックすると元のサイズで表示します




 動いているバスの映り方やステイしている個体の映り方などが

 書いてあり、


 自分的にも先日の精進湖で使用したディープクランクの

 シューティングの事も書いてありましたので

 この時期に出掛けられる方は、是非ご覧になって下さいね!



 さて、明日はお休みです。。。。


 家の大掃除がまだ済んでおりませんので

 フィールドには出かけられそうにありませんが、


 面白い具が手に入りましたので、

 ウズウズしているところです。。。。



 言い訳を考えて、エスケープしちゃおうかな(笑)






 
 
0

2010/12/23

SKILLFUL ts-deep。。。。  ルアー関係



 今日は久々にTHTさんに、顔出しに。。。。



 時期的に微妙な感もある(笑)新作のダイビングクランクベイトの

 リリースも近く、

 おそらくは今週末辺りに発売されるかと思います。。。。



 今回の新作、ダイグル―バー300は、各社で多くの

 ルアーがひしめく混戦のカテゴリーですが、


 最近一部のクランカーが入り始めているグラスエリアでの

 クランキングに特化しつつも、ディープエリアでの中層での

 アクション等にも、一味付けくわえられている

 非常に欲張りなクランクベイトになっております。。。


 自分も開発の部分で、色々なサンプリングモデルを触らせて

 頂いておりましたが、トリッキーでありながら、高速でも

 飛び出さないギリギリの設定が非常に良く出来ており、


 仮に普通の野池で使用しても、何ら問題も無く使えてしまう所も

 いい感じですね。。。。



 気になる方も多いらしいこのクランクベイト。。。


 今週末辺りのリリースに、要チェキですよ。。。。。





 その他にも、JB NBC関係のトーナメントにエントリーされている

 方々期待のルアーの製作も順調なようで。。。。

 ここだけの話ですが(笑)普通の釣りでも何ら問題なく

 使えそうなその素材感に、かなり期待が持てそうな気が。。。。


 現段階では調整中の真っ最中らしいのですが

 きっと更に釣れるように煮詰めてくると思われますので

 こちらもかなり期待できそうですね!





 そんな感じの今宵ですが、

 最近ルアーネタが枯渇してきましたので

 切り札として(笑)


 先月の名古屋で開催されたイベントでお会いした

 我がブログを密かに読んで頂いている

 SKILLFUL岡本さん製作のルアー。。。。




 クリックすると元のサイズで表示します
    ts−deep。。。。。




 SKILLFULさんといえば、発砲素材を使用した

 クランクベイトでコアなクランカーに支持され

 自分も以前からスコブルクランクを使用したりして


 以前から注目のメーカーさんでしたが。。。。



 今回は自分の好きなタイニークランクのカテゴリ―という事で

 思わず手が伸びてしまった次第です(笑)







 クリックすると元のサイズで表示します


 全長45mmとタイニークランクベイトとしては

 標準的なサイズですが、重量が意外とあり

 キャスタビリティーも良好ですね!


 アクション的にはウォブル寄りで

 タイトな振りで、ショットや、コッタなどとは

 ちょいと違った使用感です。。。。


 もっともレンジがかなり深く2M以上潜行深度がありそうですので

 今までとは違ったアプローチが出来そうです。。。



 発砲素材とそのサイズの小ささからすると

 製作するにも苦労していると思われるこのタイニークランクベイト

 

 来年のハイシーズンまで、近いこなしてみたいですね。。。。





 さて、今週末ですが比較的暖かかった日が続いた12月でしたが

 いよいよクリスマス寒気がやってくるそうですね。。。


 そんな中、自分の周りでは恐らく極寒となる精進湖へ

 出掛けられる方がいるそうな・・・・


 村野杯から2週間。。。

 あれから湖の状況はかなり変わったと思われますが、

 行かれる方は、風邪など引かれぬよう気を付けて頂きたいものです。。


 自分ですが・・・・


 スケジュールが空いたら、参加するかも(謎)







 
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ