*******BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております******* **********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*********
2016/4/8 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します昔は良くやっていた大型タイヤの組み替え、今ではほとんど無くなった!どうしてもの作業は手組大型のタイヤチェンジャーがあれば問題ないが、年々体力の無さを実感する体力劣化のバロメーターにもなっています



クリックすると元のサイズで表示します


「DUNLOP RETREAD SERVICE」とトレッド付近に、タイヤサイドには「BRIDGESTONE」の表記です、これは再生タイヤとして、大型トラック等ではい幅広く使われています、もともとB社の新品タイヤが摩耗、その使い切ったタイヤをD社のリトレッド工場で画像のようなタイヤに再生する。

なので、ダンロップとブリヂストンの表記が混在する。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/4/6 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

AIで?無人レース?ロボレース?・・・ここまで進化している!現在、フォーミュラーEを開催している、そのなかのサポートレースだそうです。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/4/5 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します以前紹介した沼田タイヤ特性アダプターです、黄色○部分がアルミホイールのアウターリムを挟んでいる画像、画像はリバースタイプなので裏組み付けですが、リムプロテクターの盛り上がったタイヤサイドですと、チャッキングには細心の注意が必要通常組み付けでも同じようなチャッキングになるのでアルミホイール側の金属削れもありません。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/1/22 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します面白い部品が届いた!軽トラが除雪車に変身する

こんなのは初めて、使っている所が観てみたいですね




タイヤ専門店「沼田タイヤ」
タグ: 軽トラ 寒波 除雪

2016/1/4 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します通常タイヤへの組み付け、その前にホイールをクリーニングする、白いホイールが、こんなに黒くなる!

表面を水洗いして、鉄粉除去を1回施すとこれくらい白くなる、右は拡大画像ですが、それでも白い塗装表面に刺さった鉄粉がさび付いています、これもホイールの勲章?硬派の証。




タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2015/12/10 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


素晴らしいバランスの精度、画像のホイールがOUT側25gだけ、もう1本がOUT側20g、IN側20g、前輪に至っては2本とも0バランスでした、こんな時は当たりな気分

大口径で、これだけのバランス精度も珍しい、ましてや、スタッドレスとなると!タイヤ、ホイール各々、製品精度の高さを感じます
タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2015/11/21 | 投稿者: 沼田/クラ

アストンマーティンのヴァルカンに初搭載、こりゃ便利だ


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2015/6/10 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


なんとも、イカした看板です、車道側からはこの看板は見えにくく、建物の道路より下にあります、この画像も車から降りて下向きにパチリ。

ホタルハウスの後ろは、伴小学校奥畑分校で1972年に閉校しています、近くに「おくはたホタルの里」があり、小さな公園ですが整備されています、仕事でも良く通る路ですが、このホタルハウス、ホタルの養殖施設だったとは、知らなかった。

西風新都近くにありますので、ご近所の方はウオーキングでも行ける距離ですよ、今週が見ごろでしょうか?

2014/6/21 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します6月25日(水)は、早朝オープンします、おそらくAM 5:00前にはシャッターを開けれそうです、出勤前の方、小さな画面での観戦しか出来ない方、狭い店内のテレビですがの一杯でもサービスしますよ、お気軽にお越し下さい。

私も寝坊しないように


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/5/2 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


ゴールドが現れた、ディスクの表面はザラザラのままで、鋳物の窯から出して表面処理をしてない状態、最近のホイールと比べると製造過程が想像できる、しかし、このオリジナルは当時を想い出すメッシュの憧れ、BBSが高嶺の花だった時代、ボルク、エンケイ、ワーク、ワタナベは若者の精一杯の背伸びだった。

4個のセンター・キャップ、相当な年月が経っているのに、キャップの爪部分がすべて残っている
、これは珍しい、と云っても、ぐらぐらして折れそうな部分があるので、アルミテープで応急処置をしておく。

つづく。

タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2013/12/12 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します画像手前のタイヤ、あれでも空気が入っている冬場だから問題はありませんが、夏場だったら保管していても、その場でてな事もあります!脹らんでいるタイヤは空気を抜いておきましょう。

16年前のスタッドレス、勿論、タイヤは新しくなった。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2013/11/10 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します

10年以上前のスタッドレス、グッドリッチのアルティカです、オールシズンのような特性でしたが、一部、大型4WD車用はホワイトレターだった、サイドの黒い部分の下は白です!

製造はMADE IN JAPAN、M社の群馬工場の製造だったようです。
タイヤ専門店「沼田タイヤ」




AutoPage最新お知らせ