※※2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。※※
2022/1/20 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します予想外でしたね!自宅前の車道は積雪、今回の雪は湿ったシャーベット状のようです、これ位の雪質、雪量だとオールシーズンは
左画像は後輪で通過したタイヤトレッドのパターン、黒いアスファルトじゃ確認できない。

クリックすると元のサイズで表示します団地内の車道はオールシーズンで問題無し、雪を求めて西風新都の上り坂へ向かうが、融雪剤散布か?雪はなし、雨天路の走行と同じようです。
ここでも、車道の窪みに流れる雪解け水、オールシーズンの排水性が有効だと思います

クリックすると元のサイズで表示します頂上から下りの車道に入ると、所々にシャーベッド状の積雪が続く、左画像、いつも残雪の多い「大曲り」の下りカーブ、ブレーキを踏むとABSが作動するが、普通に走れば問題無し、ブラインドカーブが続くので数十メートルだけは要注意!(カーブの先に車が止まっていたら大事

この後、放射冷却となれば、話は別世界です☃️ ❄️🧊🥶!

車の渋滞に巻き込まれたりすると、時間と共に路面状況は刻々と変化します。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2022/1/14 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します寒い🥶二日目、車道の雪は昨日より少し多いが、所々はシャーベット状、放射冷却によっては一時的には路面凍結もあるだろう?
西風新都の上り坂、建機レンタルの前、左画像のような路面で坂道発進するも、スムーズに始動。

大曲り経由で出勤するが、ABSの作動も、ほとんど無い!

理論的にはABSが作動する前に、タイヤが制動距離をコントロールしてくれているようです、この車輌はFF車の単純なABSですから、もっと高性能なAWDシステムだと、安心感も増す事でしょう。

夜明け前の、放射冷却は要注意です!

3シーズン目のオールシーズンタイヤでした。




タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2021/12/27 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します雪上での車輌移動、エンジンを始動、その場で小さな切り返しを繰り返し、雪の状態を確かめる、一度、車から降りて、タイヤの轍を確かめるのも、装着タイヤと雪上路面を把握するのに有効です。


クリックすると元のサイズで表示します店舗裏側にある、大原台団地の下り坂、グルリと一周するが、3シーズン目のD社AS1でも問題なし、ブレーキを掛けるが、ABSが作動しハンドルが小さく揺れるが、しっかり止まる。


早朝、車輌の少ない時の移動をお勧めします。

クリックすると元のサイズで表示しますAM7:20、このブログを更新中に、店舗前の車道は渋滞となりました。

要注意です!


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2021/12/26 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します安佐南区の団地内、今朝のAM6:00前の車道です、アスファルトの上には、積もり始めた雪❄️
オールシーズンタイヤ、D社AS1のタイヤパターンはくっきりと残る。

クリックすると元のサイズで表示します西風新都のマック、広島銀行の交差点で止まるも、車道は濡れた路面、凍結防止剤でも散布しているかも?
ノーマルタイヤでも走行可能なレベルです・・・が!ノーマルタイヤはNGでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します12月18日の積雪と同等くらいなので?今回は西風新都の裏道、大曲り経由での下り坂です。
車道上には、うっすらと積雪、ハンドルの安定感もあり、ブレーキを掛けても問題のないレベル(ノーマルタイヤはNGです)

少ない積雪、凍結も無し、こんな時にオールシーズンの良さを感じます。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2021/12/18 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します安佐南区、団地内の車道に積雪は無く、ノーマルタイヤでも問題ないレベル。
3シーズン目のAS1、西風新都に上がっても積雪なし少し遠廻りで桜ヶ峠へ向かった。

車道には薄っすらと積雪、急勾配の歩道へ車を止め、坂道発進!おそらく、ノーマルタイヤじゃスムーズな移動は難しいかも?

クリックすると元のサイズで表示しますAS1では上り、下りの坂道も、問題なし。

幾分、湿った積雪も走りやすい要因かも?現在AM5:30、これからの放射冷却があれば要注意かもしれません。

峠を下りて、くすの木台を抜け久地方面んへ、昔からの注意場所ですが、バスの車庫、水タンク周辺は変わらず残雪多い。

今シーズン、D社のオールシーズンCMが良く流れています、今まで使っていたスタッドレスからオールシーズンへ、確かに、雪上効果やアイス性能は劣りますが、積雪時の運転意識が変化すると思います?

より慎重な運転となり、心のブレーキがリアルブレーキにも影響し、路面からの情報をタイヤが伝えてくれることを再認識させられます、センサーに頼らない安全運転へ。



タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2021/10/22 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

オールシーズンタイヤの冬支度、2019年に取り付けた、D社AS-01、タイヤテスト,19の続きで、3シーズン目に突入です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左画像が今年の3月まで前輪使用のタイヤ、右は後輪使用。
必ず、前後のローテーションと空気圧の点検、進行方向があるので左右の交換はNGです。

クリックすると元のサイズで表示します今回も、取付直後の違いは走行音ですね?ノーマルタイヤとの違いは低速域から感じます、しかし、速度を上げても、それほど大きくなる事もなく、冬場は、この走行音が慣れてくるんでしょうね。
溝深さとサイプのお陰なのか?3年目でも乗り心地は


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2021/3/23 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します2019年に取り付けた、D社オールシーズンMAXX AS1です、1年目は雪不足のため、沼田タイヤ周辺の雪上効果の検証は空振りに終わりましたが、2年目の、今シーズンは雪上走行も、ある程度の検証は可能でした

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左が後輪、右が前輪に装着してあったタイヤ、前後のローテーションをしています。
夏場に装着していませんので、冬場の低温路面、雨天路、雪路の性能評価となります。

総評

ある程度、雪路運転に慣れた方なら、沼田タイヤ周辺の雪路は問題なく走行可能でしょう、上り坂、下り坂の凍結路はNG!これは、スタッドレスでも要注意です。

デメリットは、若干の走行音の高さ、ノーマルタイヤに比べて燃費の悪さでしょうか?

メリットに付いては、オールシーズンを年中装着で使用すれば、マイカー経費の削減、スタッドレス購入無し、年に、2回の取り付け無し、などなど!

最近の暖冬傾向や、カーライフの変化など、スタッドレスの必要性を感じない時があれば、一度、試しみるのも

タイヤ選びに迷ったら沼田タイヤへ






タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2021/2/18 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します車道から沼田タイヤへのタイヤ轍です、この状況では何も感じなかったが・・・
4本の轍は、明らかに違いが見られます、これが、不安定の原因かもしれません?

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左にハンドルを切っていますので右前輪(左画像)の負荷が大きくなり、左後輪(右画像)の負荷が最小になると思います。




タイヤ専門店「沼田タイヤ」




AutoPage最新お知らせ