**BBS RP-K01においては受注生産になっており、事前のご予約をお願いしております、ホイールカラーを指定の上、ご連絡お待ちしております*** ********2019年10月より、タイヤ交換時、タイヤ、ホイールを持ち帰り用でのビニール袋を廃止する事となり、ご協力お願い致します。*****
2016/11/1 | 投稿者: 沼田タイヤ/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


上の画像、左がM社のXアイス XI-3、右はB社のブリザックVRXでサイズは155/65R14です。

左帯のタイヤテスト,13 ではXI-3とVRXの違いを、限られた条件でしたが試しています。

どちらも、一長一短はありますが比較対象としてはトップレベルでしょう?

クリックすると元のサイズで表示しますトレッド幅の黄色線は1.5cmほどVRXが幅広、XI-3の黄色○部分を加えれば同じくらいでしょう?この部分は2〜3cmの積雪だとハンドルを切った時、タイヤは撓み、外側ブロックのサイプが開き、駆動に関しては有利なようです。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左はVRXの初期摩耗、発砲ゴムの表面が表れ、最も効きが良い時、右はVRXの末期磨耗、それでも発砲ゴムは残っています、このコンパウンドがアイスバーンでのブレーキ性能を上げている。

タイヤのOUT側がM社XI-3でIN側がB社VRX・・・?そんなタイヤを


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/10/8 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示しますこの4本タイヤテスト,13でのスタッドレスです、進行方向のあるM社XアイスXI3、→方向へ並べて残溝の多い方を前輪へ印も付けておく、タイヤ溝への石噛みも除去、勿論、空気圧も点検、こうしておけば、暗がりでの急な取り付けでも安心これだけで準備完了です。

空気点検の時、1本だけ低空気圧だと要注意!!パンクの疑いあり

クリックすると元のサイズで表示します


4年目のスタッドレス、これ位のヒビ割れで、極端な性能低下は無いと思います。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2016/1/20 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します昨夜のPM7:30頃?少し時間があったので桜ヶ垰へ、この近隣での車移動は最大の難所です、地元の方でも今朝の道路状況だと避けて通るが賢明、昨夜はアイスバーンになる前で、走ればタイヤの轍が表れる程度でした、坂道発進の画像ですが、傾斜の勾配によってはトロトロと発進できる箇所とその場でスリップして立往生雪質や地形によって違うようです、上り坂は途中で止まらない!下り坂、ブレーキを踏むときはポンピング(ブレーキは踏まない方がいい)


車輛はタント(前輪駆動車)スタッドレスは2013装着の155/65R14(M社XI3)です。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/11/25 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します「実際、今回のテスト、スタッドレスの必要性を感じたのは2〜3日、それも雪の上を走行したのは6500km走行して20km位でしょうか?こんな方も多いと思います。」

これは昨年テストで使用した155/65R14 XI3、後輪で6500km走行したタイヤです、今シーズンは前輪にて使用、ゴムのしなやかさはそれほど変わらず、黄色い○のブロック部分、サイプの数も違います、それぞれ役割も違うようです、指を押し当てて力を加えてやると良く判ります、中央部分のブロックから外側のブロックにつれてブロック全体の剛性感が違います、中央部分は良く開きますが、外側ブロックはガッチリしています。


ODOメーター約82000kmにて装着、昨年と同じタント(2WD)


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/5/26 | 投稿者: 沼田/クラ

沼田タイヤの独断と偏見の?タイヤテスト,13はこれにて終了、安佐南区、それも沼田タイヤ近辺の平均的な走行状況の再現を目指しました、メーカーさんの新製品テストも大切でしょうが、販売店目線でのテスト、何かのお役にたてるでしょうか?

地域密着のタイヤ専門店として、周辺地域の方々がタイヤの使い方に関心を持って戴ければ幸いです、こんなテスト、沖縄では出来ないし、北海道の豪雪地域でもお役にたてない?かもしれません、いいんです!

スタッドレスの購入も、家計を預かる主婦の方から見れば高額な負担この地域も、年々降雪量は減少しスタッドレスの必要性も減少しています、公共交通機関が使用できる地域ならば問題はありません、この地域、東京から見れば田舎でしょうが、中国地方全体で考えれば田舎と都会が同居する広島です、中心部の中区、西区、南区で平坦地でのスタッドレスは必要ないでしょう、傾斜地でも降雪後、ていれば雪はすぐに解ける。

その広島市の旧市内からトンネル一つ通過すると安佐南区、その又、一つ山を越えれば急激に降雪量が増えますそんな地域で、日当たりによっての降雪具合も当然変る・・・難しい地域です。

実際、今回のテスト、スタッドレスの必要性を感じたのは2〜3日、それも雪の上を走行したのは6500km走行して20km位でしょうか?こんな方も多いと思います。

今回のテストが、スタッドレス購入の参考になればと思います、タイヤの事で悩んだら、沼田タイヤへ

ブリヂストン、ミシュラン、ヨコハマ、ダンロップ等 スタッドレスタイヤのご予約は通年で承っております。
タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/5/26 | 投稿者: 沼田/クラ

      車輛進行方向、取付後、約6500Km走行

クリックすると元のサイズで表示します昨年の10月後半に取り付けたM社のXI3(155/65R14)、車輛はタントのFF車、少しローダウン(スプリングのみ)、装着位置は左前輪です。




クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左画像はB社のVRX、軽車輛(FF車)の左後輪、トレッド表面のゴム質はザラザラです、アイスバーンでは効きそうです!

右画像はM社のXI3、良く観ると、新品時の時に施されている表面加工は薄っすらと確認出来ます、左画像のVRXとは対照的なスタッドレスです。




タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/5/2 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


スタッドレスあれから、黄色い↑が進行方向です、画像はタントのFF車後輪、左にM社のXI3、右にB社のVRXを取り付けて約4780kmの走行、只今、デジカメが修理中の為、トレッドのゴム表面が鮮明に撮れません!

クリックすると元のサイズで表示しますこの時期で左右のタイヤを交換します、VRXは左右非対称パターンで進行方向は無い、方やXI3は進行方向があるので組み替えて右に取付致します。

もう少し走行してみます。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/3/29 | 投稿者: 沼田/クラ

 車輛進行方向、取付後、約4000Km走行

クリックすると元のサイズで表示します前回の2/3、2950km走行時から約1000km近く走行している、ほとんど乾燥路、2/3との違いを、強いて挙げるなら、ブロック毎にほどこしてあるサイプが若干開いたままになっている、そのサイプや独立したブロックの角が丸くなって、なだらかになっている、その箇所だけザラザラ感がある、平らで路面に設置している箇所はツルツルなゴム表面。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左後輪のXI3と右後輪のVRX、これくらいになると両者の違いが良く判る、M社のXI3はゴム質は硬めだが、サイプやブロック等、路面に接するトレッド面が良く動いている?開いている?感じのようです、方やB社のVRX、トレッド表面はガサガサになっており、いかにもアイスバーンで効きそうです、後輪でこの摩耗なので、前輪だと、もっと摩耗は進んでいたでしょう。


もう少しこのまま乗ってみることに、どうなるか?


タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/2/8 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


湿雪で約10cm、新雪の上を走行した轍(わだち)画像、荷重の掛かっていない状態で前記事と条件は同じ、進行方向パターンで、轍(わだち)の跡は良く見えるが?(155/65R14 FF車 後輪)



タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/2/8 | 投稿者: 沼田/クラ

クリックすると元のサイズで表示します


湿雪で約10cm、新雪の上を走行した轍(わだち)画像、荷重の掛かっていない状態ですが、非対称パターンで、OUTとINで役割の違いなのか?(155/65R14 FF車 後輪)
タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/2/3 | 投稿者: 沼田/クラ

           車輛進行方向、取付後2950Km走行

クリックすると元のサイズで表示します前回の1/6、2150km走行時と、さほど変化はない、未だに降雪も少なく、車道上をスタッドレスでの雪路走行もほとんどない、かと言ってスタッドレスを未装着だと近辺の移動は限定的になる、いまさらながらに、非常に難しい地域だと思う。


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します左後輪のXI3と右後輪のVRX、両者とも表面加工が無くなり、ゴム質の表面が目視で確認出来るようになった、XI3のゴム表面はツルツル、VRXはガサガサ、開発メーカーのスタッドレスに対してのコンセプト、違いは良く判る。


今までのお客様からのご感想(XI3装着とVRX装着)

積雪の多い山間部、凍結、積雪も多く安佐南区とはまったく違う道路状況、XI3では幾分物足りないとの指摘(軽車輛の4WD)

安佐南区で沼田タイヤ近辺、VRXでの積雪、凍結路走行は1〜2回、問題は無かったがほとんどが乾燥路!(ワゴン車17インチ4WD)

装着初期段階でのご意見でした。






タイヤ専門店「沼田タイヤ」

2014/1/6 | 投稿者: 沼田/クラ

           車輛進行方向、取付後2150Km走行

クリックすると元のサイズで表示します年末年始、安佐南区では降雪も無く、路面凍結も少なかった、沼田タイヤ近辺であれば、おそらくノーマルタイヤでも走行は出来ただろう、今まで、多く見積もってもトータルで10Kmくらいは雪上を走っただろうか?全走行距離からみても1%未満です。



クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します画像は後輪の左右、XI3とVRXのトレッド表面です、違いが良く判る様になってきた、安佐南区の実生活に近いスタッドレスの使用状況、安心の取付も大切だが、対費用効果も重要になる。


タイヤ専門店「沼田タイヤ」




AutoPage最新お知らせ